ツイッターの有名人または人気のポスト(ツイート)に現れるインプレッション稼ぎのリプライゾンビなんて言われ方もしていますね。

正直言ってしまいますが、煩わしいにも程がありますよね。ツイッター(X)の収益化によって溢れかえっています(収益化停止になればいいのに)

↑こういうやつ

ミュートや通報してもいくらでも湧き出るんですよね、本当に困ったものです。

ただこういったリプを一括非表示出来るVeriBlockというchromeの拡張機能があったりします。これが本当に便利なんですよね!

という事で使い方や注意点などについて紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

VeriBlockの使い方

VeriBlockとは認証済みのアカウントのタイムラインやリプライを非表示に出来るchromeの拡張機能

機能としては

・一部公的機関を除いた、タイムライン含めたすべての認証アカウントが非表示になる緊急災害時モード

・リプライの認証アカウントを除外するリプライクリーナー

があります。

非表示にしたくない認証済みユーザーはホワイトリストにユーザーIDを入力することで回避する事が可能。

使い方はとてもシンプルでいちいちユーザーをブロックや非表示にしなくても消えてくれるので便利!

煩わしいリプライが表示されないのはとても快適ですよ(いや、以前の状態のように使えるといえばそれまでなんですが(^_^;))

使い方としては

①VeriBlockをダウンロードする

②拡張機能を有効にして上記のマークをタップする事で機能変更。必要に応じて非表示にしたくないアカウントのIDをホワイトリストに入れる。

といった感じで使い方はとてもシンプルで感覚的に使えます。それでいでインプ稼ぎのリプライを一掃できるんで本当に便利な拡張機能を作ってくれたものです。感謝。


スポンサードリンク

VeriBlock利用の際の注意点

といった感じに邪魔なインプ稼ぎリプライをまとめて表示しなくなる拡張機能ではあるのですが、

一部不都合だったりすり抜けする点があるので確認していきましょう。

認証済みアカウントのポストの引用が表示されなくなる

リプライクリーナー使用中に認証済みアカウントのポストの引用ポストを見ようと思っても表示されません。(認証済みではないユーザーの引用は見る事が出来る)

このように表示がされなくなってしまうんですよね。引用済みのポストをよく見る方にとっては不便に感じるかもしれません。

リプライクリーナーはリプの認証済みアカウントだけを非表示にする機能なのでもしかしたらバグなのかもしれません。今後の更新に期待したい所ですね。

公式アプリには導入出来ない

VeriBlockはchromeの拡張機能なのでchromeからツイッター(X)を見る分には機能しますが、公式アプリからは使用する事が出来ません。

普段から公式アプリを利用している方にとって使えないのは残念ですよね。いやそもそも収益化をやめれば解決する話ではあるんですが。

スマホから使用するにはクロームから閲覧するようにしましょ!

認証マークを非表示にしているアカウントはすり抜ける。

これはどういう事かというと認証マークって実は設定で非表示にする事が可能なんですよね。

この設定を行っているアカウントのリプライは、Veriblockでは非表示にできません。

とはいえインプ稼ぎリプはほとんどマークを表示にしているのでほとんど表示しないようには出来ますね。

VeriBlockの評判は良いが不便に感じる人も

とい事でVeriBlockについて紹介してきましたが、インプレッション稼ぎをうざいと感じる方も多く評判が良いですね。

インプ稼ぎリプめちゃくちゃいますからね。そりゃ評判が良いのも納得ものです。

ただ、条件によっては引用ポストが見れない事もあり現状少し不便に感じる方もいますね。

そこが改善したら常に使用していたい拡張機能ですね。現状でもありがたいですが、今後のアプデに期待です。

最後に


スポンサードリンク

VeriBlockの使い方について紹介してきました。

買収前の状態に戻してほしいとまでは言いませんが、現状リプライゾンビが蔓延して使いづらいと感じる方は多いんじゃないですかね?

VeriBlockは良い拡張機能ではありますが、あくまでクロームの拡張機能なので公式アプリでも何かしら見やすくなるよう改善してほしいものです。

スポンサードリンク