150万の壁とは何?いつから始まる?わかりやすく紹介していきます。

「150万円の壁」とはどういったもの?

疑問

最近よく話題になっている配偶者控除の見直し。

少し前に社会保険上の扶養控除の見直しがありいわゆる「106万の壁」というのが新たに話題になりましたが、今回は税法上の見直しが検討されているそうですね。

現在ではあくまで案があっただけの話ですが、早くも150万の壁と言われている配偶者控除の見直し。実はしっかり確認しておかないと総支給より大きく引かれていた…!

なんて事になりかねません。知らない人からすれば非常に分かりづらいんですよね。

という事で150万の壁とはどういったものか。またいつから導入されるのか確認していきましょう。

スポンサードリンク

150万の壁とは何?

疑問

ではまず税法上の扶養である150万の壁とはどういったものかについて確認していきましょう。

150万の壁を話すには現行の103万の壁と106万の壁をセットに説明する必要があります。

まず現行である「103万の壁」についてですが、

年収を103万円に抑える事で夫の年収から「配偶者控除」が適用され夫の年収から配偶者控除38万円を差し引いて税金が計算されます。

要は夫の節税対策になるんです。

とはいうものの103万円を越えた場合配偶者特別控除が適用されるので、企業による配偶者手当がなければさほど損はしないんですけどね。

ただ今回の話とは別の話なので配偶者特別控除は割愛させていただきます。

で、今回の「150万の壁」と言われているものなのですが、

現行の壁とされている103万円から150万円に引き上げる事で税法上の扶養控除を受けやすくなるようにするという案です。

なぜ税法上のを強調したのかについては後で説明します。そしてこれを理解した上で収入を増やさないと後悔する方もいるかもしれないので強調しました。

まぁ簡単に言えば今回の見直しによって上限を引き上げる事で控除を受けやすくしよう!

というのが政府の目論見です。

今回の見直しは税法上の扶養

チェック

ここで抑えておきたいのは今回の見直しは税法上の扶養であって社会保険上の扶養は別物です。

何が良いたいかというと150万円から働く事で社会保険上の扶養から外れて健康保険に加入する必要が出てきます。

(なぜこの部分を第一に報道しないのか…まぁ後々報道されるようになるとは思うのですが)

年齢、収入、都道府県によって保険料が変わってきますのであくまで参考値として考えて欲しいのですが、

もし年収が150万円だとすると健康保険料と厚生年金保険料で約18,000~19,000円が手取りから引かれる事になります。

※詳しい計算額を知りたい方は「社会保険料 計算」などで検索して自動計算ツールにあてはめてみましょう。

つまり年間にして約22万円が手取りから引かれる事になるわけです。

ちなみに最近話題になった「106万の壁」は社会保険上の壁。

条件が揃うと年収106万円程度から社会保険に加入する必要があるというものです。

関連記事106万の壁はいつから?交通費も含まれる?

なので今回の150万の壁とは別物。そもそも150万まで収入を増やしてしまえば130万を越える事になり106万の壁に関係なく社会保険に加入する必要が出てくるでしょう。

もし今まで103万以内に抑えていた方としては150万円まで収入を増やしたらその分社会保険によって手取りから引かれてしまう事をしっかり頭に入れておきましょう。

簡単にまとめると
  • 配偶者控除の見直しで所得税の負担を軽くするよー。
  • でも130万は越えているから社会保険加入していない方は加入してねー。
  • 結果手取りがら社会保険分手取りから減る事になる。

というわけです。まぁ最初に全部報道しないのは主婦層の方からの猛反発を避けたのかもしれませんね(汗


スポンサードリンク

社会保険に加入することのメリットもあるが…

疑問

と、ここまでネガティブ意見の説明をさせていただきましたが個人で加入する事のメリットも当然あります。

  • 国民年金に加えて厚生年金が上乗せされるので年金額が増えたり
  • 出産手当金の支給が出たり
  • 傷病手当金の支給が出るなど

加入する事のメリットはちゃんとあるんですよ。ただ103万以内に抑えている方はアルバイトまたはパートの方が多いですよね。

50万円を増やす事はどれだけ負担になるかは想像に難くないでしょう。主婦の方は相当負担が増すのではないでしょうか?

お子さんがいる場合は会社で働くだけでなく子育てもあります。

忙しい

そうやって頑張って収入を増やした結果手取りから引かれてしまうのはけっこうショックを受けるのではないかと思います。

配偶者手当も廃止に?

なぜ 

そして気になるのは今回の改正によって経済連が企業が従業員に支払う配偶者手当の廃止や縮小を会員企業に要請する方向で検討に入るとの話しがあります。

扶養手当や家族手当とも呼ばれている配偶者手当は「103万円」を制限として支給されていた企業が多いように思えます。それがなくなる可能性があるわけです。

これは前々から言われていた話ではあったのですが、配偶者手当が廃止になればそれだけ手取りが減る事になります。

つまり今回法改正が行われれば配偶者手当も廃止になる可能性が出てくるというわけです。

これはあくまで可能性なのでこの話は鵜呑みにしないてください。ただもし実際に行われるとすれば生活が辛くなる一方ですね…

150万の壁はいつから行われる?

といった感じで150万の壁というものが出来た場合どうなるか説明してきましたが、あくまで今回話題になっただけで現在は案が出ただけで検討段階です。なので今まで話をしていたものは全て行われない可能性があると思ってください。

とはいうものの可能性は高いとは考えています。

つまりまだ正式に決まったわけではありませんが、もし行われるのであれば2017年以降となります。

また正式な情報が入り次第更新していこうと思います。

まとめ

150万の壁とは何なのか。またいつから始まるのか私なりにわかりやすく紹介してきました。

配偶者控除の見直しの見直しで所得税の負担を軽くする事で喜んでいる方は今一度よく考えておいてください。

スポンサードリンク

改めて言いますが、今回の話は税法上の扶養であり、社会保険上の扶養とは別ものです。つまり103万円以内に抑えていた方は150万まで増やす事で社会保険に加入する必要がある事を覚えておいてください。その上で収入を増やすかどうかについて今一度検討してみましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ