新幹線の切符の買い方。当日券や安く入手する方法をチェック!

新幹線の切符の買い方をチェック!

新幹線 切符 買い方

新幹線はビジネスや国内旅行はたまた帰省ラッシュなど
利用する機会はたくさんありますよね。

ただ出来る事なら安く購入したいという方も多いはず。
という事で新幹線の切符の当日券の買い方や安く入手する方法についてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

新幹線の切符の買い方について

新幹線を購入する方法は主に
  • みどりの窓口
  • 券売機
  • 金券ショップ
  • 旅行会社
  • ネット予約

の5つの方法があります。

そのうち当日新幹線乗り場に行き購入する手段としては
みどりの窓口と券売機になります。

みどりの窓口

駅によって窓口の雰囲気は多少違いますが画像のような場所がみどりの窓口です。

みどりの窓口

実際購入する際は窓口に並んで受付の方に場所と時間を伝えましょう。
混雑時などは予定の時間に乗れない事もあるので余裕をもって行動するように心がけましょう。

みどりの窓口も駅によって営業時間が違ったりしているので
早朝に乗られる方や遅い時間に乗られる方はあらかじめチェックしておいた方がいいかもしれませんね。

券売機

JR新幹線 券売機 予約

また当日購入するもうひとつの方法としては券売機があります。最近ではこちらを利用する事が多いですね。
クレジットカードも利用できます。

地下鉄の切符のように画面を操作していくのですが、当日であれば当日のアイコンを押して

「行き先、人数、指定席か自由席か、どの席を座るか」
など画面を見ながら操作していきましょう。

券売機の操作方法については別記事で書いているのでそちらもお時間があればそちらも確認してみてください。

関連記事JR新幹線の券売機での買い方について

当日での購入方法については上記2つです。


スポンサードリンク

新幹線の切符を安く購入する方法について

当日に購入する事は出来ませんが(例外的に金券ショップは出来る事もある)
新幹線の切符を安く購入する方法は以下の手段。

金券ショップ

新幹線の切符の購入手段として多いのが金券ショップ。

少しでも安く購入する方が利用する事は多いですが、割引率はそこまでは高くありません。

■メリット

・手軽に購入する事が出来る。
・少し安く購入する事が出来る。

■デメリット

・クレジットカードが利用出来ないショップも
・わざわざお店を探す必要がある
・駅によっては切符が売り切れている事も

といった感じですね。ただ手軽に少しでも安く購入する事が出来る事もあり
利用される方が多いです。

旅行会社

旅行会社では宿とセットでお得になったり日帰りで安くなるプランをやっている会社があります。

例をあげるとすれば


こちらは乗る時間は日帰り+乗る時間が指定されますが通常より往復3000~8000円割引
乗車駅によってはかなりお買い得に切符を購入する事が出来ます。

また利用権もついてくるのでお土産や指定された料理屋などで食事が満喫出来ます。
私も利用する事がありますが、日帰りプランは個人的に割とオススメです。

といった感じで1例をあげましたが、新幹線に関連するツアーを提供する旅行会社であれば
このように割引プランで新幹線の切符を購入する事が可能です。

お近くの旅行会社で一度確認してみてはいかがでしょうか?

ネット予約

ネット予約

一番最後の購入方法としてはネット予約。

ネットであらかじめ予約すれば通常より安く購入する事が可能です。
特に2週間以上前から予約するとかなり安く買う事が出来て

例として
・JR東日本のエリアであるえきねっとでの予約や
・JR西日本・JR四国・JR九州のエリアのおでかけねっとの予約
・JR東海が運営しているエクスプレス予約

で早期購入すると場合によっては2~3割引きほど安く購入する事が可能です。

ただしデメリットとしては

・会員登録する必要がある
・慣れるまで手間がかかる
・予約したチケットをみどりの窓口または券売機で取りに行く必要がある
・有料会員の場会もある

といったデメリットがあります。簡単にいえばめんどくさいといった感じですw

ただしやはり割引率が高いのが魅力。よく利用する方はぜひネット予約で安く入手して欲しいと感じています。

関連記事新幹線の切符のネット予約について


また日本旅行による新幹線宿泊パックというのもあります。

ホテルとセットすれば通常よりかなり安く購入する事が出来ます。
ネット予約の中でも簡単にチケットが入手出来て割引率も高いのでホテルも利用予定の方は新幹線宿泊パックがオススメです。

まとめ

新幹線の切符の買い方。当日券や安く入手する方法について紹介してきました。

新幹線の購入方法は金券ショップまでは知っている方はいるかたも多いと思うのですが
実は色々な方法があるんです。

個人的にはあらかじめ予約やツアーなどで安く購入する方法をおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ