インフルエンザの予防接種はいつからが良い?タイミングは?

インフルエンザの予防時期について紹介。

インフルエンザ 予防 2016

外が寒くなるについれてインフルエンザが次第に蔓延していく時期になりますね。

毎年インフルエンザにかかる方が多く、2016年も多くの方が感染してしまうだろうと予想しています。

そうならない為にも予防接種はいつから打てばいいのか。タイミングなどについて紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防時期。2016年も早めに対策しましょう。

今までのインフルエンザの流行時期を見てみると早い所では11月入ってすぐとの報告もありますが、

例年12月から感染する方が出はじめ1月~3月初旬がピークになります。

また3月末になっても感染する方が多いので3月末までは特に注意する必要があると思って良いでしょう。

毎年ピークの1月になってから対策をし始めている方もいるのですが、以下で紹介する予防接種ではそれでは遅い場合があります。
対策をするのであれば年を越す前から対策をした方が良いでしょう。

インフルエンザの予防接種。いつから打つ方が良い?

インフルエンザの予防接種は例年10月頃から行われます。早い方は10月に入ってすぐ打たれる方もいますね。

インフルエンザの予防接種はおおよそ2週間ぐらいから効果を発揮します。2016年のインフルエンザの予防時期を考えるのであれば
2016年10月末~11月末ぐらいまでには接種した方が良いでしょう。

毎年予防注射打たれている方の中にはそんなに早く接種するの!?と思われる方もいるかもしれませんが、
個人差はありますが効果は5ヶ月程持続します。なので早すぎるという心配はないんですね。

むしろ流行してから接種しては効果とのタイムラグが発生するので効果が発揮する前にインフルエンザにかかってしまった…という事もあるのです。

よくある話で高校や大学の受験生が試験当日にかからないように予防接種を1週間前に行ったという事があるのですが、
それでは試験までには効果を発揮しないんです。なので早めに打っておいた方が懸命でしょう。

あと12月に入ってからだと非常に混雑し始めるのでおもった日に予約が取れない…という事もあるんですよね。

これは病院によって違いますが、なるべく11月末。遅くても12月頭までの接種をお勧めします。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の相場について

お金

予防接種の相場についてですが主に

  • 子供(13歳未満)  6000円~7000円程度(2回接種の必要があるため)
  • 大人        3500円程度
  • 高齢者       無料~2000円程度(自治体の助成制度の内容によって金額の変動あり)

となっています。子供は2回接種が原則ゆえに少し値段がするのですが、2回目は1回目に比べて安い事が多いですね。

またインフルエンザの予防接種は任意接種。なので相場に比べて安い事もあれば高い事もあります。

ちなみに先に説明しておきますが、ワクチンの中身そのものはどれも変わりません。なので値段が安いからといって効き目が違うという事はありません。

違う理由については別の記事で詳しくまとめていますが、要は病院によって値段のつけ方が違うという事を覚えておきましょう。

関連記事インフルエンザの予防接種の値段について

もし明らかに相場より高い…と感じたのであれば別の医療機関を調べて予防接すを受けるというのもありかと思います。

インフルエンザの予防接種以外の対策は?

インフルエンザの予防接種を打ったからといって絶対にかからないという事ではないという事は既にご存知の方も多いでしょう。

・日ごろから出来るインフルエンザの対策としては

  • 人ごみの多い所はなるべく避ける。
  • 外出中はマスクを着用する。
  • 部屋内は適切な湿度を保つ(50~60%程度)
  • 手洗いをしっかりと行う

箇条書きで書いたので一部補足すると適切な湿度を保つ理由はインフルエンザは乾燥した場所を好みます。
かといって湿度を上げすぎると今度はカビやダニなどが繁殖しています。

という事で50%程度が適切な湿度といえます。

またインフルエンザの感染経路はせきやくしゃみ。なので人ごみの多い所は非推奨でマスクを着用する事で感染を防ぐ事が出来ます。

マスクは毎年この時期になると品薄になる事があり2016年も同様の事が言えます。

以前に比べて品薄になる事も減りましたが、それでもあらかじめ準備はしておいた方がいいでしょう。

うがいはインフルエンザの感染には効果は薄いが風邪予防の為にもしておいた方が良い

インフルエンザ感染予防には効果が十分に取れておらず厚生労働省もインフルエンザの対しての有効手段としては推奨しておりません。

ただし、風邪対策には有効ですのでやはりうがいと手洗いはセットにして行った方が良いでしょう。

手洗い、うがい、マスクは基本的な事ではありますがやはり基本をしっかり抑える事が感染しない為に大事になってきます。

周りで感染した方がいるのであればよりいっそう気をつけるようにしましょう。

まとめ

2016年のインフルエンザの予防時期や予防接種はいつから打てば良いかなど対策について紹介してきました。

毎年多くの方がインフルエンザに感染されます。長い間の高熱や悪寒、頭痛に悩まされるのは辛い所ですよね。

対策をしっかりと頭に入れつつ、予防接種や対策を早いうちから行っていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ