2021年のお盆の渋滞予測。渋滞を回避する手段も要チェック。

お盆 渋滞予測

お盆ともなると帰省や旅行をする為に車で移動する方も多いと思います。

ただ、渋滞についてしっかり調べておかないととんでもない渋滞に巻き込まれて、いらいらしてしまう事も。

また昨今は新型コロナウイルスの影響もあり実際に混雑するかどうかも確認しておきたい所です。

今回の記事では
2021年のお盆の渋滞予測や
渋滞を回避する手段について

紹介したいと思います

スポンサードリンク

2021年のお盆の渋滞予測について

渋滞予測の前に今年のお盆の日程について
確認しておきましょう。

お盆は一般的に8月13日~16日で企業もそれに合わせて休みをとる事が多いですね。

加えて土日が前後にある場合大型連休になる事もあります。

カレンダーを確認してみると今年は土日も13日~16日内にある為今年は4連休となる企業が多く帰省は13日が一番多くなるでしょう。

よって、2021年のお盆の渋滞予測として

・帰省ラッシュ

13日(金)7時~

・Uターンラッシュ

15日(日)17時~
16日(月)7時~

が予想されます。

この時間帯については出来る限り回避する事をおすすめします。またお盆が近くなりましたら渋滞情報なども掲載されると思いますので高速道路を利用する方はよくチェックしておきましょう。

新型コロナウイルスの影響について

ここで気になるのは新型コロナウイルスの影響です。

2021年も依然猛威をふるっておりお盆時期に感染状況がどうなっているかは未知数です。

2019年以前に比べれば間違いなく混雑は少ないと予想されますが渋滞しないとは限りません。

参考程度ではありますが2021年のGWの上りのピーク時において

・関越自動車道上り・高坂サービスエリア付近を先頭に22km

・東名高速道路上り・大和トンネル付近を先頭に15km

・中央自動車道上り・小仏トンネル付近を先頭に10.5km

特に渋滞する高速道路ではありますがピーク時に10~20キロほど起きています。

つまり以前ほどではないが渋滞しないわけではないという事です。

渋滞の情報に関してはNEXCOがリアルタイムで掲載されています。

当日利用する前にチェックしておく事をオススメします。


スポンサードリンク

お盆時の渋滞を回避する方法は?

お盆の渋滞に巻き込まれた方なら特に感じると思うのですが、
出来る限りお盆の状態を回避したいものです。

というわけで渋滞の回避方法について抑えておきましょう。

深夜の時間帯に移動する

正直、お盆期間中に確実に高速を抜けるなら深夜の時間帯に移動するのが確実です。

流石に深夜になると車通りも少なくなります。それでも場所によっては混雑するかもしれません。

ただ、他の時間帯に比べれば空いています。

渋滞に巻き込まれない方は深夜に高速を通るべきでしょう。

早朝は渋滞に巻き込まれる可能性大

出発する方は早朝から出発すれば問題ないだろうと思う方もいますが、

ピーク時は朝5時ぐらいから混みあいます
そしてそのまま7時とかになったら…目があてられませんね。

これも場所によって様々ですが、

  • 特に混雑する自動車道は早朝もおすすめ出来ない

とだけ伝えておきます。

渋滞

参照:NEXCO 西日本 ゴールデンウィーク期間の高速道路における渋滞予測について 【西日本版】

参考程度にGWの時間帯の混雑時間の予測を引っ張り出してきましたがお盆にも同じような事が言えます。

2019以前の混雑はしないもののやはり特に混雑する時間帯の高速道路の利用は避けた方が良いでしょう。

渋滞以外に抑えておきたいポイント

チェック

最後に直接渋滞とは関連はないのですが、お盆のドライブに抑えておきたいポイントについて紹介したいと思います。

小まめにお手洗いにいく

GW時のドライブに抑えておきたいポイントがトイレです。

渋滞にはまってしまうとSA・PAになかなか着かない可能性も出てくるんですよね。その間にお手洗いにいきたくなった…

って事になりかねないです。

出発前には必ずお手洗いをして、SA・PAに着いた際は小まめに行っておきましょう。

また出発する前にも行っておいた方が良いでしょう。渋滞に巻き込まれる事を前提に行動しておきましょう。

子供の遊ぶものを用意しておく

渋滞に巻き込まれてしまうと当然ながら車に乗っている時間が多くなるので子供がグズグズしはじめる可能性が高くなります。結果運転手のお父さんが疲れる…

なんて事になりかねません。

なのでお子さんの好きなDVDやYouTubeなどの動画が見れる環境。

しりとりやなぞなぞの本など皆で楽しめるものを用意しておくと良いですね。

また充電が切れないようカーチャージャーや車酔いにならないよう酔い止め薬なども用意しておくとよいでしょう。

特に混雑する道路を通る際はしっかりと準備をする事を抑えておきます。

最後に


スポンサードリンク

  • お盆の渋滞のピークは 帰省時が13日(金)7時~ Uターンが15日(日)17時~及び16日(月)7時~
  • 新型コロナウイルスの影響があっても混雑しないわけではない
  • 高速に乗る前にお手洗い、リラックス出来るもの、お子さんの遊ぶもの、お薬などを用意しておく

という事でお盆の渋滞予測の2021年についてや
混雑を回避する方法について紹介してきました。

運転者としては深夜の時間帯の運転はなかなか大変だと思いますが、長い時間ずっとのろのろ運転もつらい所ですよね。

上記を参照に出来る限り渋滞の時間を回避してお盆を有意義に過ごしましょう。

スポンサードリンク