マクドナルドのハッシュポテトは、朝食メニューとして多くの人に愛されています。お手頃価格でサクッと食べられるのが魅力ですよね♪

しかし、最近「マックのハッシュポテトが小さくなった」「なんか形が変わった」との声を聞いたりするんですよね。

本当にサイズが変わったのでしょうか?という事でうわさの真相を徹底的に調査してみました。

スポンサードリンク

マックのハッシュポテトが小さくなったという噂は本当?

まずは「マックのハッシュポテトが小さくなった」という噂について、どこから始まったのか、そして実際にサイズが変わったのかを確認してみましょう。

うわさの発端はどこから?

ハッシュポテトが小さくなったといううわさは、X(twitter)で「前よりも小さく感じる」といったコメントがちょくちょく見かけるんですよね

実際値段据え置きでサイズを小さくするって事はよくある話で最近は特に原材料の高騰で色んな食品が値上がりしたりサイズが小さくなっているんです。

その事もありハッシュポテト小さくなったのかも…なんて話が出たり。個人的に好きな商品なので気になって調べたって感じです。

過去のサイズと比較してみる

マックの過去のハッシュポテトのサイズの栄養情報について調べてみたのですが、

現在

・標準製品重量:57g/個
・エネルギー:157kcal
・脂質:10.2g
・炭水化物:14.8g

公式HPより:サイドメニュー ハッシュポテト

過去(2020年)

・標準製品重量:51g/個
・エネルギー:145kcal
・脂質:9.7g
・炭水化物:13.0g

ちなみにそれ以前もこの重量だったと記憶しています。

むしろサイズが大きくなった!?

という事で栄養情報だけを見るとわずかではありますが、重量が増えているんですよね。

他のサイト情報も見直してみたのですが、過去は51gだったので今までは51gで掲載されていたのでしょう。

あくまで予想ではあるのですが大きくなったというよりは掲載を見直しただけではないかと思います。

とはいえ公式の栄養的には特にサイズ変更はないと言えるでしょう。


スポンサードリンク

ハッシュポテトの形が違うのが原因?

基本的に商品は同一規格として作られているのですが、全ての店舗や製品が小さくなったわけではなく、バラツキが存在することも事実。

私も見た事があるのですが、しょっちゅう食べているとたまーにあれ、このハッシュポテト細くない?って思う事がまれにあるんですよね。

細い時は小さくなった?と思ったのですが、その次食べた時はいつも通りの大きさだったんですよね。

実際友人やSNSで調べてみても「小さくなった」という意見もあれば「以前と変わらない、気のせいレベルかな」と感じるユーザーも一定数存在します。

いずれにしても、意見は分かれており、一概に全てが小さくなったとは言い切れない部分もあります。つまり製品のバラツキの問題ではないかな…と予想しています。

値上げはしているのでコスパ若干ダウン

ただハッシュポテトは他の商品と同様値上げをしています。

2018年の時が120円だったのに対して現在は150円の30円の値上げ。以前に比べればコスパは落ちています。

とはいえ他の商品も値上げしているし、値上げ自体はマックに限った事ではないので仕方ない部分もあります。

いい加減値上げも落ち着いて欲しい所ですね(^_^;)

まとめ:一概に小さくなったとはいえない


スポンサードリンク

  • 今回の調査を通じて、「マックのハッシュポテトが小さくなった」といううわさは過去の栄養成分などをみても一定の根拠はなかった
  • ただし商品によってもまれにバラツキが存在することも
  • 値上げはしているのでコスパは少し悪くなっている

という事でマックのハッシュポテトが変わったかどうかについて調べてみました。

まぁもし小さくなっていたらもっとニュースになっているだろうしバラツキで合っているかなと思います。ただ小さく感じる事はあっても大きく感じる事を体験した事はないので一度ぐらいはいつもより大きいのを体験してみたいものです笑

スポンサードリンク