スマホが熱くなる原因と対策。正しい冷却方法をチェック!

スマホが熱くなる原因と対策。

スマホ

スマホを使っていると熱くなる事ありますよね。

最近ではアプリを使用する方も多く使い続けてかなり熱くなってしまう事もよく聞きます。

熱いまま使い続けるとスマホが故障する原因にもなります。

発熱させるとそれだけスマホの寿命を短くさせる事にもなりかねないんですよね。スマホが熱くなる原因と対策。また正しい冷却方法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

スマホが熱くなる原因について

スマホが熱くなる原因というのはいくつかあります。

一つずつ確認していきましょう。

充電しながらスマホを使う

最近スマホが熱くなる原因で特に多い要因の一つであるのが充電しながらスマホを利用する事。

アプリで遊びつつ充電をしている方も多いのではないでしょうか?

スマホを充電しているだけでも通常より熱くなります。通電しているので熱くなるのも納得ですね。

その状態でアプリなどを起動させるとバッテリーに負荷がかかります。なのでよりスマホが熱くなる原因となるんですね。

リチウムイオン電池の許容周囲温度は45度

スマホのバッテリーで使用されているのは現在リチウムイオン電池なのですが、45度が許容温度と言われています。

45度はスマホを触っていて熱いかな?と感じるぐらいです。それが続けば当然ながら故障の原因になりやすいので注意が必要です。

バッテリーが劣化している

長く使っているスマホで最近すぐに熱くなりやすいなぁと感じたらバッテリーが劣化している可能性があります。

バッテリーが劣化すれば当然充電の期間も短くなります。当然充電もしなければいけない期間も短くなるのでバッテリーの負荷がかかるんですよね。

なので長く同じ機種を使い続けたいけど最近スマホが熱くなる事が多いのであればバッテリー交換も頭に入れておいてよいでしょう。

長時間のスマホの使用

充電しながらスマホを使うのとセットになりやすいですが、長時間使い続けると当然ながら熱がこもります。

スマホはPCのような冷却装置が搭載されていません。つまり使い続ければ当然ながら熱がこもります。

なので長い時間使う際は充電の事も含めて注意が必要でしょう。

その他熱い場所での使用も当然ならスマホが熱くなりやすいでしょう。

上記に当てはまらない場合

といった感じで上記の事がスマホが熱くなる要因としてあげられる事がありますが、それでもあてはまらない事があります。

原因不明で特に何もしていないのに熱くなる場合は本体の故障の可能性があります。

その場合は一度メーカーに修理を出してみる事をオススメします。古い機種の場合は買い替えも視野に入れてよいでしょう。


スポンサードリンク

スマホの冷却方法について

チェック

では熱くなったスマホを冷却するにはどうすれば良いのか。

という事でスマホを冷却する方法について確認していきましょう。

充電をやめてスマホの使用を控える

手っ取り早いのが充電を一旦切り上げてスマホの使用を中止する事です。

スマホが熱くなりすぎている原因の大半が上記で紹介した通りながら充電または長時間の使用。

なので一旦充電を控えてスマホを触るのを控えましょう。熱くなりすぎている場合は電源を落とすのも視野です。

ケースなども外す

ケースをつけている方はケースも外しましょう。

手帳型のケースなどケースをつけている場合熱がこもりやすく熱を溜め込んでしまう事もあるからです。

冷めるまではスマホをケースから一旦外した方が放熱して良いでしょう。簡単に外せますしでケースから一旦スマホを外しましょう。

使用しているアプリを止める

意外と知らない方も多いのですが、スマホを閉じただけではアプリは待機中で動いたままなんですよね。

使っていないのに電池が減っているのはアプリが起動中である事が多いです。当然CPUに負荷がかかり発熱しやすくなります。

なので使用しているアプリを一旦中止して発熱をしないようにしましょう。

iphoneの場合

  • ホームボタンを素早く2回押す。
  • 終了したいアプリを上にスライド

Andoroidの場合

  • ホームボタンを押すと起動中のアプリ一覧が表示される
  • 最近使用したアプリウィンドウ(タスク)が開くので、終了したいアプリを左右どちらかにスワイプすればOK。

冷蔵庫や保冷剤、氷など急激な温度変化はNG

NG

たまに冷蔵庫や氷などで冷やしたよーって話を聞きますがNG。絶対やってはいけません。

というのも急激な温度変化で内部に結露が出来てしまうんですよね。どういった状況かというと

「水没したような状態」

となっています。当然故障しやすくなります。

空冷が基本

という事でスマホが熱くなった場合は空冷が基本です。早く冷やしたいな~って気持ちはわからなくもないですが故障させては何も意味がありません。

急激な温度変化は控えるようにしましょう。

スマホが熱くならない為の心がけ

チェック

最後にスマホが熱くならない為の心がけを記載しておきます。

といっても上記で紹介した事と類似する点がありますが、ここでは心がけとしてまとめて紹介していきます。

充電しながら使用しない

まずは充電しながら使用しないようにしましょう。

これはよく言われていますが、ついつい使ってしまう事が多いんですよね。長時間利用される方に多いケースです。

ながら充電は熱くなり故障の原因に繋がります。スマホが熱いとよく感じる方は特に控えるようにしましょう。

CPUクーラーアプリを取り入れる

CPUクーラーアプリを取り入れるのも一つの手段としてありです。

ゲーム系アプリはCPUに負荷がかかりやすく熱を帯びやすいです。なので意外と効果があったりします。

iPhoneで調べてみたのですが、節電アプリはあってもCPUクーラーアプリで評価の高いものはなし。

Andoroidの場合はCPU Cooler Master – 携帯電話クーラープロがオススメで

・無料で使える
・温度状況がわかる
・ワンタッチでクールダウン
・過熱防止機能

などがあるのでオススメです。

「CPUクーラーアプリ」で検索すれば他にも色々あるのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

温度の高い場所での使用は控える

暑い場所での使用はスマホの温度を上げてしまいます。

なので夏の外での使用などは出来る限り控えた方が良いでしょう。

最後に


スポンサードリンク

スマホが熱くなる原因や対策について紹介してきました。

熱くなる原因の大半はながら充電や長時間の使用です。なので出来る限りスマホにも休息する時間を入れてあげましょう。

もし原因不明で頻繁に熱くなるようであれば一度メーカーに修理に出してみたりするのも一つの選択肢として有効でしょう。

使いすぎにはご注意を!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ