アロンアルファが手に付いた時の落とし方、はがし方まとめ

アロンアルファが手に付いた時の落とし方、はがし方について

アロンアルファ

瞬間接着剤 アロンアルファは付けたい物が、瞬間にくっつく時はとても便利で大助かりなんですが、手についてしまった時の「しまった…!」感は半端ないですね。

皆さんの中にも、指と指がくっついて「とれなぁ~い(>_<)」と言った思いをされた方、いらっしゃるのではないでしょうか?

そのアロンアルファの上手な落とし方や剥がし方について調べてみました。

スポンサードリンク

アロンアルファが手についた時の対策について

悩み

実は、私事ですが「ネックレス」についている小さなジルコニアが取れたことがあって、結構気にいっていた事もあり、家の冷蔵庫の中に合ったアロンアルファを思い出して早速挑戦してみました。

小さいので、かなり苦労しましたが、それなりに上手く付ける事が出来て、喜んだのもつかの間で手の指の人差し指と親指にアロンアルファが付いてしまい合体してしまったのです。

とっさにティッシュペーパーで拭きとろうとしたのですが、当然と言えば当然で指にはティッシュも貼り付いてしまい情けない状態になってしまいました。

お湯に浸してもみ洗い

どうして良いのか分からず、取りあえずお湯を流しながら 少しづつ時間を掛け、指どおしをこすり合わせながら剥がす事になんとか成功しました。

ただ、瞬間接着剤はかなり強力なので、部分的に皮膚も一緒に剥がれかけたのかな…? と思わせるような赤みを帯びている部分もありました。

温度としては40度程度

温度

お湯の温度としてはおおよそ40度ぐらい。お風呂の湯沸かし器で温めるぐらいの温度と思っていただければ良いでしょうか。

この温度につけているとお湯の温度と汗をかいていき次第に取れてきます。ただお湯でもみ洗いをする時は無理やりに取ろうとしないで、気長くするのがコツですね。

無理に取ろうとすると指の皮がむけてえらい事になりますので慎重に取るようにしましょう。

除光液

除光液

何かで読んだ事があるのですが、何でも瞬間接着剤が手についてしまった時には、殆どの女子が持っているマニュキュア落としの「除光液」

除光液に含まれるアセトンという成分が接着剤を落としてくれるんですよね。ただ最近の除光液は「アセトン」が含まれないものもあるようなので除光液はあくまで選択肢の一つとして考えておきましょう。

*手荒れの具合
肌が弱かったり敏感肌の方の場合には、除光液が沁みて痛い場合もあるそうですから気をつけて下さい。

瞬間接着剤専用のはがし液

ご存じの方もいるかもしれませんが、実は「アロンアルフア はがし隊」というアロンアルファ専用のはがす液体というのがあるんです。

これがあれば手についたものだけでなく机や床についたものでもはがせるようになります。

とはいえ便利ではありますが、普段から持っているものでもありませんよね。もしアロンアルファをよく使うのであれば一つぐらい購入しておいても良いかもしれません。

という事で手についた場合は一番手軽なのはお湯で揉みながら落とす。その他除光液や専用のはがし液もあるという事を覚えておきましょう。

アロンアルファが服についた時の対処法

手ではなく、服についてしまった時…、ましてお気に入りの洋服だった場合には最悪でテンションがた落ちすね。もし服についた場合の選択肢についてですが

クリーニング店に出す

クリーニング店

服を傷めなたくないのであればこれが一番です。アロンアルファがついた度合いにもよりますが、

「衣料についてしまった場合染み込んでしまい簡単に取れず無理に取ろうとすると服がボロボロに…」

なんて事もありえるのです。実際にクリーニングに出した際にお話しした所完全に元の状態に戻すのは難しいとか 汗

なのでクリーニング店に説明して出来る限り元の状態に戻せるかどうか頼んでみましょう。

アセトンが良い

クリーニングが個人的にベストと思いますが、先程説明したように除光液の中にも「アセトン」は含まれているのですが、洋服の場合には「アセトン」の原液を直に使用するという方法もあります。

一般的にホームセンターで売られていると思います。

使い方

部屋の換気を良くして、少し多めにガーゼ、マスク、ポリエチレン製の手袋を準備します。

取りたい部分の下に、ガーゼ(下になる部分にはタオルでも可)を何枚か重ねて置き、手持ちのガーゼにアセトンを染み込ませてはトントンと丁寧に叩き込み染み込ませる感じですね。

手持ちのガーゼにアセトンを染み込ませて、下のガーゼにアロンアルファを染み込ませている感じだと思って下さい。

下に敷いているガーゼは汚れが付いたら交換しながら根気よく続けて下さい。

注:洋服の素材によって、色落ちなどのトラブルを起こす場合が有るので、出来れば試してから作業に入るのが良いと思います。

手間と素材の色落ちの可能性があるので個人的にはおすすめしませんが、こういった方法もあるという事で説明させていただきました。


スポンサードリンク

アロンアルファが机についた時

机

机の材質にも色々有ると思うのですが、材質が…、

※なにもコーティングされていない木製の場合は先ほど説明した

「アロンアルファ はがし隊」、または「アセトン」が有効です。

アロンアルファ はがし隊の場合

アロンアルファはがし隊の場合はついてまった箇所に2~3mmの厚さに塗り、3分待ってから布でふき取るようにしましょう。

一度で取り切れなかった場合は何度も繰り返していくうちに取れていきます。

アセトンの場合

*使い方は

①ガーゼやウェス(汚れていないタオル)を何枚か準備してください。
②接着剤が付着している机の上に、剥離剤又はアセトンを浸します。
③液の上にサランラップを覆って、大体10~15分くらい置きましょう。
④時間が立つと接着剤は柔らかくなってきますから、ガーゼやウエス等で拭き取って下さい。
気になる部分は綺麗になるまで、繰り返し作業を続けます。
⑤見た目で綺麗になって来ても、乾燥すると剥離剤は白っぽくなる事があります。
⑥乾燥したらサンドペーパー#1000番で初めに擦り、次に#2000番で軽く擦って下さい。

もし、アセトンについてあまり詳しくない場合には、最寄りのホームセンターなどで「瞬間接着剤専用剥離剤」を購入し使った方が無難かも知れないですね。

:アセトンには塗料を溶かす成分が含まれている為、コーティングされている物には使えません。

アロンアルファが付いた際のやってはいけない事

NG

それでは最後にアロンアルファがついてしまった際にやってはいけない事について確認していきましょう。

慌てないで

指等に、瞬間接着剤が付いてしまうと慌ててしまいますが、決して慌てて無理やり引っ張って剥がすような事はしないで下さい。

最悪、皮膚が破けてしまう事になりかねないのです。なのでついてしまってもあくまで慎重に取るようにしましょう。

爪で剥がさないで

爪の間に接着剤が入り込んだり、ひどい時には爪も剥がれる位に強力なので、爪で剥がす行為は避けた方がいいですね。

引っかかないで…

引っかいて剥がそうとすると、傷を作ったり、痛くなったりするので要注意!

どうしても、瞬間接着剤を使わなくてはいけない場合には、慌てずに気をつけて使う事が大切ですね。

最後に

アロンアルファがついてしまった際の落とし方、剥がし方について紹介してきました。

スポンサードリンク

ついつい手についてしまった場合は焦ってしまいますよね。でもまずは一呼吸おいて無理やり取らず上記の事を実践して慎重に取るようにしましょうね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ