グルテン過敏症の症状とは?検査や治療方法をチェック!

グルテン過敏症の症状とは?

疑問

小麦粉アレルギーとか、グルテン過敏症などの言葉をよく耳にしますが、どういった症状かご存知ですか?

実際に自分がグルテンア過敏症なのかどうかと言う事は、なかなかはっきりと分からない場合があるそうで、何となくおなかの調子が悪く体調も良くないと感じている人がグルテン過敏症だったなんて事があるそうです。

という事でグルテン過敏症の症状や検査、治療方法などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

グルテン過敏症の症状とは?

疑問

*グルテン過敏症とは…、

グルテン過敏症の場合には、小麦粉の中にグルテンが含まれていて、更にその中の成分にグリアジンが含まれています。

そのグリアジンと言った成分が体質に合わない人の体内に入った場合に、免疫機能が異常反応を起こし、色々な体調不良を起こすと言われています。

重度なグルテン過敏症の場合には、身体のあらゆる部分に炎症を起こし、腸の機能の低下の為に重篤な自己免疫疾患とされる「セリアック病」等を引き起こす場合もあると言われています。

主な症状としては

  • 便秘や下痢、腹痛などの消化器官のトラブル
  • 頭痛、吐き気、めまい
  • 肌荒れ
  • 食中毒のような症状
  • といった症状から

  • 突然に始まる倦怠感や疲労感
  • 集中力の低下
  • 平衡感覚の低下

といった症状を引き起こす事があります。

グルテン過敏症かどうかわかりにくいのが難点

心配 

グルテン過敏症の難点はグルテン過敏症かどうかがわかりにくいという点です。アレルギーが発症するメカニズムもはっきりと解明されていません。

食べた後にいつも決まって、この様な症状が起きると分かり易いと思うのですが、まさか自分が「グルテン過敏症」にかかっているなんて考えていない事もあり分かり難いですね。

なので症状が改善されず病院でも判断がつかないけれど、上記のような症状が治らない時点で「グルテン過敏症かも」と感じる程度という事です。

もし、体調の悪い日が意味もなく続いている様に感じる時は、食生活にグルテンフリーを取り入れて見る事で「グルテン過敏症」が発見できるかも知れないと言われています。

ちなみにですが、比較される事のある小麦アレルギーが起こるのは、小麦粉に含まれているタンパク質成分がアレルゲンとして、貴方の免疫機能を刺激する事で、アレルギー反応として現れるのだそうです。

なんとなく「小麦アレルギー」とでは「グルテン過敏症」と似ているように思えますが、どちらも厄介な症状と言えますね。

グルテン過敏症の検査方法や費用について

チェック

グルテン過敏症の検査方法としてはIgG・IgAといった遅延性アレルギーの検査を行うか検査キットで自分で行う方法があり、グルテン過敏症の場合IgGの抗体スコアが高い傾向にあります(絶対ではない)

ただし問題なのはその検査料。

実際にざっと調べてみたのですが、抗体検査だけでも数万円もかかります。

自分がグルテン過敏症かどうかも判断出来ない状況でその検査料はなかなか手が出せないといった所が本音です。

検査キットの方が安上がりですがそれでも3万円近くかかります。もしグルテン過敏症の疑いがあるのであればまず検査をする前に、取りあえず3週間位のグルテンフリー生活を試して見る事も一つの手段ではないでしょうか?


スポンサードリンク

グルテン過敏症の改善、治療方法について

チェック

グルテン過敏症の症状によって治療方法は異なりますが、数ヶ月から数年の治療を続ける事で抗体レベルの改善が見込めます。

実際にグルテンフリーを日常生活に取り入れた場合は、数ヶ月もすれば体調に変化がみられる様になった人が多いのですが、医療機関で治療されている場合には、治療開始後~経過観察期間を1年以上必要としています。

グルテンフリー生活を取り入れた場合「セリアック病、小麦アレルギー、グルテン不耐症」の改善や疲労感を感じる事が少なくなったとの事です。

その他には「線維筋痛症」や「過敏性腸症候群」を感じていたが、グルテンフリー生活を取り入れるようになって、気になる事も少なくなり、今まで眠りが浅い気がしたが今では良い睡眠をとれるようになったと感じているそうです。

グルテンが入っている主な食べ物をチェック

小麦

グルテンが最も多く含まれている食べ物と言うと、「小麦、大麦、麦芽、ライ麦」等など沢山の食物に含まれています。

*中でも、日常食生活で使用頻度が多いと思われる食品は…、

麺類を始めパスタ、餃子の皮、市販のカレールー、パン類(ピザ、ケーキ、クレープ等)、ハンバーグ(つなぎ粉)、粉物(お好み焼き、たこ焼き、てんぷら等)、シリアル、アルコール等々と数えきれないほど数多くあります。

まだまだ、上げるときりがないほどあり、完全なグルテンフリー食生活をするのはかなりの精神力と努力が必要となると思われます。

もしグルテン過敏症と判断された場合具体的にどういった食事にした方が良いかなど医師と相談しつつ食事の改善を進めていくのもひとつの方法でしょう。

最後に

グルテン過敏症の症状と検査、治療方法について紹介してきました。

スポンサードリンク

グルテン過敏症はなかなか判断のつきにくい厄介な症状です。もし上記のような症状の場合はまず病院で診断。それでも判断がつかず症状が改善されない場合は値段は高いですが思い切って検査を受けるかグルテンの含まない食事を数週間実践してみましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ