プレミアムフライデーとは何?いつから始まるの?効果はあるの?

プレミアムフライデーとはどういったものでいつから始まる?

疑問

安倍政権や財界が検討していると報じられた「プレミアムフライデー」

最近は神とかプレミアムといった言葉が簡単に使われて価値が下がったなぁなんてなんとなく思っているのですが、実際どういった内容なの?

と気になる方もいるかと思います。という事でプレミアムフライデーについてやいつから始まるのか確認しておきましょう。

スポンサードリンク

プレミアムフライデーとは?

疑問

ではまずプレムアムフライデーとはどういったものかについて確認していきましょう。

プレミアムフライデーとは

個人消費を喚起するため、政府や経済界が月末の金曜日の午後3時に退庁・退社し、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」構想を検討していることが12日、分かった。

参照元:SankeiBiz 月末の金曜は午後3時退社 個人消費喚起へ「プレミアムフライデー」構想

簡単にいえば官庁や会社員は月末の金曜は午後3時に帰って楽しく過ごしましょう!

というわけです。どこな辺がプレミアムなんでしょうねw

「月末の金曜日は、早めに仕事を終えて、豊か・幸せに過ごす」をテーマにしているそうです。なんか色々とつっこみ所が多いテーマですね(汗

なぜこのような構想を思いついたの?

ではなぜプレミアムフライデーといった事を考えたかというと個人消費増加の狙いです。

現在個人消費は300兆円と言われています。それを360兆円に引き上げるのが目標の事だとか。

その為の政策の一つとしてこの案が考えられたようです。

実際に効果があるの?

こればっかりは実際に行われなければわかりません。なのであくまで一つの考えとして思っていただきたいのですが、

現状では効果はほぼない、または微々たるもの。

と考えています。

確かに月末に本当に15時に退社するのであれば自由時間が増えます。が、個人消費に回せるお金に余裕がないと感じている方が多いからです。

年収

参照:年収ラボ サラリーマン平均年収の推移

年収ラボ様の資料なのですが、平均年収の推移です。

ここ数年は平均年収が微増していますが社会補償費や消費税増税などもあり実際は収入が減少しているかと思います。

それに加えて雇用形態の変化による雇用不安などもあって金曜が早く帰られるからといって個人消費が増加するとは到底思えないからです。

月末に仕事が集中するので迷惑の声も

悩み

また月末金曜は月の締め業務など忙しい会社も多いでしょう。

そんな中プレミアムフライデーによって月末の業務時間が減らされてしまえばよけいに大変になるに違いありません。

結果的に残業、または土用出勤などの代替出勤でいつもと変わらないといった事が容易に想像出来ますね^ ^;

強制力が働くものではないので公務員や最大手以外は普通に業務が行われるのではないかと考えています。


スポンサードリンク

プレミアムフライデーはいつから?

現在プレミアムフライデーは10月から計画を策定との事なので実際に導入されるのはもっと先の話かと思われます。

まだ検討段階なので実施されない可能性もあります。いつから始まるかについては分かり次第更新していきたいと思います。

※2016年10月追記

まだ予定ではありますが、2017年2月から月1または隔月ペースで実施予定との事。

正直検討段階では廃案の可能性もあるのでは?と思っていたのですが、実施予定で進んでいて正直驚きました。また情報が入り次第更新していきます。

※2016年12月12日追記

第1回プレミアムフライデーが2017年2月24日に決まりました。検討から実施まで本当に早かったですね。

第2回については特に説明がありませんでしたが、第1回をやってみてから今後を決めていくのかも知れませんね。

意識調査の結果は?

では実際に意識調査の結果についてなのですがヤフーの意識調査が行われていたので確認したのですが。

  • 効果がある 28.1%
  • 効果がない 63.0%
  • どちらとも 8.9%

参照:「プレミアムフライデー」構想、消費喚起に効果あると思う?

※記事掲載時期はまだ実施中なので変更している可能性があります。

との結果ですが、個人的な予想としては思っていた以上に効果があると考えている方が多いと思いました!

多い意見について拾ってみたのですが

・月末で忙しいのに始められても迷惑!
・お金がないのに消費が上がるわけがない
・公務員が早く帰るだけの制度
・サービス業としては忙しくなるだけ
・この程度で消費が上がるなら景気は回復している
・サービズ残業が増えるだけ

など効果がない意見が大半でした。

まぁ匿名などのコメは批判が集まりやすいというのは抜いてもどれも納得出来る意見ではあります。

効果があると感じると思った方は経済的に余裕がある方か単純に休みを多く取りたい方ではないかと思います。

少なくても全体的な意見としてはプレミアムフライデーは効果がないと感じている方が多いといった感じですね。

最後に

プレミアムフライデーの内容についてやいつから始まるのか。また効果があるのかどうかについて紹介してきました。

休みの時間を増やす事は時代によっては個人消費を促せると思います。ただそれは経済全体が回っていて経済的に余裕があると感じている方が多い場合。

日本でいえばバブルの時代などでは効果があったかもしれません。ですが現状は言うまでもなく生活状況が苦しいと感じている方が多いかと思います。

スポンサードリンク

そんな中で導入したとしても効果がない可能性が高く月末という事で大変になる方が多いのではないかなと感じています。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ