もち麦ダイエットとは?効果や方法、注意点を要チェック!

もち麦ダイエットとはどういったもの?

もち麦

最近、テレビなどで紹介されて耳にしたこともあるだろう、もち麦を使ったダイエット。

やり方としてもとても簡単で無理なく行う事が出来る事で人気になってきているんですよね。今回はこのもち麦ダイエットについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

もち麦ダイエットとはどういうもの?

疑問

まず初めに、みなさんもち麦とは何かご存知ですか?

もち麦というのは、大麦の一種です。もち麦は穀類の中でも食物繊維の含有率が高く、特に水溶性の食物繊維が米や小麦に比べて多いところが特徴です。

お味の方はというともちもちプチプチした食感で香り高い味わいが特徴です。

そのもち麦を使って無理なく、ダイエットをしていく方法を次に見ていきましょう。

といっても実はとてもシンプルで、1日のうち朝昼夜のどれかのごはんのうち一食の白米にもち麦を混ぜ込んだ、もち麦ごはんに置き換えるというものです。

これはどの時間帯の食事でもかまいません。みなさんのライフスタイルに合わせて、好きな食事の時に置き換えてください。

もち麦に変える事の効果は?

チェック

次になぜもち麦に置き換えることによって、ダイエットにつながるのか?と疑問に思われる方もたくさんいるはずです。

もち麦に変えることで得られるメリットについて見ていきましょう。

水溶性食物繊維が豊富で、お通じ改善!

便秘

先ほど、もち麦とは何かを説明した時にお伝えした通り、もち麦には食物繊維を多く含んでおりその中でも、水溶性食物繊維を多く含んでおります。

水溶性食物繊維というのは、便にたっぷりの水分を与え、お通じの流れをスムーズにしてくれる働きがあります。

それによってまず便秘改善への効果が期待されます。便秘はダイエットだけではなく、健康にも大敵です。それがもち麦によって改善されるんです。

便秘を解消することにより、腸の老廃物がしっかりと排出され燃焼されやすい体に導いてくれます。それがダイエットの成功へと導いてくれるのです。

βグルカンで余分なものを排出

美容

もち麦には含まれる食物繊維はβグルカンという種類で、このβグルカンには様々な効果が期待されています。

  • 腸内の余分なコレステロールを排出してくれる
  • がん予防の物質として注目されている
  • 消化が遅いため、満足感が持続し食べ過ぎ防止につながる。
  • βグルカンと一緒に食べた食べ物の消化吸収を抑える。
  • 肥満ホルモンのインスリン分泌を抑える

など、今挙げただけでもとても、ダイエットに効果的なだけではなく、健康面でもとてもいい食べ物だということがわかりますね。

だからといって、もち麦だけを食べればいいということではありません。
ここでいくつかもち麦ダイエットについての注意点をあげておきたいと思います。


スポンサードリンク

もち麦ダイエットの注意点について

チェック

いくらダイエットにいいからといっても、もち麦も食べすぎれば太ります。

お茶碗一杯のカロリーですと白米との差はそれほどありません。なので、たくさん食べたから言ってそれだけ痩せるということはありません。

体にいいものでも食べすぎれば当然、カロリーオーバーで体重も増えてしまいます。

ですが、白米と比べると同じ量に対して、含まれている栄養素はとても高いです。そして、独特のモチモチとした食感が咀嚼回数を増やすことにつながります。

よく噛むということはダイエットにはもちろん消化を促してくれ体への負担を最低限にすることにもつながります。

そして食物繊維が豊富に含まれていることで、満腹感も持続します。

おすすめの取り入れ方としては、「最初は少しずつ、慣れてきたら白米に混ぜるもち麦の割合を増やす。」

などご自身の体調やライフスタイルに合わせながら意識的にもち麦を取り入れ、偏りなく栄養バランスのとれた食事メニューへと変えていくことがダイエットの成功への近道です。

くれぐれも最初から無理をしないことが大切です。

もち麦はどこで販売しているの?

疑問

もち麦の効果も凄そうだしさっそくやってみようかと思うんだけど、どこで販売しているんだろう?

と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

ただ最近ではもち麦の効果が優れている事が話題になったからかスーパーなどだけでなくコンビニなどでも販売されています。

7premium

コンビニといってもどこのコンビニでも販売されているとは限りませんが、割と身近に手に入るので一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

最後に

もち麦ダイエットの方法とその効果について紹介しました。

ご飯をもち麦に変えるだけで体重が減るだけでなくお通じも改善されて健康的にも良いんですよね!

スポンサードリンク

この記事を読んでいただき実践する気になったのであれば幸いです^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ