お風呂は朝と夜どっちが良いの?メリットデメリットを比較してみた

お風呂は朝と夜どっちが良いの?

風呂

生活の中で欠かせないお風呂。夜に入る方が多いとは思うのですが、朝に入る方もいます。

 

皆さんは朝と夜どちらに入る派でしょうか? 実際どちらの方が体に良いのか分からないですよね。

 

という事で気になったのでお風呂はどちらに入った方が良いか、調べてみました。

スポンサードリンク

朝風呂に入るメリットは?

朝

ではまず朝風呂に入るメリットから紹介していきましょう。

朝に風呂入るメリットとしては

  • 自律神経が整えられる
  • 交感神経が刺激でき、眠気が取れる
  • 血圧を上げる
  • 体温が上がる
  • 基礎代謝が上昇する
  • 新陳代謝を高める
  • 臭いが気にならない
  • 寝癖が気にならない

といったような点があります。

 

夏などは朝から暑かったり、寝汗をかきやすいので朝からお風呂に入りたくなります。

 

いくら寝ても眠い時などは、朝からお風呂に入って気持ちを入れ替えて仕事に向かいたいですよね。 私は低血圧かつ自律神経が乱れがちなので、血圧が上がるなら朝風呂の方がいいのかな?と 思ったりしちゃいます。

 

更にダイエット効果があると、聞いたこともあります。 基礎代謝や新陳代謝が高まると聞くと、ダイエット中の人は実践したくなりますね。

 

中年男性人などは、加齢臭も気になる方もいると思います。

 

寝起きは汗もかくので特に気になると思いますが、出勤前に爽やかな香りだと仕事も効率アップしそうですよね。夏は寝ている間はどうしても汗を書いてしまうので汗を落としたいと思う時は朝風呂も良いでしょう。

朝風呂のデメリットについて

では朝風呂のデメリットについても考えていきましょう。

  • 心臓に負担がかかりやすい
  • 血圧が上がりやすいため、高血圧の人は注意
  • 脱水症状が起きやすい
  • 頭皮に負担がかかる
  • 肌が荒れがちになる
  • 朝寝坊できない(早めに起床しないといけない)

といった点があります。

 

温泉などに行くと、私は朝風呂に絶対入ります。 少し早く起きてお風呂に入るのが、自分には非日常的で得した気分になります。ただ若者はいいですが、心臓や血圧の薬などを服用されているかたは、要注意です。

 

脱水症状が起きやすいとは書きましたが夜に汗を書いていて朝にお風呂で汗を書くので体内の水分がけっこう失われるんです。そう脱水症状が起こるわけではないのですが、水分は補給しておいた方が良いでしょう。

 

後は朝早めに起床を行う事。これが一番切実な問題かも知れません。笑

 

男性の場合は適当に入って終わりという事も出来ますが、女性の場合はそうは行きませんよね。それに加えて朝食の準備などもするとなると早めの起床を心がける必要があります。

 

といった感じが朝風呂の特徴ですね。デメリットについてもありますが、記載したほどは負担にかかる事はありませんが気をつけておいた方が良いですね。朝気持ちよくすっきりしたいという方は朝風呂はオススメです♪


スポンサードリンク

夜風呂に入るメリットは?

夜

では夜に風呂に入るメリットデメリットについて確認していきましょう!まずはメリットから。

  • 体の血行が良くなる
  • リラックス出来る
  • 肩こりが改善しやすい
  • 睡眠の質が上がる
  • 頭皮に負担がかかりづらい
  • 全ての汚れを除去できる
  • 細胞が活性化しやすい
  • 長風呂しやすい
といった点です。

 

お風呂に入ることで水圧により、体内のリンパ液にも圧がかかりリンパの流れが良くなります。夜になるとリンパの流れが滞りがちですので、ゆっくりお湯に浸かり流すことが大切ですね。

 

私自身、重度の肩・首こりや自律神経系の病気に悩んできました。 医者にも必ず毎日、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かりなさいと言われました。首と頭の接続部分に、自律神経が集中しているそうです。

 

何日か続けたら、肩・首こりが少し楽になり、気持ちの面でも回復しつつあります。うつ病などの方もお風呂は必須です。

 

女性は冷え性な方も多いと思います。 しっかり夜に温まることで、冷え性も少しは軽減できると思います。

 

他には夜の方が時間を取れることが多いと思うので、ゆっくりお風呂に入ることもできそうですね。 1日を振り返ったり、歌を歌ったりストレス解消の場としても使うのが理想的です。

夜風呂のデメリットについて

ではデメリットについても確認しておきましょう。

  • 夜遅く帰宅した時は入りたくなくなる
  • 飲酒後の入浴は脱水症状が起きやすい
  • 疲れている時は、面倒くさく感じる
夜風呂のデメリットに関しては、それほど数はないですね。

 

入浴により身体が温まり、血液の循環が良くなります。 それに伴い、アルコールが全身に回るので大変危険な状態になります。

 

最悪の場合、気を失うこともありますので十分注意が必要です。水分補給をして出来るだけシャワー程度の方が良いでしょう。まぁこれは朝にでも言えますが体調があまりよくない場合はお風呂に入るのを控えましょう。

最後に

お風呂は食後30分以内は、消化不良を起こしやすいので入らないようにしましょう。

 

毎日習慣付けて入ることで、血行を良くし自分の身体が変わってきます。 疲れた身体や心を癒すためにも、夜お風呂に入ることをおすすめします。また朝の汗臭さがどうしても気になる方は朝風呂も良いかと思います。

 

ただ夜に時間がなくて、朝風呂になってしまう方は髪の毛だけでも洗って寝た方が良いかもしれないですね。毎日枕カバーが汚れて、汚れが蓄積すると皮膚にも悪影響という事を覚えておきましょう。

 

夜髪の毛を洗うと、朝寝癖が気になりますが髪の毛を全部乾かす時間と比べたらかなり時短になります。

 

スポンサードリンク

メリット、デメリットを踏まえた上で自分に合った入り方をうまく見つけて、ライフスタイルに合った入り方ができるといいですね^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ