心筋梗塞の前兆や症状、病院は何科に行けば良い?

心筋梗塞の前兆や症状について

心筋梗塞 前兆

心筋梗塞というと前触れもなく発作が起こり死もありうる非常に怖い病気の一つです。

突然胸が締め付けられるような痛みに襲われたら恐ろしいですよね。
とはいえ心筋梗塞にはある一定の前兆があったり、なりやすい人やなりにくい人の特徴もあります。

チェックポイント含めチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

心筋梗塞の症状について

まず心筋梗塞とはどういうものかチェックしていきましょう。

心筋梗塞とはわかりやすくいうならば

冠動脈が完全にふさがり心臓が血液に流れなくなってしまった状態の事を言います。
この状態になってしまうと血液が流れなくなってしまった事により酸素と栄養素の供給が止まってしまいます。

その結果突然胸の痛みに襲われてしまい時間が経つにつれ心筋が壊れてしまい
最悪の場合は死に至る恐ろしい病気です。

心筋梗塞というと50代以上の人がなりやすい病気ではありますが、
最近では30代の方なども発症する可能性があるので心筋梗塞について頭に入れておいた方が良いでしょう。

心筋梗塞の主な症状

心筋梗塞の主な症状については

  • 胸が締め付けられるような痛み
  • 息切れ、呼吸困難
  • 突然の吐き気や嘔吐
  • 冷や汗が出る程の痛みが10分以上続く
  • 胃の痛み

などがあります。

突如襲ってくる痛みなのでこのような症状が出たらすぐに病院に向かいましょう。

心筋梗塞になりやすい人の特徴

心筋梗塞の原因は動脈硬化

動脈硬化のなる要因としては

  • 過度のストレス
  • 肥満
  • 高血圧、高コレステロール、高脂血症
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 糖尿病

などがあります。

その中でも喫煙や高血圧、過度の肥満などは特に動脈硬化に繋がると言われているので
気にしておきたい所ですね。

心筋梗塞の前兆について

前兆が見抜きにくいといわれている心筋梗塞ですが、まったくないわけではありません。

一般的に心筋梗塞が起こる前触れとして

・胸が締め付けられるような痛み
・肩から背中にかけての痛み
・腕や肩の痛み
・首が回らない
・ひどい肩こり
・歯やアゴの痛み
・鼻が詰まる
・喉が詰まる
・ゲップがでる
・胃の不快感
・しゃっくりがでる
・ちょっと動いただけで息切れする
・風邪でもないのに、咳が出たり声がかれる
・夜中に何度もトイレに起きる

などがあります。

参照:やくしゅいんドットコム 心筋梗塞とは

この中のひとつ程度あてはまるようであれば心筋梗塞以外の可能性もありますが、
これがいくつもあてはまるようでしたら心筋梗塞の可能性は十分にありえます。

また今までなんともなかったのにこのような症状が発症し始めるのも要注意です。
突然発症する前に一度病院で検査してもらった方が良いでしょう。


スポンサードリンク

心筋梗塞の際病院は何科に行けば良い?

病院

心筋梗塞については基本的に循環器内科で診察してもらいます。

あまり馴染みのない方もいるかとは思いますが、
循環器科は内科の中でも心臓や血管など循環器の病気の専門科です。

なので心筋梗塞を含む心臓病は循環器内科で診察してもらいましょう。

要チェック

とはいえ実際心筋梗塞の可能性があったとしても突然の胃の不快感やひどい肩こりでは本当に心筋梗塞かどうか
判断かつかない事がほとんどです。

なので胸が締め付けられるような痛みなら別ですが、それ以外の症状の場合はまず内科に行き
医者の判断を聞き必要であれば循環器内科で診察してもらうような流れになるかと思います。

心筋梗塞を予防するには

高齢者 笑顔

と心筋梗塞について説明してきましたが、ある程度は予防出来ます。

スポンサードリンク

予防する方法としては

・高血圧は減塩を行う事
・高コレステロールの場合は動物性脂肪を控えて、植物性脂肪をとる
・バランスの良い食事を取り生活習慣を改善、睡眠時間もしっかり取る
・肥満解消(ただし無理なダイエットは生活リズムが崩れるので厳禁)
・出来る限りタバコは控える
・運動不足解消の為に普段から適度な運動を行う事

などなど現在の健康状態を改善する事によって心筋梗塞のリスクを減らす事が可能です。
毎日の生活習慣をあらためて身体の健康状態を維持しましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ