PM2.5の症状や対策。花粉症が悪化する事もあるので要注意!

PM2.5の症状について詳しく紹介!

PM2.5 症状

PM2.5が年々問題となってきていますね。

PM2.5と花粉症はピークの時期が同じで花粉症の方にとってはPM2.5も合わさって
悪化するとも言われているので注意が必要です。

今回の記事ではPM2.5の症状と花粉症との違い。また対策について紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

PM2.5ってどういうものなの?

PM2.5はテレビで話題になるけど、そもそもPM2.5って何なの?
という方に軽く説明させていただきますとPM2.5とは

「大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさが2.5μm以下の非常に小さな粒子のこと」

の事を言います。
これだけだとわかりづらいので比較説明すると

  • 人間の髪の毛の太さの約30分の1
  • 同じ時期に飛散するスギ花粉の10分の1

といえばどれだけ小さいかがわかるのではないでしょうか?
それぐらい小さいPM2.5を体内に多量に吸い込んでしまったら…

と思うと少し怖くなりますよね。

PM2.5の症状。人体への影響について

それほど小さい粒子であるPM2.5を吸い込んでしまうと

  • 喉のいたみや違和感
  • 鼻水、くしゃみ
  • 目の充血かゆみ
  • 息苦しさ

などの症状が出ます。風邪や花粉症などの症状に似ていますね。
花粉症の症状が出始めたら実はPM2.5だった…なんて事もあります。

ただPM2.5はこれだけに留まらず非常に細かい粒子の為に肺の奥まで入り込んでしまうんですよね。
その為に長期的に吸い込んでしまうと

  • 慢性気管支炎
  • 喘息
  • 肺がん発症のリスク

などもあります。

中国の汚染物質は年々ひどくなる一方という話なので特に飛散量の強い時期は
しっかりとした対策を行っていきたい所です。


スポンサードリンク

花粉症が悪化する事も

PM2.5のピークは2~4月と言われています。
というのも中国から黄砂の時期と同時にPM2.5の汚染物質と一緒に日本に流れこんできてしまうんです。

この時期はちょうどスギやヒノキの花粉の時期と同じなのですが、花粉とPM2.5を一緒に吸い込んでしまうとPM2.5が花粉と反応してしまい、
通常鼻から喉のあたりまで入り込む花粉が肺などにも入り込んでしまい症状が悪化する原因にもなりえます。

またPM2.5を吸い込むだけでも鼻水やくしゃみなどが起こるのでひどくなるとも言われます。
花粉症の方は特に気をつけたい所ですね。

PM2.5の症状を抑える対策方法は?

PM2.5の対策方法についてですが、基本原則として
PM2.5を吸い込まない事。これに限ります。

その為にざっと箇条書きで記載すると

・マスクをつけて外出中吸い込まない。
・帰宅時は服に付着している事もあるので家に入る前に外で衣服をさっと払う
・PM2.5の飛散が多い時は出来る限り外出しない
・PM2.5対応の空気清浄機を購入する。

などがあります。

気をつけたい点はマスクは花粉症対策のマスクではPM2.5程の粒子には対応出来ない点です。
PM2.5に比べれば花粉は大きいので逆を言えば花粉をガードしてもPM2.5は吸い込んでしまう可能性も十分にあるんです。

チェック

マスクを購入する際は「DS2」や「N95」という規格に合格している点や
PM2.5対応と記載しているマスクがどうかチェックした方がいいでしょう。

別の記事でマスクの選び方や空気清浄機のポイントなどを書いたので
時間のある方はそちらをご覧になってください。

参考記事pm2.5の対策は?マスクや空気清浄機の選び方には要注意!

pm2.5の飛散状況の確認方法

pm2.5の飛散状況の確認方法については日本気象協会が運営するpm2.5予報というサイトが役立ちます。

毎日PM2.5の飛散状況について更新しているので、
自分の地域の飛散量が多い~極めて多い場合は特に気をつけた方が良いでしょう。

実際にサイトを見ていると中国のPM2.5の飛散量がいかに多いかがわかりますね 汗

まとめ

PM2.5の症状についてや花粉症との関係や対策について紹介してきました。

PM2.5の問題は今後も被害が続きそうですし、特にピーク時は花粉症と一緒に対策をした方が良いですね。
飛散量なども確認して、出来るだけ吸い込まないようにしましょう。

PM2.5の別記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ