眠気覚ましの方法!仕事中や授業中、運転中に効果的な方法を紹介。

眠気覚ましに効果的な方法を要チェック!

1

勉強中や仕事中、運転などどうしても眠れない…
けど眠たくて眠たくてしょうがない…そんな場面に遭遇する事はよくある事だと思います。

なので今回は眠気覚ましの方法について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

深呼吸を行う

深呼吸

そもそも眠気が来る原因のひとつに酸素不足が原因。何度もあくびが出るようだと脳に酸素が回っていない状態なんです。

なので深くゆっくり深呼吸。これをくり返すだけでも眠気覚ましに効果的なんです。
仕事中や授業中に眠気が取れない場合は一度深呼吸をしてみましょう。

カフェインを摂取する。

コーヒー

これも眠気覚ましの王道中の王道ですね。コーヒーや栄養ドリンクによく含まれています。

カフェインにはドーパミンが出やすくなるので
眠気覚ましの他にもモチベーションを上げたり集中力を上げる効果があります。

ホットの方が効果が早く出る。

意外と知らない方が多いのですが、アイスよりホットの方がカフェインの効き目が早く出ます。
というのもアイスで摂取する場合胃の運動も低下するので効き目がどうしても遅くなってしまうんですよね。

ただキンキンに冷えたコーヒーを飲んでしゃきっと瞬間的には目がさめるので、
今その瞬間に目を覚ましたいのであればアイス、カフェインの効果を早く出すのであればホットで良いでしょう。

ただ、カフェインの過剰な摂取は睡眠障害など悪影響も及ぼすので注意が必要です。

別記事眠気覚ましの飲み物について

仮眠をする

仮眠

これも眠気覚ましに有効な方法の一つ。
10~20分の仮眠を取る事で

  • 眠気を取り除く
  • 脳の疲労を取り除く

などの効果があります。脳疲労を取り除くという事は集中力や記憶力も高まるという事です。
効果的な短時間の仮眠は夜の睡眠の何時間と同等の効果があると言われており

その効果ゆえに大企業のグーグルやナイキが仮眠用の睡眠マシンを取り入れている程です。
それぐらい効果があるという事なんです。

ただし30分以上の睡眠はNG

仮眠といっても30分以上の睡眠はNG
というのもノンレム睡眠に入ってしまい、そこで強制的に起きると脳が覚醒せず眠気がひっぱられる可能性があるんです。

なので仮眠は10~20分ほどがベスト!よく覚えておきましょう。


スポンサードリンク

ストレッチなど身体を動かす

ストレッチ

イスなどにすっと座りっぱなしだと血行が悪くなり脳に酸素が供給されていない事が多いです。
仕事中や授業中、運転中はずっと同じ体勢なので身体が緊張状態になりやすいんですよね。

なので10分程度でも良いので全体を動かすストレッチや運動を行う事。
身体を動かす事で血行が良くなり眠気が解消されます。

ずっと同じ姿勢でいなければならない場合は手と足をグーパーするだけでも効果があるのでお試しあれ。

メントール入りのガムを噛む

ガム

メントール入りのガムは眠気覚ましに効果があります。
特にミント系やブラック系に含まれておりブラックガムはカフェインも配合されています。

それだけでなくガムを噛むという行為は顎の運動を行い脳を刺激し働きが良くなるんです。
その結果脳を覚醒されるのでガムには成分だけでなく眠気覚ましに効果的なんです。

痛みで目を覚ます。

どれもやってもだめな場合は最終手段。シャーペンなどを手に刺したりして脳をびっくりさして目をさましましょう。

ただしこれは瞬間的には目を覚ましますが、血行がよくなるわけでもないので持続性がありません。
なのでよくやる手段の一つではありますが、あくまで最終手段として行いましょう。

眠くなる前にしっかりとした睡眠を

寝てはいけないのにどうしても眠くなってしまう…

その原因の大半は睡眠不足によるものが原因で脳に酸素が行き渡ってないんです。
人によってショートスリーパーな方もいればロングスリーパーの方もいるなど最適な睡眠量は違いますが、
6時間は確保した方が良いと言われています。

寝ることも仕事の一つといえます。昼に急激な睡魔に襲われないようしっかりと睡眠を取りましょう。

まとめ

スポンサードリンク

眠気覚ましの方法!仕事中や授業中、運転中に効果的な方法について紹介しました。

どうしても眠くてしょうがない…と言う方は上記の事を実践してみて眠気に負けないようにしましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ