クーラー病の症状は頭痛やのどの痛みも?対策について要チェック

クーラー病の症状や対策について紹介。

クーラー病 症状

夏になると暑くなりクーラーをガンガンに
つけたくなりますよね?

ただ、毎日のようにクーラーの聞いた部屋にいると
頭痛やのどの痛みなどクーラー病と言われる状態に
陥ってしまう可能性があります。

クーラー病についてしっかり学び対策をしましょう。

今回の記事では

クーラー病の症状や対策について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

クーラー病とは?症状について

クーラー病とは簡潔に言うと
長時間クーラーの効いた場所にいたり、暑い部屋とクーラーの部屋を往復する事により血流の流れや神経のバランスが崩れ、体調を崩す事を言います。

 
症状としては頭痛やのどの痛み、食欲不振や手足の疲労感など
夏バテの原因となる様々な症状を引き起こしてしまいます。

別名冷房病とも言われますね。夏バテの原因は原因である可能性が高いんです。

クーラー病になりやすい条件は?

クーラー病になりやすい条件として

  • 必要以上にエアコンの温度を下げる
  • 寒い部屋と暑い場所を繰り返す

とこの2つが条件となっています。
要は自立神経のバランスを崩しやすくなるというのが原因で
自立神経は5度以上の急激な気温変化に対応する事が出来ないのです。

なのでガンガンと効いたクーラーに一定にいるだけじゃなく、
暑い場所と寒い場所を繰りかえすのは体調悪化の原因となります。

意外とこの点を知らない方が多いので注意しましょう。


スポンサードリンク

クーラー病の対策は?

クーラー病について説明してきました。
では頭痛やのどの痛みを起こさない為にも対策を紹介したいと思います。

室内を下げすぎない。27~28度ぐらいがベスト。

 
クーラー病 対策

電気代を節約する為に冷房の設定を27~28度に設定しましょう。
という事を企業で行っている所も多いのですが、実はクーラー病を起こさない為にも重要だったりするのです。

温度差があればあるほど自立神経のバランスを崩しやすくクーラー病を引き起こしやすいので
外との温度差を減らすように心がけましょう。

ずっと部屋の中にいてもクーラーの効き過ぎは血行不良となり
結果的に頭痛やのどの痛みを引き起こしますしね。

なので室内を下げすぎない。これがポイントです。

男性と女性では冷房の効きに違いが

女性はクーラーの部屋にいるとひざかけや上着をしている方がいますよね?

それは女性は男性に比べて筋肉の量が少なく熱を作りにくいからで結果的に寒さに弱いからです。
男性が暑いからといってクーラーを下げる際は女性に配慮した形で下げすぎないように心がけましょう。

クーラーを25度以下でつけっぱなしで寝ない

 

クーラー病 対策

よく言われている事ですが、寝る際はエアコンの温度を下げすぎないようにしましょう。
理由として寝ている状態でも体温を上げようと身体が休まらず結果的に

  • 寝たのにだるい、疲れが取れない。
  • 部屋の中が乾燥してのどを痛める原因となる。
  • 頭痛など体調不良が慢性化するきっかけとなる

とこのような状態を引き起こします。
寝る際にクーラーをつける場合は28度ぐらいの設定で風も弱めにしましょう。

場合によってはクーラーをつけないのも問題に

クーラー病を紹介している記事の中にはたまに寝る際はクーラーをつけないように喚起している方もいます。

確かにクーラーはつけない方がいいのは間違いではないのですが、
し湿度が高く室温が30度近い状態で我慢すると熱中症になる可能性もあります。
なので、どうしても寝苦しい際は我慢せず28度ぐらいの設定でつけましょう。

毎日三食しっかり摂る

 
クーラー病 対策

夏場になると朝を抜いて出かけられる方が多いですね。
食事(主にたんぱく質)は熱を作り出す元となります。

夏場は暑く水分を取りすぎると胃液が薄まり食欲の低下を招きやすいですが、
食事を摂らない事でクーラー病の元となり体調を崩しやすくなります。

朝昼晩としっかり食事を取るようにしましょう。

毎日10分でも良いのでウォーキングを行う

 
クーラー病 対策

ウォーキングは自律神経の働きをよくします。
自律神経の働きを良くする事は温度変化にも適応しやすくなりバランスを崩しにくくなります。

短い時間でも良いので自律神経の働きを良くする為にもウォーキングを行う事をおすすめします。

まとめ

クーラー病の症状についてや対策について紹介してきました。

夏場、特に7月半ば~8月半ばは特に暑くクーラーをがんがんに効かせて
部屋にこもりがちになりますよね?

スポンサードリンク

ただ結果的に頭痛やのどの痛みの原因に直結するという事を忘れず、
出来る限り温度調整してクーラー病にならないように心がけましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ