こと座流星群2018の時間や方角、観測方法について

流星群

主要流星群の一つであること座流星群。

現在では「4月こと座流星群」が正式名称ではあるのですが、4月をつけずこと座流星群で名を知っている方が多いですね。

流星群を見たいなぁとは思うものの、見る日にち、時間はいつ頃が良いのか気になりますよね。

という事で2018年のこと座流星群の時間や見ごろ、また観測する際の注意点などについて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

こと座流星群2018の時期、時間について

まずはこと座流星群が確認出来る時期と時間について確認しておきましょう。

出現期間:4月16日~25日
極大時刻:4月23日03時頃
見ごろ:日本時間で4月22日23時頃~23日明け方
見る方角:周りが明るくなければ方角としてはどこでも良い

参照流星電波観測国際プロジェクト 4月こと座流星群(Lyrids)

となっています。

出現期間としては10日間ほどあるのですが、多く見られるのは極大時。

つまりその日の深夜~明け方が見ごろとなるんですね。

期間中まったく見られないわけでもないですが、3大流星群に比べれば流れる数も少なめ。

なので流星を拝みたいのであれば見ごろとなる時間帯に観察するようにしましょう!


スポンサードリンク

こと座流星群を観測する際の注意点

では見ごろの日にちを確認した所で観測する際の注意点について確認していきましょう。

当日の天気をチェック

天気

当然ではありますが、当日の天気をあらかじめチェックしておきましょう。

こればかりは運なのですが、天候が悪ければ当然ながら流星群を観測する事が出来ません。

雨は当然ながら雲りがちでも厳しいですね。晴天になる事を祈りましょう。

防寒対策を用意

寒い 寒さ

4月なのに防寒対策が入るの?

と考える方もいるかもしれませんが、夜はまだまだ十分寒くなるんですよね。

参考程度にですが、4月下旬の東京の最低気温は10~15度。

その状況下で動かず何時間もいるとしたら相当な寒さを感じる事となるでしょう。

  • 厚手の服装を用意
  • 寒い地域であれば手袋やマフラーなども準備した方が良いかも
  • 暖かい飲み物を用意する