多摩川花火大会2016の日程や有料席、混雑や打ち上げ場所について紹介。

多摩川花火大会2016の日程や有料席をチェック

多摩川花火大会 2016 日程

多摩川花火大会は多摩川の夏の風物詩として
人気のある花火大会の一つです。

多摩川花火大会の魅力はなんといっても創作スターマインですよね。
豪華でこれを見るのを目的に行かれる方もいるほどです。

毎年の事ですが、世田谷と川崎で同時開催されるという事でどちらに行こうか迷われる方も多いみたいですね。

川崎市の「多摩川花火大会」
世田谷区の「たまがわ花火大会」

はごっちゃになりやすいのでしっかりと確認しておきましょう。

今回の記事では

多摩川花火大会2016の日程や有料席
混雑や打ち上げ場所について

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

多摩川花火大会2016の日程をチェック

多摩川花火大会2016について

日程:8月20日(土)
開催時間:19:00~20:00
開催場所:

・世田谷たまがわ花火大会:世田谷区立二子玉川緑地運動場周辺

・川崎市制記念多摩川花火大会:川崎市高津区諏訪地先の多摩川河川敷。

打ち上げ数:合計約12000発
来場者数:約50~60万人
雨天時:雨天決行 (荒天時翌日21日順延)
アクセス:

・世田谷たまがわ花火大会:二子玉川駅徒歩15分ほど
・川崎市制記念多摩川花火大会:二子新地駅から徒歩10分ほど

 
となっています。

国道246号を挟んで
上流側が世田谷たまがわ花火大会。
下流側が川崎市制記念多摩川花火大会と覚えておいてもいいでしょう。

2ヶ所同時に打ち上がる花火にどっちを見ようか迷ってしまうぐらい綺麗で人気の花火大会なんですよね。

ただ川崎花火大会会場近くの二子新地駅は花火の時間が近づいてくると入場制限の場合もあります。
要はそれぐらい混雑するという事なんです。

有料席と取られている方でも混雑を回避する為に早い時間に行かれる事をおすすめします。

多摩川花火大会の有料席について

世田谷たまがわ花火大会及び川崎市制記念多摩川花火大会には
有料席が設けられています。

お値段はそれなりにしますが、有料席はやはり花火をきれいにみる事が出来るので、心ゆくまで花火を楽しみたい方は有料席を購入してみてはいかがでしょうか?

有料協賛席について

    ・川崎会場

  • パイプいす席 5,000円/1席
  • ペアシート(2人まで) 13,000円/1シート
  • ファミリーシート(4人まで) 20,000円/1シート
  •  
    ・世田谷会場

  • パイプイス席  4,500円/1席
  • ペア席(パイプイス2脚) 13,000円/1ペア

となっています。

開場時間はどちらも17:00~からです。

販売開始は6月中旬
どちらもチケットぴあ
電話またはwebサイトにて購入する事が出来ます。

有料席の購入予定の方は6月中旬にチケットぴあをチェックしておきましょう。


スポンサードリンク

多摩川花火大会の混雑について

多摩川花火大会の混雑についてですが、
どちらの会場もかなり混雑します

(なにせどちらの会場も30万人程の動員数ですしね)

・電車の混雑としては

17時には最寄り駅周辺の混雑は
激しくなると思っておいていいでしょう。

(有料席の会場が17時からというのも理由のひとつ)

特に混雑するのは花火終了後で花火終了後の最寄り駅はとんでもなく人が多いです。

少しでも混雑を回避するのであれば

  • 終了少し前に帰宅するか
  • 終了1時間以上後に電車に乗るか

のどちらかになるでしょう。

駅をずらすという選択肢もありますが、電車に乗る際は結局電車内は満席なので結局混雑するんですよね。
という事で時間をずらすという選択肢がベターでしょう。

まとめ

スポンサードリンク

多摩川花火大会2016の日程や有料席について
また混雑状況について紹介しました。

どちらの会場も川沿い周辺ということで
虫などもけっこういますので
虫除けスプレーを持参する事をおすすめします。

混雑を予め頭に入れつつ花火を楽しんでいってくださいね!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ