お盆の渋滞予測2016。ピークや渋滞を回避する方法について紹介。

2016年のお盆の渋滞予測。渋滞を回避する手段も要チェック。

お盆 渋滞予測 2015

お盆ともなると帰省や旅行をする為に
新幹線や車で移動する方も多いと思います。

ただ、渋滞についてしっかり調べておかないと
とんでもない渋滞に巻き込まれて、
いらいらしてしまう事も。

そうならない為にもある程度渋滞予測を
しておいた方がいいでしょう。

今回の記事では
2016年のお盆の渋滞予測や
渋滞を回避する手段について

紹介したいと思います

スポンサードリンク

2016年のお盆の渋滞予測。今年は集中しやすい?

渋滞予測の前に今年のお盆の日程について
確認しておきましょう。

お盆は一般的に8月13日~16日
企業もそれに合わせて休みをとる事が多いですね。

お盆休み 2016

今年のカレンダーを見てみると、

8月13日が土用で
8月16日が火曜という事で、
土日がお盆期間に含まれているんですよね。

ただ2016年から山の日という祝日が増えます。

11日が休みによって休みに挟まれた12日も休みになる企業も多いでしょう。

その事もあり例年より帰省ラッシュを早めに考えていいた方が良さそうです。

よって、2016年のお盆の渋滞予測として

・帰省ラッシュ

10日(水)17時~20時
11日(木)6時~

13日(土)17時~20時
14日(日)6時~

・Uターンラッシュ

15日(月) 17時~
16日(火)6時~

が予想されます。

帰省ラッシュについては正直今までと違って読みにくい部分もあるのですが、例年の傾向と山の日からいって
水曜の夕方から混雑する事もあるかと思います。

この時間帯については出来る限り回避する事をおすすめします。


スポンサードリンク

お盆時の渋滞を回避する方法は?

お盆の渋滞に巻き込まれた方なら
特に感じると思うのですが、

出来る限りお盆の状態を回避したいものです。
というわけで渋滞の回避方法なのですが

  • 深夜の時間帯に移動する。

正直、お盆期間中に高速を抜けるなら
これ以外しか渋滞の回避の手段がないでしょう。

お盆 渋滞 2015 深夜

流石に深夜になると車通りも少なくなります。
それでも場所によっては混雑するかもしれません。
関越道下り線中央道下り線などは
深夜でものろのろ運転になるのではないかなと思っています。

ただ、他の時間帯に比べれば空いています。
渋滞に巻き込まれない方は深夜に高速を
通るべきでしょう。

早朝は渋滞に巻き込まれる可能性大

出発する方は早朝から出発すれば
問題ないだろうと思う方もいますが、

ピーク時は朝5時ぐらいから混みあいます
そしてそのまま7時とかになったら…目があてられませんね。

これも場所によって様々ですが、

  • 特に混雑する自動車道は早朝もおすすめ出来ない

とだけ伝えておきます。
場所によっては40km程度の大渋滞とかもあります。

その事から出来る限りピークの時間帯は控えるようにしましょう。

まとめ

という事でお盆の渋滞予測の2016年についてや
混雑を回避する方法について紹介してきました。

運転者としては深夜の時間帯の運転は
なかなか大変だと思いますが、
長い時間ずっとのろのろ運転もつらい所ですよね。

上記を参照に出来る限り渋滞の時間を回避して
お盆を有意義に過ごしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ