ほうじ茶のカフェインの赤ちゃんへの影響は?含有量や妊娠中について

ほうじ茶に含まれるカフェインの赤ちゃんへの影響について調査

ほうじ茶 カフェイン 赤ちゃん

妊娠中になるとカフェインについて気になりますよね?
「ほうじ茶は妊娠中の飲み物におすすめ」

という事でよく紹介されていますが、
ほうじ茶にもカフェインが入っているという事を
以外と知らない方が多いんです。

それでも少ない方なのですが、
実際に入っているとなると飲んでも大丈夫なんだろうか…
と、気になる所ですね。

今回の記事では
ほうじ茶に含むカフェインの含有量は?
また赤ちゃんへの影響や妊娠中に飲む量について

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ほうじ茶に含むカフェインの含有量を他と比較

では実際にほうじ茶に含まれているカフェインの含有量を
よく話題に出るものと比較してみます。

  • コーヒー(レギュラー) 100~150mg
  • コーヒー(インスタント)70mg
  • 緑茶(玉露) 180mg
  • 抹茶          50mg
  • ココア         30mg
  • ほうじ茶        30mg
  • 麦茶          0
  • コカコーラ 爽健美茶   0
  • アサヒ 十六茶      0

(目安として全て150mlあたりで計算しています。)

これを見てどう思ったでしょうか?
意外とカフェインが入っていると思った方も
多いのではないかと思います。

コーヒー等に比べると少ないですが、
ほうじ茶をたくさん飲んでしまうと

  • 夜眠れなくなったり
  • トイレに行きたくなったり

といったカフェインの影響を受けてしまう事もあります。

では妊娠中にほうじ茶はおすすめ出来ないのか?
といったらそういうわけではありません。

ほうじ茶が妊娠中におすすめの理由は?

妊娠中 ほうじ茶 おすすめ

ほうじ茶にはカフェインが入っているにも関わらず、
妊娠中におすすめと紹介される事が多いです。

その理由について紹介しましょう。

リラックス効果がある

ほうじ茶の香りは脳をリラックスさせる作用があると
実証されています。

妊娠中は疲れやすいだけでなくホルモンの分泌の変化によって
いらいらしたり落ち込みやすかったり…
そんな経験があるでしょう。

つまり、ほうじ茶の香りのリラックス効果は
かなりのメリットであるといえます。

体を温める効果がある

ほうじ茶には体を温める効果があります。

…妊娠中に体の冷えが及ぼす影響として

  • お腹が張りやすくなる
  • つわりがひどくなる
  • 便秘やむくみなど体の調子が悪くなる

など体が冷えてしまうとこれだけの影響があります。
なので妊娠中は体を温めるよう言われているんですね。

よって体の心から温めるほうじ茶は
適した飲み物なのです。

とはいえカフェインも少なからず入っていますので、
多量に飲む事は厳禁とだけ伝えておきます。


スポンサードリンク

ほうじ茶はどの程度なら赤ちゃんに問題ない?

ほうじ茶 赤ちゃん 影響

ではほうじ茶を赤ちゃんに影響なく飲んで良い量は
どれ程のものか紹介していきます。

ほうじ茶に含まれているカフェイン量は先にも紹介した通り

150mlあたり30ml程度です。

妊娠中のカフェイン量は1日200mgまでにとどめる事を
推奨されていますので、

多量に飲むのは厳禁といっても、6杯ぐらいまでなら
特に問題なく飲む事が出来ます。

ポイント

ただ、カフェインを飲むと血圧上昇をします。
妊娠中は血圧が上がりやすい状態でさらに血圧が上がると
母子共に負担がかかってしまうので、
やはり出来る限りカフェインの摂取は控えた方がいいです。

ただほうじ茶を朝、昼、晩と
普通に飲む分に関してはまったく問題ないといえます。

まとめ

ほうじ茶に含まれるカフェインの含有量や
また赤ちゃんへの影響や妊娠中に飲む量について

紹介してきました。

ほうじ茶の効果について紹介してきましたが、
他にも美肌効果や肌や体の老化防止など
様々なメリットがあるんですよね!

スポンサードリンク

ただし、カフェインも入っているお茶であるという事を
しっかり頭に入れておきましょうね!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ