名古屋みなと祭2016の花火の日程は?穴場スポットや混雑について紹介

地元人が紹介する2016年の名古屋みなと祭について紹介。

名古屋みなと祭 2015

愛知の花火大会の中では観客が訪れる事の多い名古屋みなと祭。

花火の打ち上げ数自体はそこまで多くはないのですが、海の日に開催という事で夏休みに入る学生や花火祭りの中では早い方という事で
観客が非常に多いんですよね!

私はちょうどこのお祭りの地元人だからこそいえるのですが、
非常に賑わう反面、帰る時間や場所を間違えるととんでもない混雑に巻き込まれる事を知っています^ ^;

その辺も踏まえて今回の記事では
名古屋みなと祭2016の日程は?
また穴場スポットや混雑について

紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

2016年の名古屋みなと祭の花火の日程は?

名古屋みなと祭の花火の日程

開催日:2016年7月18日(月・祝)
開催時間:19:30~20:20
開催場所:名古屋港ガーデンふ頭
花火の打ち上げ数:約3000発
雨天時:小雨決行。荒天中止。

 

花火の日程についてはこのような感じですね。
雨天の事を気にされる方も多いですが、
多少の雨でも花火は打ちあがります。

ただ、雨の場合花火が雲に隠れて見所であるスターマイン等が多少隠れる可能性があります。

花火が打ちあがるかどうか気になる場合は電話で確認してみるのもありですね!

・海の日名古屋みなと祭協賛会事務局

TEL:052-654-7894

名古屋みなと祭の花火の穴場スポットを紹介

花火が打ちあがるのは名古屋港駅周辺のガーデンふ頭ですが、

名古屋港駅周辺及び
露店が出ている築地口駅~名古屋駅周辺
多くの人に溢れています。

さらに加えて露店が出ている一体は高六太鼓や総おどりの影響で凄い事になっています。
混雑が苦手な方はこの辺りで花火を観覧するのはオススメ出来ません。

穴場スポットについてですが、

まず露店周辺から外れれば人混みは
避けられます。

・例えば

名古屋みなと祭 穴場

赤丸で記したリリーハイツ港周辺の橋は現地の人しかおらず花火もきれいに見えます。

初めて来る方などは場所に悩まれるかもしれませんが、穴場スポットに間違いはないでしょう。

名古屋みなと祭 金城ふ頭

また稲永駅から名古屋港へ通る金城ふ頭より北側周辺もオススメです。

金城ふ頭

赤丸周辺から見える名古屋港なのですが、この辺りから花火を綺麗に見る事が出来ます。

橋周辺は駅の通り道なので混雑するのですが、少し南側に行った場所や少し場所を外れると人通りも少なくオススメです。

また帰り道も稲永駅からの方が近くなり帰り道の混雑も回避しやすいのがポイントですね!
(ただし徒歩10~15分ぐらいはかかる事は頭に入れておきましょう。)

※名四国道周辺の穴場も紹介していたのですが、現地の人しかわからないと思い変更しました。
(オススメはオススメですが、そこまで行くのが大変だと思い穴場から削除しました)


スポンサードリンク

名古屋みなと祭の混雑について紹介

名古屋みなと祭の混雑についてですが、
先ほど紹介した通り露店周辺は非常に混雑します

特に花火が打ち上がる19:30~20:30
非常に多いと思って構いません。

名古屋みなと祭のアクセス方法については

  • 名港線 名古屋港駅(花火会場周辺)
  • 名港線 築地口駅(花火会場徒歩5分)
  • あおなみ線稲永駅(花火会場徒歩20分)
  • ですが、

    名古屋港駅で降りる事はオススメしません。

    会場周辺という事でとても人が多いのです。
    築地口駅も多いのですが、降りてすぐ露店が出ているので祭りの雰囲気を堪能出来る意味においても
    どちらかと言えば、築地口駅の方がいいでしょう。

    また帰り道についてですが、

    花火が終わったすぐは駅の外まで並ぶほど
    混雑します。

    (乗車する前に30分~1時間はかかります。)

    なので混雑に巻き込まれたくない方は

  • 花火が終わる前(出来れば20時前)に電車に乗る。
  • 距離はあるが、あおなみ線稲永駅まで歩く

この二つの選択肢をオススメします。

ちなみに駐車場はほぼないと思ってよく車で来る事はオススメしません。

まとめ

2016年の名古屋みなと祭について紹介しました。

花火の打ち上げ自体は多くはないのですが、スターマインなどはなかなか見所もあり、
露店なども含めお祭り気分を堪能出来る事でしょう。


ただ、露店の場所の割に非常に多くの方が来られるので混雑する事は頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

お祭りを楽しんでいってくださいね^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ