夏風邪は治りにくい?原因となるウイルスや症状、対策について紹介

夏風邪はほっておくと治りが遅くなるので注意!

夏風邪 治りにくい

夏の病気や体調不良というと夏バテが真っ先に思いつきますが、
夏風邪にかかる方も多く、夏バテかなと思いほっておくと症状がさらに悪化する可能性があります。

実際、夏風邪が長引く理由として夏バテと勘違いして何も対策しないのが原因だったりしますしね。

今回の記事では

夏風邪が治りにくい原因と症状は?
また実際かかってしまった時の対策について

紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

夏風邪の症状や原因について

夏風邪 症状

まず風邪というのは8割方ウイルス感染が原因
という事はご存知だったでしょうか?

冬に風邪を起こしやすい原因はウイルスが寒くて乾燥している場所を好む結果、風邪やインフルエンザが流行るのですが、
ウイルスは暑くて湿度も高い環境で生存するウイルスもいるのです。

このような夏に潜むウイルスが起こすのが夏風邪なのですが、
夏風邪の症状としては
下痢や腹痛など胃腸にくる事が多いです。
ほかに症状として倦怠感や微熱も伴ってきます。

「熱は対した事はないけれど、おなかがとても痛い…」
 

そういった症状が発生した場合は夏風邪である可能性が高いです。

子供が冷たいものばかり食べていたから…と言って下痢止めなどを飲ませて安静にさせている方もいますが、

下痢止めではウイルスが外に出ていかないので
結果治りにくい原因となります。

案外この事を知らず対策をしない方が多いですね。

ポイント
単純にお腹を壊したと考えるだけでなく、夏風邪の可能性も考え
早いうちに病院に行かれた方がいいでしょう。

夏風邪は温度差や食欲不振でかかりやすくなる。

夏風邪の症状と原因はわかりましたが、
そもそもウイルスに感染して夏風邪になってしまう根本の原因とはなんでしょうか?

原因は色々なパターンがありますが、
主な原因としてはエアコンによるものと食欲不振による免疫力の低下が原因です。

  • エアコンによる要因
  • 初夏を越えたあたり、最近では場所によってはGWを超えて少し経ったあたりから真夏日になる事もあり
    クーラーをつける会社や家庭が多くなってきます。

    クーラーをつけるという事は部屋の中が乾燥しますよね。
    つまりのどの粘膜の防御機能が低下する事によって夏風邪にかかりやすくなるのです。

    クーラーをつけると体調を崩しやすくなるのは温度差によるものとウイルスに感染するパターンがある
    という事を覚えておきましょう。

  • 食欲不振による要因

暑くなると飲み物ばかり飲んで食欲不振になる…という方はけっこういますよね。

食欲不振に陥ってしまうと、体の中の免疫力が低下して体からウイルスを排除しよう!

…という力が失われてしまい、夏風邪になる原因の元になってしまいます。

免疫力の低下は夏風邪を引くだけでなくほかの症状も引き起こしてしまう為
出来る限り食欲不振にならないようにしたい所ですね。


スポンサードリンク

夏風邪の対策について

まず、ひとつ抑えておきたいのは
夏の風邪のウイルスを撃退する薬はまだないという事です。

つまり薬局に売られている一般的な風邪薬では効果が薄いです。
(そもそも冬の風邪と夏の風邪では症状に違いがありますしね)

病院にいって診断をしてもらった後、熱や抵抗力を上げる薬などを貰ってその後に自然治療を行いましょう。

・自然治療といえば、

  • 睡眠をしっかり取る事
  • 体を休める事

ですが、この時にクーラーをガンガンにかけてしまうと余計に悪化させる原因になります。(冷えすぎ注意)

夏風邪にかかり自然治療するのであれば

出来る事ならば扇風機で過ごす。
クーラーをかけないと汗を多量にかいてしまうようなら
温度を高めにして弱めにしてつける

ぐらいにしましょう。

また下痢により水分が大量に取られ、軽い脱水症状を起こす方もいます。
特に夏場は汗もかなりかきますので
水分補給もしっかりとりましょう。

夏風邪の治し方については別記事でまとめました。

関連記事夏風邪の治し方について

まとめ

スポンサードリンク

夏風邪が長引く原因や治りにくい理由、
また原因や対策について紹介してきました。

夏場は特に暑く昔に比べて猛暑の日も多くなってきました。

だからといってクーラーのかけ過ぎや食事を食べない事は、病気にかかりやすくなってしまいます。

しっかり食事を取り、普段から免疫力を下げないようにしましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ