東京湾花火大会2015の日程は?穴場やオススメスポット、アクセス方法について紹介!

2015年の東京湾花火大会の日程やアクセス方法について紹介!

東京湾花火大会 2015

関東の花火大会でも人気なのが東京湾花火大会。

毎年70万人もの観光客が集まる程の人気で
他県から東京観光の一つとして花火を見る方も
いるようです。

2014年は台風の影響などもあり残念ながら
中止となりました。荒天の場合どうなるかも
チェックしておいた方がいいでしょう。

今回の記事では

2015年の東京湾花火大会の日程は?
また穴場やオススメスポット、アクセス方法について

紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

2015年の東京湾花火大会はいつ?

2015年の東京湾花火大会の日程について
日時:8月8日(土)
開催時間:19:00~20:20
打ち上げ数:約1万2000発
打ち上げ場所:晴海ふ頭公園 周辺

荒天時 翌日9日(日)に延期
両日とも荒天の場合中止

となっています。

多少の雨でしたら開催されると思いますが、
去年みたいな荒天の場合中止になってしまいます。
(確か午前10時ごろに発表されていました。)

当日もし雨が降っていて開催されるか不安の場合は
電話で確認した方が良いでしょう。

連絡先:東京湾大華火祭実行委員会

TEL:03-3248-1561

2015年の東京湾花火大会の穴場やオススメスポットを紹介

毎年多くの観光客が訪れるので花火会場に近づけば近づくほど
混雑が激しくなります。

なので毎年オススメスポットや穴場スポットを
探されている方も多いと思います。

では個人的オススメスポットについて
紹介したいと思います。

  • お金をかけてもいいのであれば
東京湾花火大会は協賛会場があり
お金を払えば(1口5000~7000円
花火をかなり良い場所で見る事が出来ます。

協賛会場は

  • 晴海個人協賛
  • 日の出会場
  • 豊洲第一会場

の3ヶ所の会場がありますが、
その中でもオススメは日の出会場です。
レインボーブリッジも見ながら鑑賞出来る花火は美しく
見ごたえがあります!

ただどの会場も綺麗に見えるとだけお伝えしておきます。

スポンサードリンク
  • 穴場スポットに関しては

JR浜松町駅~東京メトロ大門駅周辺
世界貿易センタービルを押します。

駅周辺からはそこまで混雑せずに見られる上に
花火の視界が良好です。

世界貿易センタービルは展望台から見渡す花火は
非常に綺麗に見る事が出来ます!

ただし、こちらは花火1時間前ぐらいから毎年入場制限
かかりますのでその前から現地入りする事をオススメします。

東京湾花火大会のアクセス方法について

東京湾花火大会会場周辺のアクセス方法について
紹介します。

    最寄り駅

    東京メトロ有楽町線 豊洲駅:徒歩25分
    都営大江戸線 勝どき駅:徒歩15分
    東京メトロ有楽町線・都営大江戸線 月島駅:徒歩25分

     

    電車で来る際の注意点

    観光客が非常に多い為駅周辺は非常に混雑します。
    (会場から一番近い勝どき駅は特に)

    なので友人など誰かと集合する際は
    会場の駅周辺よりも前に集合しておく事を
    オススメします。

    まとめ

    東京湾花火大会2015の日程や
    穴場、オススメスポット、アクセス方法について
    紹介してきました。

    去年は残念ながら中止になった分
    今年は晴れて開催して欲しいものですね!

    ただその分花火を見る方も多いと思いますので
    混雑に巻き込まれて迷子にならないよう
    対策を考えておきましょうね^ ^

    スポンサードリンク
    スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ