PICOL(ピコル)の登録と使い方を紹介!実際に試してみた。

PICOL(ピコル)の登録と使い方について

PICOL(ピコル)

買取アプリで新たに登場したアプリサービスであるPICOL(ピコル)

ここ最近こういった「即時買取」サービスが登場してきていますよね。

その中でもPICOL(ピコル)は商品の読み取りから買い取りまで非常に手軽そうだったので

実際に登録と使い方などについて実践してみました。

スポンサードリンク

PICOL(ピコル)ってどういったサービス

疑問

ではまずPICOL(ピコル)とはどういったものかについて確認していきましょう。

冒頭でも触れましたが、PICOLは「即時買い取りサービス」

①手元にある商品のバーコードをスマホに当てて

②商品の買取値段が表示。

③買取金額に問題がなければユーザー情報と集荷日時を設定

④送料無料で集荷してもらえる。

といったサービスです。後で実際に試した結果を紹介してみますが、

「手元にある商品から集荷までの段取が非常に手軽」

といった事はメリットの1つでしょう。

こういった買取サービスって結構めんどかったりするんですよね 汗

それがバーコードを読み取るだけで商品確認が出来集客までしてもらえるのはとても楽チンです♪

ただ、実際に使ってみた所注意点、というか気になる点もありました。

これについては少し長くなるかもしれないのでまずは登録と使い方を紹介してから記載したいと思います。


スポンサードリンク

PICOL(ピコル)の使い方、登録について

では実際に試してみたので、ひとつずつ確認していきましょう。

①アプリをダウンロード

まずはPICOLをダウンロードしましょう。→PICOL(ピコル)-バーコードをピコってお金に変えるアプリ

で、まとめていて気付いたのですが、これAPP STOREからしかダウンロード出来ないんですよね 汗

今後事業が拡大すればアンドロイドからでも出来るかもですが、現在はiphone専用のようです。

ダウンロード後PICOLの説明後、電話番号の登録→認証があります。電話番号登録後、番号が記載したメールが届きますので入力しましょう。

②バーコードの読み込み→情報登録

では実際に商品を読み込んでいきましょう。今回試した商品はこちら

1

・ beatmaniaIIDX 16エンプレス+プレミアム ベスト

もう大分前の商品ではありますが、CSではこの商品が現状最後の商品という事もあり、値段が落ち着いてきましたが、今でもプレミアム価格のしているアイテムです。

では実際にこちらのバーコードを読み取りをしてみましょう。

1

・ 赤枠の部分をタップ

1

するとカメラに切り替わるのでバーコードを枠に納めましょう。

1

商品が判定してもらえます。こちらについてはすぐ商品判定してくれましたね。

状態を選択して確定ボタンを押しましょう。

ちなみにですがコンディションによって値段が変わるようでこの商品に関しては
  • キズアリで完品の約7割
  • 欠品ありで完品の約1割

といった感じですね。これは全ての商品が同じか不明なのであくまで参考程度にしていただければと思います。

1度に送れる数は不明ですが、何点かまとめて送る事が出来そうです。

商品を確定したら査定結果をタップ→値段が表示されるので納得したのであれば換金ボタンを押しましょう。

③個人情報登録から出荷へ

問題がなければこのままユーザー情報登録画面から出荷日時を登録していく事になります。

1

間違いの無いように登録していきましょう。

1

またおそらく初回のみだと思われますが、本人確認が求められます。

・免許証
・パスポート
・健康保険証

などお持ちの証明書となるものを提出しましょう。

で、最後に集客日と時間を入力して完了です。

初めて利用してみましたが、買取までの流れが非常にスムーズで使いやすいといった感じでした。

今まで商品を売るにはオクやメルカリなどで販売するか中古買取商品まで持ち込みに行かなければならなかったのですが、即時買取なので手間が減った印象はありましたね。使いやすさは抜群かと思います。

PICOL(ピコル)のデメリットについて

という感じでサービスの紹介や登録方法などについて紹介してきましたが、

使ってみてデメリット…というかうーん、微妙かなと感じた部分がなかったわけではないので紹介していきます。

①3000円以上でないと換金出来ない

まず思った事が3000円以上でないと換金出来ない点。

送料無料で出荷に伺ってもらえるので数百円程度では無理かなぁとは初めから思っていましたが

バーコードで読み取れる商品で3000円以上の買取って以外と商品数が必要なケースがあったりするんですよね。

なので値打ちのある商品をお持ちでない限りは数勝負で利用した方が良いでしょう。

②買取価格が低い?

これはあくまで個人的感想なので参考程度にしていただけるとありがたいのですが、

今回利用した商品って中古でもアマゾンで中古購入しても1万円を越える品物なんです。

それに対して3分の1以下の3、500円は少し買取価格が低いように感じました。

これはサービス自体リリースしたばかりで価格も抑えているからかもしれません。今後に期待したいですね。

③バーコード商品以外は買取してもらえない

これはサービスの都合上どうしようもないのですが、バーコードがある商品以外は買取出来ません。

主な利用はCDやDVD、ブルーレイ、ゲームが主流といった感じでしょうか。なので買取してもらえる商品は限定的という事を覚えておきましょう。

最後に


スポンサードリンク

PICOL(ピコル)の登録と使い方について紹介してきました。

実際に使ってみましたが、やはり手軽で即金性は高いサービスだなというのは感じました。

ただ買取価格や商品が限定的といった点もあるのでそれを考慮しつつ利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ