こと座流星群2018の時間や方角、観測方法をチェック!

こと座流星群2018の時間や方角、観測方法について

流星群

主要流星群の一つであること座流星群。

現在では「4月こと座流星群」が正式名称ではあるのですが、4月をつけずこと座流星群で名を知っている方が多いですね。

流星群を見たいなぁとは思うものの、見る日にち、時間はいつ頃が良いのか気になりますよね。

という事で2018年のこと座流星群の時間や見ごろ、また観測する際の注意点などについて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

こと座流星群2018の時期、時間について

まずはこと座流星群が確認出来る時期と時間について確認しておきましょう。

出現期間:4月16日~25日
極大時刻:4月23日03時頃
見ごろ:日本時間で4月22日23時頃~23日明け方
見る方角:周りが明るくなければ方角としてはどこでも良い

参照流星電波観測国際プロジェクト 4月こと座流星群(Lyrids)

となっています。

出現期間としては10日間ほどあるのですが、多く見られるのは極大時。

つまりその日の深夜~明け方が見ごろとなるんですね。

期間中まったく見られないわけでもないですが、3大流星群に比べれば流れる数も少なめ。

なので流星を拝みたいのであれば見ごろとなる時間帯に観察するようにしましょう!


スポンサードリンク

こと座流星群を観測する際の注意点

では見ごろの日にちを確認した所で観測する際の注意点について確認していきましょう。

当日の天気をチェック

天気

当然ではありますが、当日の天気をあらかじめチェックしておきましょう。

こればかりは運なのですが、天候が悪ければ当然ながら流星群を観測する事が出来ません。

雨は当然ながら雲りがちでも厳しいですね。晴天になる事を祈りましょう。

防寒対策を用意

寒い 寒さ

4月なのに防寒対策が入るの?

と考える方もいるかもしれませんが、夜はまだまだ十分寒くなるんですよね。

参考程度にですが、4月下旬の東京の最低気温は10~15度。

その状況下で動かず何時間もいるとしたら相当な寒さを感じる事となるでしょう。

  • 厚手の服装を用意
  • 寒い地域であれば手袋やマフラーなども準備した方が良いかも
  • 暖かい飲み物を用意する

などある程度の防寒対策を用意するようにしましょう。

光が当たらない場所で見る。

高い山で見る必要とかはないのですが、やはり光の多い所ではNGです。

星とかの観測とかでもご存知かと思うのですが、周りに明るいものがある分それだけ流星群が見えにくくなってしまうんです。

電灯などに比べて光としては弱い光なので、出来る限り暗い場所が良いのです。

なので見る場所のポイントとしては

  • 光が出来る限り少ない地域(深夜なので治安の確認もしておきましょう)
  • 広い視野が見られる場所
  • 建物がない場所ほど○

といった感じでしょうか?この条件を満たすと空気も澄んでいる山付近が良いという話になってくるのですが、

上記の条件が揃っていれば問題ないでしょう。

肉眼で見るのが○

おそらく天体観察で星を観測する際に望遠鏡や双眼鏡を利用する事から

流星群でも利用した方が見れるの?というとそういうわけではありません。

というのもいつ出現するかわからない状況下で望遠鏡や双眼鏡を使用してしまうと視界が狭くなりかえって観察しずらいといった事もあります。

なので結局は広い視野で見る事が確認出来る肉眼が○なんです。さきほどの見る条件であった広い視野が見られる場所というのもそういった事情です。

流星群の見方について

観測の仕方についてですが、目が明るいのに慣れてしまっているので15分~20分程度は目を慣らす必要があります。

始めは星とか見えないけど、次第に見える量が増えてきたように感じるのは暗いのに目が慣れてきたって事なんですね。

目が慣れてからは広い範囲でぼんやりと眺める感じで景色を眺める。

といった感じになります。1箇所を集中して見ると視野が狭くなってしまって見逃してしまうんですよね。なので範囲を広めに見れるようにぼんやりと見るようにしましょう。

なたオープンカーなどがあれば前座席で見れて○

なくてもリクライニングベッドを利用したり、寝袋を用意して地べたで見る感じになるでしょうか。

流星群といってもたくさん流れるわけではないのでじっくり観測するような気持ちで見るようにしましょう。

まとめ


スポンサードリンク

■ 観測タイミングは 日本時間で4月22日23時頃~23日明け方

■ 防寒対策を忘れない事

■ 光が出来る限り少なく広く見渡せる場所で見る

■ 目を慣らすためにも最低15分~20分は必要

こと座流星群2018の時間や方角、観測方法について紹介してきました。

流星群について色々と紹介してきましたが、天候が良くなるのを祈るばかりですね。

4月とはいえ夜はまだまだ寒いので防寒対策だけはしっかり行うようにしましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ