体育の日 2017年はいつ?意味や由来、晴れやすいって本当か調べてみた。

2017年の体育の日はいつ?

体育の日

祝日の一つである体育の日。

体育の日は運動会の開催なども多く運動をするようなイベントが多く見受けられますね。暑さも落ち着き運動もしやすいシーズンなんです。

ただ、この体育の日。運動関連の祝日なのはなんとなくわかっているけど、どういった由来があるのか。

といった事をご存知でない方も多いのではないでしょうか?

という事で今回は2017年の体育の日はいつか?また由来やイベント、また晴れやすいかどうかについて調べてみました!

スポンサードリンク

2017年の体育の日について

ではまず2017年の体育の日について確認しておきましょう。

体育の日は現在10月の第2週の月曜日と定められています。

つまり2017年で言えば10月9日になりますね!

体育の日 2017

第2週の月曜と決まっているので3連休となる方が多いのではないでしょうか?

体育の日という事で運動会や運動の行事に参加される方もいますが、普段仕事でお疲れ気味…

といった方はこの休みの間にしっかりと体を休めたい所ですね。

以前は10月10日であった

ご存知の方もいるかと思いますが、体育の日は以前は10月10日と決まっていました。

ただ祝日の一部を月曜にする事で余暇を過ごしてもらおうという趣旨でハッピーマンデー制度が出来て今の形になったんですよね。

その事から体育の日の際は3連休になるというわけです。

他には「成人の日」「海の日」「敬老の日」などがハッピーマンデー制度の対象となっています。

ただ体育の日の由来を考えると体育の日がころころ変わるのは複雑な気持ちになると考えていた人もいるようです。

もちろん土日休みの方は3連休になって喜んでいた人もいましたが 笑

体育の日の由来について

では体育の日の由来について紹介していこうと思います。

先ほども紹介した通り元々体育の日は10月10日だったわけですが、この日は東京オリンピックの開会式の日だったのです。

日本で初めて行われたオリンピックという事で日本で多いに盛り上がり初のオリンピックという歴史を称えて「体育の日」と名づけ祝日となったわけです。

ちなみに東京オリンピックでは柔道が正式種目となり4階級のうち3階級で金メダルを獲得。

また女子バレーで金メダルを獲得。「東洋の魔女」と呼ばれたのも東京オリンピックでの活躍によるものですね。

体育の日の意味について

国民の祝日に関する法律によると体育の日は「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」とされています。

その事から運動会を開催される学校が多く、出雲駅伝などのスポーツイベント、健康診断やスポーツ施設の割引または無料開放など運動に関する様々な出来事が開催されています。

普段運動をしていない方もこの機会に運動を始めてみるのも良いかもしれませんね^ ^


スポンサードリンク

体育の日は晴れやすいかどうか調べてみた

体育の日(10月10日)は晴れやすいって事を聞いた事はないでしょうか?

  • 運動的な行事が多い事から晴れて欲しいという願望
  • 体育の日は特異日(晴れやすい、雨が多いなどの確率の高い日)だから晴れやすい

など噂の範疇で実際は「晴れやすいの?どうなの?」って感じですよね。

今となっては10月の第2週の月曜日となったので年によって異なりますが、以前は固定だったという事で10月10日で調べてみました。

という事で東京の過去の天気をgoo天気で調べてみたのですが。

体育の日

出展:goo天気 過去の天気 10月10日

うん、微妙!

といった感じが個人的な感想です。(一応5年程現行の体育の日にちで調べてみても曇りが多く天候は微妙でした 汗)

雨の日が多いわけではないですが、曇りが多くすっきり晴れた日が多い感じには見えませんね^ ^;

その事から晴れの日が極端に多い「特異日」って感じには見えなさそうです。

やはりこういった事は過去のデ-タを参照にするのが一番ですね。とはいえやはりスポーツ事の行事が多い体育の日。

すっきり晴れて欲しいというのは心から願うばかりですね。

まとめ


スポンサードリンク

  • 体育の日は10月の2週の月曜日
  • 元々は10月10日だったがハッピーマンデー制度が出来て今の形となった
  • 体育の日の由来は東京オリンピックの開会式の日。日本で初のオリンピックという事もあり祝日とされた
  • 体育の日が晴れやすいというのはなんともいえない。ただ晴れて欲しいという願いは大きい

といった感じで体育の日について紹介してきました。

最近ではなかなか運動する機会がなく体が訛っているという方も多いという声があります。

運動の日を機会に体を動かす機会を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ