パスポートとビザの違いって何?わかりやすく紹介!

パスポートとビザの違いとは?

パスポート

初めて海外旅行。色々と準備をしていてうきうき気分になりますよね!

ただ海外旅行に必要なパスポートとビザ。この違いって何だろう?と疑問に思うかもしれません。という事でパスポートやビザについての解説やその違いについてわかりやすく紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

パスポートとはどういうもの?

パスポート

パスポートとは、ざっくりいえば日本政府が発行する国際的に通用する「身分証明書」です。世界で通用する「身分証明書」になり、海外に行く場合は必ず「パスポート」は必要になります。

海外滞在時での(国籍・氏名・年齢)などについて、本人確認を証明し保護をお願いする内容が表記されていて、海外での命の次に重要な証明書と言えるでしょう。

世界中の国では、海外からの入国や滞在時に許可する条件の中に、パスポートはいつも携帯し提示する事を義務付けられています。

どんな時にパスポートが必要…?

パスポートは国内からの出国時は勿論ですが、帰国時にもパスポートは携帯し、提示する事が義務付けられているのです。

パスポートが無い場合は、日本国内出国する事はおろか、他国へ入国は出来ないのです。

また、海外に滞在中にトラブルなどに巻きこまれてしまった時なども、提示を指示される場合が有りますが、海外では自分の(国籍や氏名、年齢)などを証明できる命綱となるのです。

パスポートの項目には、日本国外務大臣名で「日本国民であるパスポートの所持する事で」通路に支障なく旅行させ、さらに必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する。」と言った、「保護要請文」も表記されています。

*パスポートの提示が必要な場面は

①空港での出入国審査で提示
②ビザ(査証)の申請が必要な時に提示
③国際線で飛行機に乗る時や外国のホテルを利用する時に提示
④国外のホテルにチェックイン時に提示
⑤国外で警察官から身分証明書の提示を要求された時

以上の様に、国外ではパスポートは必須になり、常に携帯する事が義務とされています。

だからこそパスポートは無くさないようしっかり管理する事が必要なんです。

パスポートの発行に必要なものは?どこで手に入る?

チェック

といった感じにパスポートについて紹介しましたが、ではパスポートの発行の流れについて確認していきましょう。

まずパスポートの発行方法についてですが、自分が住んで(住民登録がある場所)いる、都道府県にパスポート発行窓口があるので、ここでパスポート申請をお願い出来ます。

このパスポート発行窓口に行き申請してパスポートが発行されます。

パスポート申請時に必要な書類

①一般旅券発給申請書…1通 (申請窓口で受け取る事が出来ます)
②戸籍謄本…1通(※6ヶ月以内かつ本籍地変更後のもの 本籍のある市区町村の役所
③住民票の写し…1通 (これは省略できる場合もありますが手に入れておいた方が無難)
④写真…1通(縦4.5 横3.5で背景に何もうつっていないもの)
⑤本人確認書類 (マイナンバーカードや免許証や保険証等)

といった感じですね。戸籍謄本で他県に引越ししても本籍を変更していない場合、本籍のある役所に行かなければいけないので注意!

書類を提出して申請完了です。提出後に受け取る際の受領証をいただけます。

すぐにパスポートをもらえないのでこの点も注意が必要ですね。

受取痔に必要なもの

①申請時に窓口で渡された受領証
②手数料 (通常は収入証紙や収入印紙になりますが、現金を徴収される場合もあります)
・金額は滞在年数や年齢により異なります。
③パスポートの受け取りは、申請終了後およそ1週間位必要となります。
 (土曜、日曜、祝日は含まれていません)
 
例えば、どうしても窓口に行く事が出来ない場合には、本人確認書類や必要書類を全て揃えると、代理提出をお願いする事も出来ます。

すでにパスポートがある方は

すでにパスポートをお持ちの方はまず残存有効期間をチェック!

パスポートには有効期限がありますので切れていたら当然出発の際にひっかかります。もし、うっかりして有効期限を切らしてしまった…とならないように有効期限をしっかりチェックしておきましょう!


スポンサードリンク

ビザとはどういうもの?

ビザ

画像参照:http://lisarhythm.us/us-visa-2/

ビザとは、自分が行きたい目的地の国の在日大使館や領事館などで、入国する事を認められる査証になります。

一般的には、パスポートの査証欄に承認スタンプを押すかシールを貼る場合もあります。

ビザには様々な種類(観光ビザ、商用ビザ、学生ビザ、就労ビザ)等があり使用目的によって内容は異なって来ると言った訳ですね。

でも、全ての国でピザが必要な訳ではなく、3ヶ月以内の観光目的の場合などはほとんどの国ではピザは必要とされていないそうです。

ただ留学の様に長期に渡る滞在目的の場合は、学生ピザは必須になります。

日本ではビザのなじみがない理由

ただビザって必要なの?パスポートだけで問題なの?

と疑問に思う方もいるかとおもいます。それもそのはず。日本のパスポートは非常に信頼が高いからです。

日本が観光目的でビザなしで行ける国はおおよそ170カ国(2016年時点では173カ国で同率5位)

つまりほとんどビザがなくても観光出来るというわけです。それだけ信頼されているという証拠ですね。とはいえ先ほど紹介したように長期にわたる場合はビザが必要で

・留学なら学生ビザ
・仕事なら就労ビザ

とビザが必要になってくるので実際に海外に働く際はビザの申請をするようにしましょう。

良く分からなくて、どうしていいか不安な場合には代行業者に頼む事も出来るので安心ですね。

最後に

パスポートとビザの違いについて紹介してきました。

日本だと観光の場合パスポートだけで旅行出来るのでなじみがないですが、海外で働くとなると大抵の場合はビザが必要になってきます。

スポンサードリンク

ビザは各国大使館・領事館に行き申請書に記載して発行してもらいます。国によって写真サイズなども違う事がありますので詳しい事は申請する前にまず電話等で確認してみましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ