風邪で関節痛もひどいが熱がない事も?原因や対処法について

風邪で関節痛もひどいのに熱がない事もある?

疑問

風邪を引き熱がある時に体中の関節が痛くなる事を感じる人は多いですね。頭痛とか鼻水などに起こっている症状は、風邪ウイルスとか細菌の為に起こる事は分かっています。

風邪の時の関節の痛みは、細菌やウイルスではなく、違った原因で起こると言われているのですが、風邪の時の関節痛はどうして起こるのか原因や処置について調べて見ましょう。

スポンサードリンク

風邪で関節痛になってしまう原因とは?

チェック

風邪の時に発生する関節痛は、体内で分泌されている「PGE2(プロスタグランジンE2)」が大きく関係していると言われています。

*実は関節痛は「安静にしてください…!」のと勧告しているのです
ウイルスとか細菌に感染すると、白血球から排出される「サイトカイン」と言った物質が、風邪ウイルスから身体を守ろうとして排出されています。

身体を守ろうと頑張りすぎて過剰に排出する事があるのですが、「サイトカイン」が過剰に出される事で臓器は正常な機能が出来なくなる場合が有るのです。

「サイトカイン」の排出量をコントロールする為に分泌を始めるのが「PGE2」になります。

「PGE2」が「サイトカイン」の排出を抑制する事で、身体の節々の関節が痛みや熱を出す働きをしている為に関節痛のような痛みを発するというわけです。

と言う事は、関節痛は風邪を引いた時に身体の免疫細胞がウイルスと戦っている痛みとも言え、PGEが関連した、自分自身の身体を守る時に引き起こす痛みと言えるのです。

関節痛が長く続く時は注意…!

チェック

風邪を引いた時に感じる関節痛の場合は、風邪の症状が軽くなるにつれて痛み治まってきますが、風邪の症状は治って来ているにも関わらず関節痛だけが残ってしまう。

もし、その様な症状がいつまでも治まらない場合には、膠原病にかかっている可能性があります。

*膠原(こうげん)病とは…

自分自身の身体を、自身の体の免疫機能をコントロールできなくなり攻撃をする病気なのです。

症状の特徴としては

  • 原因の不明の発熱
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 疲れやすい

といった特徴があります。

この様な症状を感じた場合は、出来るだけ早めに医師に相談する事が必要になります。

熱がない場合について

と、風邪で関節痛の痛みについて紹介してきましたが、風邪を引いても熱が出ない場合がまれにあります。

原因として考えられるのが

・薬を既に飲んでいて解熱作用のある効果がある成分が含まれていた
・関節痛が先に出ていて時間差で熱が出る

といったケースがあります。前者である事が多いですね。

ご存知でない方も多いのですが、風邪薬には解熱鎮痛作用や喉の炎症を抑えたりはするのですが、ウイルスそのものには効果がありません。結果関節痛の痛みがあるけど熱が出ないケースがたまにあります。

ウイルスに効果がないので飲まないという意見がありますが、薬で症状を和らげた方が食事や睡眠を取れて結果的に早くなる事もあります。なので風邪で症状が辛い場合は薬を飲むようにしましょう。


スポンサードリンク

風邪の際の関節痛の治し方について

チェック

風邪をひいてしまった時に感じる関節痛は免疫細胞が風邪と戦っている事が原因と分かりましたが、少しでも早く痛みを止めたい場合には、一日も早く風邪を治す事が大切です。

症状が回復すればサイトカインの分泌が収まっていきPGE2も分泌されなくなるというわけです。

また、熱が38度以上あり、関節痛やだるさなどが見られる時には、インフルエンザの可能性も考えられるので、病院に行き必要な処置をする事で関節痛も治まって来ると思われます。

関節痛を和らげるには

風邪を引いた事で起こる関節痛には、幾つかの和らげる方法があります。

冷やす

関節痛のひどい痛みを感じる部分に、冷やしたタオルなどで冷やすと一時的ではありますが関節痛を緩和する事が出来ます。

とはいえずっと冷やしておくと免疫機能の低下を起こす可能性もあるので、どうしても痛い場合に行うようにしましょう。

風邪を早く治してあげる

上記でも紹介した通り風邪を引いた事で、関節痛は起こっているので風邪を治す事で痛みも治まるでしょう。

*風邪を早く治す為には

①うがいをこまめに行う
②体を休める事で免疫細胞は上がるので睡眠を多くとる
③こまめな水分補給をする
④胃に負担を掛けないように消化のよいものを食べる
⑤仕事などを考えすぎない(ストレスも免疫力の低下の原因となる)
⑥栄養のある食べ物を摂取する

といった事があります。

これらに気をつけ行う事で、免疫力の向上にもなるので風邪の症状は落ち着いてくるでしょう。

時に関節痛が激しい事がありますが、その様な時にはあまり我慢をしないで鎮痛剤の使用をお薦めします。

食事についてやコンビニで購入出来るもので有効なものについては別記事でまとめているのでそちらを参照ください。

関連記事風邪を早く治す方法は?栄養ドリンクなどコンビニで手に入るものならこれ

風邪に即効性のあるものは?

チェック

風邪を出来る限り早く治したいという考えの方も多いでしょう。その事から即効性のある方法を知りたいと思います。

ただ一番早く治す方法としては栄養補給や身体をしっかり休めて免疫力を高める事です。風邪というのはそもそもウイルスが原因であるので、免疫力を向上させて体内から排除させる事が一番なのです。

痛みを軽減させるのであれば

とはいうものの風邪をひいていると症状は辛いもの。痛みを軽減する方法であればあります。

風邪の症状には「熱や頭痛、激しい咳やくしゃみ」だったり「鼻水、鼻づまり」等などの症状が見られます。

その他に、「寒気や喉の痛み」などがあります。

中でも、「喉の痛み」が激しい時はかなり辛く感じます。なので痛みを緩和する方法を紹介していきます。

のど飴(蜂蜜入り)

のど飴を舐めると唾液の分泌が良く、喉を潤してくれます。

生姜湯

もともと生姜の成分には、喉の痛みを和らげてくれる成分が入っていると言われています。

また、生姜を身体に取り入れる事で身体を温め、食欲増進効果もあると言われています。

大根

大根には酵素が沢山含まれている事で、喉の炎症を治める効果があり、食べ物の消化を良くする効果もあるので、風邪の時に食べると良い食材と言われています。

ネギ

夜寝る前に、黒く焼いたネギを喉にタオルで巻き付けて寝る事で、翌朝には喉の痛みがかなり治る効果があります。

暖かい緑茶

少し熱めにしたお湯と緑茶には殺菌効果があると言われていますし、温かいお湯を飲んだだけでも喉の痛みは和らぐと言われています。

蒸気をあてる

症状があまり重症ではない時に、お風呂に入るだけで口から喉に蒸気を取り入れるように、大きく深呼吸する事で喉の殺菌も出来て喉を適度に湿らす事にも効果があります。

のどスプレー

とにかく早く痛みを治めたい時、即効性を求めるとしたら、これが一番だと思われます。

通常に市販されている喉スプレーで十分に効果は発揮してくれますし、喉の痛みをとるには喉を乾燥から守り、常に湿らせて冷やさない事が大切です。

出来れば加湿器を利用し、乾燥にも気を配ると更に効果的ですね。

市販の風邪薬を購入する際について

薬

熱がひどく熱を抑える為に市販薬で治したい…。

と感じた場合購入前にまず薬剤師にどういった薬が良いのか相談しましょう。

というのも風邪薬にも色んな種類があり

・解熱鎮痛作用
・鎮咳作用
・喉の痛みに効果が高いもの。

と、市販薬でも効き目が違うのです。そんな中パッケージなどを読んでもこれが今の現状の自分に一番効果があるものかどうかは判断がつきにくいわけです。

もし購入する場合はまず薬剤師に症状などを伝えて特に効き目のあるものなどを相談しましょう。後は上記で説明した通りゆっくり休んで回復させましょう。

最後に

風邪による関節痛の痛みの原因と対処法。熱が出ない事もあるのかどうかについて紹介してきました。

スポンサードリンク

インフルエンザで関節痛になる事もありますが、原因としては同じで免疫機能が働く事が原因で起こるものでむしろ治す意味では正常に働いているといえます。なのでしっかり休んで痛みがひどい場合は上記のような対処法でしっかり休むようにしましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ