ビュッフェとバイキングの違いとは?由来についてもチェック

ビュッフェとバイキングの違いについて

疑問

ホテルに宿泊する際の食事でする際に人気のビュッフェやバイキング。

少し前までは、「バイキング」で好きな物を好きなだけ頂けるのが良いと聞いていましたが、最近では「ビュッフェ」と言った言葉もよく耳にする様になりました。

ただ「バイキングとビュッフェ」の違いって何だろう?って疑問に思った事はありませんか?

という事で今回は、そんなビュッフェとバイキングの違いや由来などに付いて調べてみる事にしました。

スポンサードリンク

ビュッフェとはどういったもの?

ビュッフェ

ビュッフェとはフランス語で「飾り棚」の事になります。上の段は棚になっていて、下の段に扉になっている飾り棚を「ビュッフェ」と呼んでいたそうです。

この棚の上にちょっとした料理が置かれていて、みんなで立ったまま食べたのが始まりだそうです。

「ビュッフェとは自分の好きな物を取って立ったまま食べる」場合に使われる様になったのだそうです。

このスタイルは本来のビュッフェだけに留まらず、カウンターを利用され列車などでもこの形式で食事が行われ、現在も列車ではビュッフェと言われているのですね。

※この場合、背もたれがない椅子を使われる場合もある様ですね。

それに対してバイキングは?

バイキング

参照元:高山グリーンホテル バイキング 「グリーンドア」

バイキングとは「食べ放題」と言った意味を表す言葉になりますが、根元は西ヨーロッパの海賊をバイキングと言っていたのですが…、料理との関連は全く思われません。

それではなぜ、食べ放題の言葉がバイキングと呼ばれる様になったのでしょうか?

それは、1957年に日本のある一流ホテルの支配人が、デンマークを旅行中にスウェーデン料理「スモーガスボード」を食べた事が始まりです。

実はこの「スモーガスボード」がビュッフェ形式で食べ放題だったのです。

早速、日本に取り入れようとしたのですが、呼び方が難しい事に気が付き親しみ難いのではと考えていたのです。

丁度日本では「バイキング」と言った映画が上映さえており、豪快さなどから「バイキング」と名付けられ日本独自のネーミングとなったと言われています。なので世界的にはこの呼び名で使われる事はほとんどないので注意が必要ですね。

ビュッフェとバイキングの違いについて

チェック

一般的なコース料理ではなく、並べられた料理の中から選んで食べる形式の事を、「ビュッフェ」とか「バイキング」と呼ばれています。

ビュッフェについて

列車で移動中などに簡易の食事をする食堂の場合に使われています。

セルフサービスで「立ったまま食事をする」と言った意味に大きな目的があり、時には食べ放題の場合もあるのですが、いつも食べ放題と言った訳ではありません。

とは言ったものの日本のホテルではビュッフェでも食べ放題である事が多いですね。ただ頭の片隅に食べ放題ではない事もある事を覚えておきましょう。

バイキングについて

「バイキング」については、前項でも少し触れましたが、「食べ放題」の食事と言えば「バイキング」として知られています。

ただ、「バイキング」=「食べ放題」で伝わるのは日本だけですが、ハワイや韓国では日本人向けのお店で、しかも一部のお店だけで使われています。

近頃では、国内でも「バイキング」ではなく、並べられた料理の中から好きな物を選んで食べる場合には「ビュッフェ」と呼び、決められた時間に好きな料理を好きなだけ食べる場合を「食べ放題」と区別するお店も増えています。

ホテルの朝食や焼き肉、またはスイーツ等など様々な分野で「食べ放題」として人気があります。

というわけで

  • 日本ではビュッフェもバイキングも似た意味で使われる事が多い
  • ただバイキングは日本独自の呼び名で世界では通じない
  • また海外ではビュッフェは食べ放題というわけではない事もある

といった感じでしょうか。日本では似た意味で使われる事が多いので違いって何だろう…

と疑問に思う方も多いのですが、実はこういった違いがあるんですよね。海外に行く際などは少し注意が必要になってくるかもしれませんね。


スポンサードリンク

ビュッフェとバイキングの注意点ってあるの?

チェック

*結婚式の披露宴やパーティーなどでビュッフェスタイルは良く使われますが、多少の違いがあるので気をつけたいですね。

ビュッフェでの注意点

結婚式の披露宴で使用されているビュッフェスタイルの場合には、ホテルなどで使用されているビュッフェとは異なり、立ち居振る舞いやマナーに気をつけたいですね。

マナー

結婚式でのビュッフェスタイルの場合は、結婚式らしく上品なマナーで対応しましょう。

お料理の取り方

メインテーブルに置かれている料理をとる順番は、「右から左」にとるのが正しいとりかたになります。

また、お料理をとる時は並んで順番にとる事がマナーとなっているので気を付けましょう。

立ち姿にも気をつけて

ビュッフェパーティーに出席している時の履物は、ヒールの高さは最低でも5cm以上が上品な「立ち姿」と言われています。

普段はヒールの高い履物になれていない場合、披露宴が始まる前に履き替えてビュッフェに臨むのも良いと思います。ただホテルなどの食事の際のビュッフェに関しては特にそこまで気にする必要はないでしょう。

近頃では、生足とか流行っているそうですが、ビュッフェに出席するのであれば、ストッキング着用は必須条件となります。

姿勢も背筋をピンと伸ばして、胸を張って、お腹に少し力を入れるくらいが良いですし、足はおしとやかに揃えておいた方が美しい立ち姿として良い印象を与える事になります。

例えば、カジュアルのビュッフェと聞いていても、きちんとした姿勢で臨むと失敗はないと思います。

またホテルなどで食事をされる際の注意点としては

  • 会場の広さと料理の種類を把握
  • 色んな種類の食事があるので主食もひと口ずつにしておくと吉
  • 残りが少しの場合は新しい料理が準備される事もあるので様子見

といった感じでしょうか。

日本でのビュッフェやバイキングは数多くの種類が用意されているゆえに勢いで多めに取ってしまうと他の料理が楽しめなくなってしまい少々もったいない事になってしまう事もあるんですよね。

なのでまずは一口ずつ程度に料理をお皿に載せて色んな料理を楽しみましょう。

最後に

ビュッフェとバイキングの違いや由来について紹介してきました。

スポンサードリンク

ビュッフェやバイキングも日本ではそこまでは違った意味ではありませんが、海外ではバイキングでは一部の地域でしか通用しません。またビュッフェも食べ放題ではない事もあるので注意しましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ