若白髪の原因とは?改善法や治るものなのか要チェック!

若白髪の原因とは?

悩む

まだ白髪の生えるには早いのに…、ゆううつな気持ちになる方もおられるのではないでしょうか。

白髪が気になり始めるのは、ある程度の年齢から…と思われていますが、若白毛の場合には周りの視線もかなり気になってしまうもの。

という事で若白髪の原因や改善法についてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

若白髪になってしまう原因について

チェック

若白髪が生えて来る原因には主に

①遺伝 
②ストレス 
③栄養不足 
④何らかの病気や疾患

が考えられます。

まだまだそんな年齢ではない筈…と若白髪で悩んで居る人の髪には、黒色の色素が失われているた事で生えて来るのが白髪と言う事になります。

その原因には①~④が大きく影響していると考えられるのです。

遺伝

家族

若白髪と言っても、異常に白髪が目立つのが、遺伝の場合である可能性があります。

両親共に、または片親の場合、若白髪だったと言った場合は、遺伝による若白髪と言えると思われます。

白髪になり易い体質と、親子の生活習慣が同じと言う事も上げられると思われます。

ストレス

ストレス

突発的に白髪が目立って来た場合には、ストレスが原因の場合もありますが、この場合には何か大きなストレスが思い当たるのではないでしょうか。

ストレスが原因の場合には、部分的に白髪になる場合が多いと言われていて、理由は頭皮の血行が悪くなる為だと言われています。

ストレスが原因で若白髪になる人は最近大きくなっているように感じます。特にかなりストレスを感じているという方は要注意です。

栄養不足

食事

ダイエットをしている場合や偏食をしている場合には、かなり食事に無理があり栄養的な面で偏ってしまう事で若白髪になる場合が有ると言われています。

髪の毛も、食べた物で栄養を吸収しているので、栄養分が足りなくなった場合には、健康な髪を保つ事が出来なくなるのです。

何らかの病気や疾患

③までの原因が思い当たらない場合には、可能性は低いですが、もしかすると貴方の白髪は何らかの病気が原因なのかも分かりません。

もし、突然の白髪や体調不調などを感じているとしたら、早期に医療機関の受診をするようにしましょう。

若白髪って年をとれば治るものなの?

疑問

1年前にはまだ数本だった白髪なのに、あっと言う間に増えて、鏡を見るのが憂鬱な毎日で、髪の毛に触れる度に、白髪の事ばかり考えるようになり、以前の様にヘアアレンジをしても楽しくならなくなってしまいました。

白髪になったと言うだけで、10歳は老けて見えるこの白髪何とかしたいのですが、やはり改善をするには染める事しか無いのだろうか…と気になってしまうもの。

若白髪はいずれは治るものなのか気になる所ですよね。

実は内面からのケアが大切

正しいケアをする事で、元の黒髪に戻れる場合も有ると言われています。

髪の毛のケアと言うと、一般的には外側からのケアをされる方が多いのですが、実は髪の毛には内側からのケア大切になるのです。

そこで、内面からの白髪ケアに大切な改善方法を紹介する事にしましょう。

*内面の改善方法は…、

ご存知の様に髪の毛は体内から生えて来ますが、白髪の原因も体内に潜んでいるのです。と、言う事は外面からのケアを一生懸命したとしても、根本的な部分での解決方法とはなりません。

*知ってほしい事

① まず、髪は血液で作られていて、髪の毛も細胞で作られていると言う事です。
その細胞には、血液が沢山使用されているのですね。

髪の色は「メラノサイト」工場で作られています。

体内の毛根に「メラノサイト」色素工場があり、その工場で「髪色をつける」様に指示をされて、「メラニン色素」が髪色を付けているのです。

メラノサイト工場の稼働率が低下した場合には、髪色を付ける支持率も悪くなるので、必要な髪色は付けられなくなります。

理由はメラノサイト色素工場の稼働率の低下にあるのですが、実は稼働率の低下の原因は血液にあるのです。

血液が減少すると白髪が増える人生では3度の白髪になり易い転換期が有りのです。

まず、①…初潮、②…出産、③…閉経、と言われています。

この転換期には、体内の血液が減少する事で血液を通して栄養分を運ぶ事が出来なくなると言う事になります。

健康管理で白髪の改善が出来る

チェック

血液中の栄養が上手く運べない事で白髪が出来る。

この様な状態になった場合に、再度元気な髪を取り戻す為には、理想の食生活を通してメラノサイトに良質の栄養素を届ける事が大切なのです。

*その為に必要な事は

①偏った食生活の改善や、…あなたの食べたもので、髪の毛は作られる
②睡眠…質のいい睡眠で、メラノサイトを活性化させる、
③生活習慣(運動)…筋肉のポンプ作用で、血流を良くする
④ストレスの軽減や頭皮マッサージでメラノサイトへ良質な栄養を運ぶ事から改善は出来るのです。

といった事で若白髪が改善される傾向があります。絶対に若白髪がなくなるわけではありませんが、少なくても白髪の減少は改善していくでしょう。

逆を言えば食生活が偏る、または睡眠不足、ストレスの増加といった事は上記でも紹介した通り若白髪の原因となります。

改善したいのであれば普段の生活から見直していく必要があるでしょう。


スポンサードリンク

若白髪は抜いてしまっても問題ない?

チェック

白髪を見つけたら、抜いちゃう…!

白髪は抜くと白髪が増えたり、もう生えてこないなどと言いますが、実は白髪を抜いても今すぐには何も変化はありません。

なにも変化がないのであれば、抜いても良い…!と考えがちですが抜く事はお勧めできません。

毛根や頭皮を傷つける可能性あり!

NG

その理由には白髪を抜くと毛根や頭皮を傷つけてしまう事になります。

*白髪を抜くと…?
白髪は、抜いてもその毛根には新しい白髪が生えてくると言われています。白髪を抜くと増えると考えられているのここが元ではないでしょうか。

なので若白髪を抜かないようにしましょう。どうしても気になる方は髪をカットしてもらう際に白髪を目立たなくしてもらうと良いでしょう。

最後に

若白髪の原因や改善法。白髪を抜いても大丈夫かどうかについて紹介しました。

スポンサードリンク

若い時の白髪はどうしても気になってしまうものですよね。遺伝の可能性もありますが、ストレスなど生活習慣が原因である事も多いです。少しでも改善したい場合はまず生活習慣の見直しをしてみましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ