インフルエンザの検査時間や検査はいつから行えば良いのか要チェック!

インフルエンザの検査時間や検査はいつから行えば良い?

インフルエンザ

インフルエンザの流行る時期が近づくと、そろそろインフルエンザの予防注射を考え始める人も多いのではないでしょうか。

インフルエンザの予防注射を接種する前に、感染している事も考えられます。もし、インフルエンザに感染してしまったのかも…、そんな心配がある場合には悩むよりインフルエンザの検査を受けて見ましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの検査方法はどういったもの?

疑問

周りにインフルエンザが流行している場合など、インフルエンザに感染しているかどうかを知るための検査方法があります。

*インフルエンザの感染検査方法には2種類あります。

ウイルス分離検査

インフルエンザウイルスに感染しているかどうかを調べる検査法の一つです。

消毒されている専用の細長い綿棒を、鼻や喉の奥の方に入れて、鼻水とか唾液などの検体を少量採取します。

子供の場合には、この時に使う綿棒をいやがる事もしばしばありますが、その様な場合には鼻をかんだ鼻水でも検査出来る場合も有るそうですよ。

採取した検体を使って、インフルエンザウイルスが混入しているかどうかを、専用のキットを使って調べる事で実際にインフルエンザに感染しているのかどうかが分かります。

同時にインフルエンザウイルスA型なのか、B型なのかの区別も出来るそうです。

血清抗体検査

体内がインフルエンザウイルスに対して、戦える抗体を持っているかどうかを調べる検査です。

インフルエンザに感染後7日以内に1度検査し、治りかけて来た頃に2度目の検査をし、インフルエンザの抗体が出来たかどうかの血液検査になります。

この検査の場合は、結果が分かるまで約2週間必要です。

あまり病気にならない方の場合は、なかなか病院に行く事を面倒だと思われますが、インフルエンザの検査は面倒がらずにされた方が良く、その後に診断し治療をされる事をお勧めします。

通常の風邪ではなく、インフルエンザの場合には、投薬の方法も違って来るのです。特に熱の症状が出にくいインフルエンザb型だと風邪と勘違いしやすい事もあります。

抗インフルエンザウイルス薬の投薬により、ウイルスの増殖や症状も軽く早く治る事になります。また、インフルエンザと分かり学校や会社を休む事で、周りへのインフルエンザを防ぐ事にもなります。そういった事から検査する事も大事といえるでしょう。

インフルエンザの検査はいつ行うのがベスト?

チェック

インフルエンザウイルス検査をする場合は、何となくの症状でははっきりした結果は望めないそうなのです。
症状を感じて12時間位経った頃が、ウイルスが増える頃と言われていますから、この時期に検査をする良いですね。

まわりでインフルエンザが流行り出した頃に、全身に筋肉痛の症状や、高い発熱などが有った場合は病院に行こうかどうしようか悩み時だと思われますね。

ただ、病院の検査では、インフルエンザの症状が出始めてから、12~24時間以上経ってからでないとインフルエンザウイルスを判明する「迅速検査」を行っても正しい検査結果は分からないと言われています。

そうは言っても、症状が出たのが休日前であったり、患者さんの症状があまりに辛そうな時は、時間に関係なく早く病院で診察して頂き医師の指示に従う事をお勧めします。

関連記事インフルエンザの症状について


スポンサードリンク

インフルエンザの検査時間ってどれぐらいかかる?

疑問

内科の外来でインフルエンザウイルスの検査をする場合は、「迅速抗原検出診断キット」で検査します。

専用の綿棒で鼻水を取って院内の専用キットで簡易検査をするのですが、かかる時間はおおよそ15分位で結果は分かります。

通常は、「検査結果は直ぐに分かるので待合室でお待ちください」と言われると思います。

また「迅速診断法」が内科外来で出来るようになってから、検査にかかる時間はおおよそ8分~15分位もあれば、インフルエンザウイルスに感染しているかどうかの結果が分かるのです。

一般的には、診察が終わったら一度診察室から出て待合室で待ちます。そして、結果がでたらもう一度診察室に呼ばれ、検査の結果および治療についての説明をされます。

なので混雑状況にもよりますが、検査を受けてから病院での滞在時間は30分~1時間程度と考えておきましょう。

インフルエンザの検査の料金はどれぐらい?

費用

インフルエンザの検査をするにも、お金は必要になりますが、通常であれば保険の対象になるので、1度目の検査の場合は全国どこの病院でも、3割負担の2000円程度で受けられます。

ただし、地域によって異なり保険対象とならない場合や、条件(一人1度のみ)がある場合や、2度目の検査の場合は実費になる地域も有るようです。

但し、インフルエンザの症状が見られない内に検査を受ける場合には、保険対象外とされる場合があるので気をつけて下さい。

※インフルエンザの予防として、外出した後には手洗いやうがいを細目にする様にし、マスクをつける等の予防対策をする事も大切ですね。

まとめ

  • インフルエンザの検査を受けるのはインフルエンザ発症後12~24時間以上経過してから
  • 検査時間としては15分程度で終わる事が多い。ただ混雑状況ではそれ以上にかかる事も
  • 料金としては2000円程度

インフルエンザの検査時間や料金、またいつから受けた方が良いかなどについて紹介してきました。

スポンサードリンク

毎年流行する事もありインフルエンザのピーク時は混雑する傾向があります。もし感染した恐れがある場合は早いうちに病院の予約などをするようにして検査を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ