ぶどうの栄養と効果について。美容にも良いって本当?

ぶどうの栄養と効果について

ぶどう

秋になると沢山の果物が出回り、とても美味しく戴けるので嬉しい季節ですね。

中でも、ブドウの種類には沢山の新しい品種が毎年増えているんですよね。美味しさも更に毎年増している様に感じ、この季節が来るのがとても楽しみですね!

食べても美味しい「ぶどう」なのですが、実は美味しいだけではなく「美容にも健康にも」効果があるそうなのですよ!

スポンサードリンク

ぶどうの栄養について

チェック

*美味しいから好き…!

美味しいから…、それだけで「ぶどう」を食べている人も少なくはないと思いますが、そんな美味しいぶどうの栄養と、効果や効能について調べて見る事にしましょう。

実は、何となく1粒食べると更にもう一粒と手が出てしまう美味しいぶどうなのですが、意外にも身体が喜ぶ効果や効能がある事が分かりました。

*「ぶどう」に含まれている栄養成分は…、

ぶどう糖、ビタミンA、ビタミンC、鉄分、カテキン、プロアントシアニン、クエン酸、ビタミンB1、カリウム、リン、アントシアニン、タンニン、リノール酸、ビタミンB2、カルシウム、亜鉛、レスペラトロール、ペンペタプチド等…。

あの小さな一粒にこんなに沢山の成分が含まれている事を知って食べて居る人は少ないと思いますね。色んな栄養成分が含まれているのです。

ぶどうの効果について

では実際にぶどうを食べる事による効果について確認していきましょう。

脳の疲労回復効果

元気

なかでもポリフェノールは、ぶどう糖の成分がとても多いのですが、ぶどう糖と言った成分は人の身体に入ると直ぐに吸収されて「エネルギー」に変わる為に疲労などの回復に威力を発揮し、脳エネルギーに変わります。

例えば、受験勉強中の学生さんやデスクワークの仕事をされる方など脳の疲れの栄養補給に良いそうですよ!

更に「干しぶどう」にする事で、栄養含量は飛躍的な数値となると言われているので、手軽に持ち歩きし時々補充すると良いと言う事になります。

ペンタペプチドには、脳機能の低下にも良いそうで、種類としては「ピオーネや巨峰」などの、色は紫色で大粒な実に沢山含まれているそうです。

美肌や老化防止

美容

またポリフェノールとともにぶどうの栄養に注目を集まっているのが「レスペラトロール」

ポリフェノールの一種であるレスペラトロール、肌を老化させる活性酸素を取り除き新陳代謝を活発にさせる効果があるのです。よってたるみやシワなどを防ぐ効果があるのです。

細胞の若さを保つ効果があるというわけですから当然老化防止にも役立ちます。つまり美容効果があるというわけなのです。

といったようにぶどうには疲労回復効果や美肌、老化防止効果などがあるんです^ ^

ぶどうのカロリーは?ダイエットには向いている?

ダイエット

ぶどうは糖質が多そうなのにダイエットについて話題に上がる事がありますよね。

一般的な考えからすると、カロリーが高い物は、ダイエットには向いていないと思いがちですが…、

「ぶどう」には、ポリフェノールは勿論ですが身体に嬉しい成分が沢山含まれている事は言うまでもありませんが、なんとダイエットにも効果があるそうなんですよ!

さきほど紹介した「ぶどう」に含まれるレスベラトールと言った成分には、たまり易い脂肪の蓄積を減少させる作用があると言われていて、メタボリックシンドロームにも効果があるそうなのです。

また、「ぶどう」の多く含まれている「タンニン」は脂肪を燃焼する作用も有るので、ダイエットにも効果があると言われています。ぶどうダイエットというのもあったりするんですよね。

とはいえ食べすぎれば当然カロリーを多く摂取するのでダイエットとは逆効果となってしまいます。なので毎日少しずつ食べていくとグッドですね!


スポンサードリンク

ぶどうの保存期間について

チェック

出来るだけ「ぶどう」は常温で早めに食べた方が良いと思うのですが、どうしても保存が必要な場合には「冷蔵保存や冷凍保存」でも大丈夫です。

常温の場合には…あまり日持ちはしませんし、(2~3日)温度が高い時期では日持ちは良くありません。

冷蔵する場合には…房付きのままと房を外した場合で異なりますが、

・房を付けたままの時は3~5日位
・房を外した場合には1週間位

・冷凍保存の場合は…2~3週間位

と言われています。

といってもぶどうには多くの品種があるのでもっと長持ちする事があれば短い場合もあるので上記の保存期間はあくまで参考程度と思ってください。

購入したら出来る限り早く食べてしまい、どうしても食べきれない場合は冷凍保存も選択肢の一つに考えておきましょう。

おいしいぶどうの見分け方ってあるの?

チェック

*鮮度の良い美味しい「ぶどう」を選ぶには主に

  • ぶどうの表面にうっすらと白い粉が付いている物を選びましょう
  • 軸がしっかりしていて太めの物が良い
  • 粒にハリがあり、粒の大きさが揃っている物を選ぶ(粒が割れていたり傷ついている物は×)
  • 色が濃いぶどうの時は、出来るだけ濃い色を選びましょう
  • 茎を持ち上げて見た時に、粒が落ちる物は×

といった点があげられます。

「ぶどう」はとても水分を多く含んで、皮も薄いものが多いので案外傷ついていたりするものが含まれている事があるので、購入する時には鮮度の良い物を物を買う事が大切だとおもいます。

注意
ただ、「ぶどう」はとても繊細な果物ですから、触れて選ぶ時にはやさしく選ぶ事も大切になりますね。

最後に

スポンサードリンク

ぶどうの栄養と効果について紹介してきました。脳の疲労回復や美容、老化防止といった様々な効果に期待出来るのです。毎日少しずつ摂取して効果を実感したいですね^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ