マイナンバーの通知カードを紛失した際の再発行手続きや手数料をチェック

マイナンバーカードや通知カードを紛失してしまった!

ショック

2016年から始まったマイナンバー制度。通知カードが届いてマイナンバーカードにされた方や通知カードのまま保存されている方もいるかと思います。

ただ財布を落としてしまった時や通知カードを保存したままどっかに無くしてしまうなど紛失してしまうトラブルといった事もあるかもしれません。

マイナンバーカードや通知カードを紛失してしまった場合の再発行手続きや手数料について確認していきましょう。

スポンサードリンク

マイナンバーの通知カードを紛失してしまった場合

悩み

今後何かと必要になってくるマイナンバー。

今後マイナンバーは拡大していき

  • 会社で働く際(パートやアルバイトも)
  • 年金需給の時
  • 確定申告
  • 失業保険の申請

などなど必要な場面が増えていきます。なので紛失した状態のまま「まぁいっか…」とはならないんです。

なのでもしマイナンバーカードや通知カードを紛失した際は再発行をする必要があります。

手続きなどは少しめんどうではありますが、再発行までの流れについて確認していきましょう。

マイナンバーカード再発行までの流れについて

チェック

まずもし無くしてしまった場合は通知カードとマイナンバーカードで大きな流れは同じですが多少異なります。ひとつずつ確認していきましょう。

通知カードの場合

マイナンバー 通知カード

まずは通知カード受け取りの際の流れについて確認しておきましょう。

警察署に行き遺失届の手続きを行う

通知カードの場合は警察署で「通知カード遺失届」の手続きを行う必要があります。

手続きを行った後「受理番号」というものが発行されます。こちらの番号を控えるようにしましょう。

市区町村の窓口へ行き再交付手続きを行う

②その後現在済んでいる市区町村の窓口「通知カード担当課なければ市民課など」で再交付手続きを行いましょう。

何課に迷った際は受付の人に聞けば案内してもらえるでしょう。

必要な書類としては

    ・警察署に行く際は

  • 身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)
  • ・市区町村の窓口に行く際は

  • 身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)
  • 通知カード紛失届
  • 通知カード再交付申請書(警察署で手続きを行ったもの)
  • 手数料(500円

が必要になります。

焦って身分証明書を持っていくのを忘れないようにしましょう。

即日発行されるわけではないので注意

チェック

ここで注意したい事は通知カードは即日再発行されるわけではないという事です。

どういった理由かまではわかりませんが、再発行までに1ヶ月程かかると言われています。

ただこの記事を書いた時点ではまだマイナンバーカードの手続きなどでどたばたしている時期なのでもしかしたらもっと早くなるかもしれません。

ただし即日発行ではないという事だけは頭に入れておきましょう!

「どうしてもマイナンバーが知りたい!」

という緊急の方の為に後で知る情報を説明します。

マイナンバーカードを紛失した場合

マイナンバー 本人確認

マイナンバーカードを紛失した場合は上記のやりとりに加えてマイナンバーカードそのものの機能停止の手続きが必要となります。

マイナンバーカードには身分証明書の役割のほかオンラインバンキングをはじめ、各種の民間のオンライン取引に利用できるようになります。

逆を言えば紛失した場合は機能停止させる必要があるのです。

マイナンバーの紛失の際の電話先は

・マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178

となっています。機能停止の場合は24時間365日対応可能だそうです。

もしカードを無くした際は利用停止するのを忘れないようにしましょう。

またマイナンバーカードの再発行の場合は手数料が1000円となります。

といった流れがマイナンバーの通知カード再発行の流れとなります。

少々手続きがめんどうではありますが、今後何かと必要になりますので紛失した場合は再発行を行いましょう。


スポンサードリンク

すぐに番号を知りたい場合

チェック

会社に就職またはアルバイトやパートを新たに始める際は番号がすぐに必要になる可能性もあります。

そんな時に1ヶ月やそこらも待ってくれず早急に番号だけでも知りたい場合もあるかと思います。

その場合は市役所に行き住民票をもらうようにしましょう。

というのも住民票にマイナンバーの記載の有無の欄が加わったからです。

取りに行く際は「マイナンバーの記載の有無を有り」にして住民票をもらうようにしましょう。

そうすればすぐにマイナンバーを知る事が出来ます。また住民票の写しの交付の手数料として「300円」かかります。

またここでも身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)が必要であり場所によっては印鑑が必要の事もあるので忘れないようにしましょう。

まとめ

マイナンバーの通知カードを紛失した場合の再発行手続きや手数料について紹介しました。

普段使う事がない場合、ふと必要になった際に見つからない…なんて事もあったりします。

スポンサードリンク

もし無くなってしまった場合は上記の手続きを行い再発行を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ