ゆで卵の賞味期限。冷蔵庫で保存は何日?延ばす方法は?

ゆで卵の賞味期限について

ゆで卵

メニューに困った時に料理の幅が広がる、あると便利な「ゆで卵」ですね。

「ゆで卵」と言うと、生卵を冷蔵庫から出してお鍋にお水をはり、ポンと入れて一定の時間茹でるだけで出来る簡単調理方です。

また使用する料理によって、ゆで時間を調節すると好みの堅さになり、少しの期間なら冷蔵保存も出来る嬉しい食材ですね。

ただ賞味期限も割と短かったりするんですよね。今回は賞味期限について確認していきましょう。

ゆで卵の賞味期限はどれぐらいもつの?

疑問

「ゆで卵」の保存方法は通常、使い残した時などに冷蔵庫に入れて保存しますよね。

でも、店頭で売られている場合には常温で売られている物を時々見かけた事が有りますが、「ゆで卵」の保存方法や賞味期間などについて調べて見ましょう。

常温で保存した場合

  • 常温で保存する場合には、カラに傷がついている物は痛みが早いので避ける様にしましょう。
  • 冬と夏の様に季節によっても、常温保存するにはかなり違ってきます。
  •  ■ 夏場に常温保存する場合には、12時間もほって置くのは難しいと思われますので、ほぼ常温保存は出来ないと言えます。
     ■ 冬場に常温保存する時は、卵のカラが綺麗に付いている事を条件にし、陽が当たらなくて風通しがよい涼しい場所の場合ですと、3日位は大丈夫だと思います

冷蔵庫に保存した場合

  • カラが付いた綺麗な状態で冷蔵保存した場合には3日位は保存出来ると思われます。
  • カラに岐津が付いていたり、剥いた状態の卵を冷蔵保存した場合には、12時間以内には食べた方が安全だと思われます。
  • カラは付いているけど、カラにひびが入っている状態の場合は24時間位に食べた方が良いですね。

といったように夏場と冬場によって賞味期限が変わってきます。特に夏場は特に気をつけなければなりません。

*もしお弁当に入れたい場合には夏場は止めた方が良いですね。
 
夏場はかなり温度が高くなるので、サルモネラ菌が増殖しやすいと言われている事もあり、お弁当に使いたい場合は気候が涼しくなってからが良いと思います。


スポンサードリンク

ゆで卵の賞味期限を延ばす方法について

「ゆで卵」の状態で保存すると賞味期限は生卵の時よりも悪くなるので、出来るだけ必要な時に必要な量を作って食べるのがベストです。

とは言っても、生卵の賞味期限が切れそうだったりする場合などには、纏めてゆでる事も有ります。

そんな時の冷蔵保存方法を調べて見ました。

殻を剥かない

殻をむいた事で雑菌が一気に増える事になり、腐りやすくなります。

卵を水洗いしない

これが意外かと思われる方もいるのですが卵を水洗いする事で雑菌は繁殖し易い状態に成りますし、茹でたまごの場合は既に熱で消毒されていますので洗う必要はありません。

冷凍する場合

まれに冷凍保存するという話を聞いた事があったので調べてみたのですが、

ゆで卵を丸ごと冷凍した場合には白身部分の食感がかなりぼそぼそと悪くなり美味しくありませんので、例えば冷凍する場合には、一度調理した状態での冷凍保存がお薦めです。

ゆで卵を一度、調理して冷凍保存にした場合には、1ヶ月程度の保存は可能になります。

ゆで卵がまだ食べれるかどうかの判断基準は?

臭い

折角「ゆで卵」を作ったのに、冷蔵庫の中に入れて「うっかり忘れてしまっちゃった…」何てことよくあります。

そんな時のゆで卵が「食べられるかどうか…?」の見分け方は、臭いを嗅いでみると異臭がしますし、見た目でカビが生えていたりした場合は食べない方が良いです。

また、触ってヌメリが有ったり黄身の部分が黒ぽかったり、灰色や緑っぽく変色している場合も食べるのは止めた方が良いですね。

さきほども紹介した通り期限が過ぎたものはサルモネラ菌の増殖して食べた後腹痛や下痢といった食中毒になる可能性を持っています。

少しでもおかしいと感じた場合は捨ててしまいましょう。

生卵より保存期間が短いのはなぜ?

ゆで卵

一般的ですと、食べ物は生より加熱した方が日持ちすると聞いていませんか…?

ところがゆで卵の場合は賞味期間が短くなり、生卵よりはかなり賞味期限が短くなってしまうのですが、何故なんでしょう。

*予断ですが、水の場合も生水よりは火を通した水の方が保存期間は短いそうです。

生卵の保存期間は温度によってかなり異なりますが、通常お店で販売されているのは2週間~3週間位先の賞味期限が記載されているのですが、ゆで卵にすると家庭用の冷蔵庫で保存した場合ですと、3日位が安心して食べられる期限です。

*その理由には…、
生卵の内は菌への対抗力があるのですが、ゆで卵にする事でとたんに菌への抵抗力に反撃する力がなくなる為なのだそうです。

火を通す事で、菌への抵抗力は低減し1/2~1/3の賞味期限なってしまうのだそうで、たとえ10℃の冷蔵庫に入れて保管しても、食べられる期限が3~4日になるそうなんです。

これまでのゆで卵は、固ゆでの場合になるのですが、それでは半熟卵の場合はどうなのかと言うと、低い温度で保管しても更に傷み易く成ると言う事が分かりました。

結果として、
卵を茹でた場合には、生卵より賞味期限は短くなり、半熟卵に茹でた場合には更に賞味期限は短く痛み易くなってしまう事が分かりました。

なのでゆで卵を作った場合は数日内には食べてしまうようにしましょう!

最後に

ゆで卵の賞味期限や保存が何日程度聞くのか紹介しました。

夏場は特に食べ物が傷みやすくゆで卵に関してもやはり同じ事が言えますね。

スポンサードリンク

ゆで卵の賞味期限はそこまで長くはありません。作った場合は早いうちに食べてしまうよう心がけましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ