子供の熱中症の症状。予防や対策をしっかりしないと危険!

子供の熱中症の症状や対策を要チェック!

子供 熱中症

毎年夏が近づいてくると熱中症について
ニュースで話題になりますね。

特にここ数年は猛暑と言われる日が多く
子供も熱中症にかかる子が多くなってきています。

遊ぶ事に制御がきかず、大人は子供以上に熱中症になりやすい為
対策をしっかりしてあげる必要があります。

という事で今回の記事は
もし子供が熱中症になったらどうするかの対策について
また熱中症の症状や予防について
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

子供の熱中症の症状をチェックしよう。

まず熱中症の症状について軽く理解しておきましょう。

118709

熱中症とは気温の高い場所にいる事で体内の塩分や水分のバランスが
崩れる事を言います。

 
夏の日差しが暑い中外で子供が外で遊んでいると
気温が暑い上に運動によって身体の水分や塩分がなくなっていく結果
熱中症になるというわけです。

それに大人の場合は暑さを気にしたりしてコントロール出来ても
子供は無我夢中に遊んでしまいますからね。

子供が大人より熱中症の症状になりやすいというのは
こういう所にあります。

では子供が熱中症になりかかっているサインを
見極めるポイントについては

  • ふらふらしていて元気がなくなる
  • 顔色が目に見えて悪くなる(赤くなったり、青くなったり)
  • 発熱や頭痛の症状が見られる

といった所ですね。

夏の暑い時に出かけていた時に

「お母さん頭が痛いよう」と言って熱っぽかったり
フラフラして歩いているのであれば

熱中症になっている可能性があります。

特に暑い日などは子供の様子に気をつけてあげましょう。

子供の熱中症になる前の予防について紹介

子供の熱中症の症状やサインについて
説明してきました。

ではもし熱中症になってしまった場合
またあらかじめ予防出来る事について
紹介したいと思います。

炎天下の中での遊びをなるべく控えさせる事。

7月~8月は特に気温が高く体温調整が難しいです。
最高気温が35度と予想されている時は
11時~15時は外で遊びに行かせるのは
控えるべき
がいいでしょう。

水分をこまめに取らせる事。

遊びに夢中になっていると
すぐに水分や塩分が蒸発してしまいます。

なので適度に水分補給やスポーツドリンクなどを
こまめに取ってあげましょう

帽子を被らせたり、日陰で休憩を取る。

帽子を被って日差しの影響を抑えた方が
体内の温度が上がるのを抑える事が出来たり
水分の蒸発を防ぐ事が出来ます。

それと同様の理由で日陰で休憩を取る事も
けっこう重要だったりします。

子供が頭痛や発熱になってしまう前に
炎天下の状況から身を守りましょう。

スポンサードリンク

もし子供が熱中症になったら?対策について紹介

ではもし、熱中症になってしまった場合の対策について
書いてきます。

水分をしっかり取り、風通しの良い場所で安静

熱中症になっている原因として脱水症状に
なりかかっている可能性が高いです。

水分をしっかり取り、風通しの良い場所で
安静を取るようにしましょう。

汗をしっかり拭き取り、身体を冷やす

脱水症状の可能性と共に体温調整が
崩れてしまっている可能性があります。

その為に子供が汗を書いている場合はしっかり吹いてあげて
下さい。

注意冷やしすぎに注意
身体を冷やす事は重要です。ただ
急激に冷やしてしまうと体温調整がよけいに崩れて
症状がよくならない場合もありえます。

応急処置をする場合はクーラーで冷やすのではなく
扇風機や風通しの良い場所でゆっくりと身体を
冷ましてあげましょう。

まとめ

子供の熱中症の症状や予防、
もし子供が熱中症になったらどうするかの対策について
紹介してきました。

子供の熱中症について紹介してきましたが、
大人がなる可能性も多いにありえます。

なのでまずお父さんやお母さんが
熱中症の為の対策を先にしてあげる事で
子供も真似して言うことを聞いてくれやすくなる事もあります。

スポンサードリンク

一緒に熱中症対策をして暑さから身を守りましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ