卵の賞味期限はいつまで?保存方法も要チェック!

卵の賞味期限はいつまで?

卵

卵は、焼いたり、煮たり様々な料理に…、その他に生の卵をご飯に掛けて食べる「たまごかけごはん…!」は外す事が出来ない大人気…!ですね。

身体にも大切なタンパク源ですが、「賞味期限」って気になりますよね。

一般的に「鮮度の良い卵の場合は、割った時に黄身と白身がプックリと盛り上がっている」ものが良いと言われていますが、実は、すこし深めの容器と水が有ると、卵の鮮度は簡単に分かるんです。

という事で卵の賞味期限や鮮度の確認方法などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

卵の賞味期限について

チェック

一般的に、卵はパック販売されています。一人で生活していたり、日頃あまり卵を食べない場合などは、使いきれないまま「賞味期限」が過ぎてしまう事、ありますね。

とは言っても卵は、「賞味期限」が過ぎても、直ぐに食べられないと言う事は無く、加熱する事で暫くは食べる事は出来ますが、それでは加熱すると、どの位までの期間食べる事が出来るのか気になる所ですね。

日本の様に四季がある国では、季節によって異なると思われますが、卵に表示してある「賞味期限」は、生で食べられる期限が書かれています。

例えば(採卵後)の賞味期限は…、

•夏(7~9月)…16日以内
•春秋期(4~6月、10~11月)…25日以内
•冬期(12~3月)…57日以内

卵によって違ったり気候によって異なりますがおおよそですがこの様な賞味期限になるそうです。

夏場は温度や湿度が高くすぐに鮮度が落ちてしまいます。出来る限り早く食べるようにしましょう。

注意:パック買いした場合、卵の「殻にひびが入っている」何てことありますが、そんな時には、痛み易いので早めに食べるか、加熱して食べて下さい。

多少切れた程度であれば加熱すれば安全に食べられる

オムライス

特に夏場の期間ですが、なかなか使い切れず鮮度が落ちてしまった…なんて事もありますよね。

ただ加熱処理すれば菌が殺菌されるのでそこまで鮮度が気にならず安全に食べる事が出来ます。賞味期限が切れた卵は加熱して食べる事をお勧めします。

注意:逆を言えば期限が過ぎたものはサルモネラ菌が増殖してしまい生で食べてしまうと食中毒を引き起こしてしまう可能性も持っています。

日にちがかなり経った卵は生で食べる事を控えましょう。

腐った卵の見分け方は?

疑問

実は、私は玉子かけごはんが大好きなので、小腹が空くとたまご掛けご飯を良く食べています。

そんな時に、「卵の鮮度」が心配になりますが、実は殻を割らないで鮮度がわかる方法があるんです。

それは、まず深めの容器と水を準備し、その中に卵を殻ごと入れて、浮いて来た様子を見るだけで鮮度が分かるのです。

新しい卵は、水の中に入れると「ゴロン」と横向きなり下に沈んでいきます。

それに対して古くなった卵は、立てむきになり、卵のお尻が少し浮きあがり、全く、食べられ無い位に古くなってしまった卵は、完全に水に浮いてしまいます。

この時の水は、塩水を使うと更にわかりやすいそうです。実は卵には空気が入っているので、古くなるにつれて、空気の部分が多くなり、水に浮きやすくなるそうですね。その事から鮮度が良いほど沈むというわけです。

「卵の鮮度を見分ける方法」として、3つのポイントがあります。

その方法とは…、

  • 水に浮く
  • 異臭がする
  • 割っただけなのに崩れる

といった点があります。

水に浮く

前項で話しましたが、深めのボールに水を入れ、その中に卵を入れると、古い卵は浮き上がります。

異臭

腐っている卵は温泉や火山の噴火口の硫黄の様な臭いが強くなります。

卵から臭いがするのであればもったいないですが捨てた方が良いでしょう。

割っただけで崩れる

殻を割った時に、黄身が崩れた場合は腐っている場合が多く、新鮮な卵の場合は、黄身も白身も「プリンッ」と、しています。

割っただけで黄身がぐちゃっとした場合は加熱処理して食べた方が無難でしょう。

といった感じが卵の鮮度を見極める方法となります。購入して期間が経ち食べても大丈夫かな?

と思った際は上記の点をチェックしておきましょう。


スポンサードリンク

保存する際の注意点をチェック

卵

一般的に卵は、常温で売られていますが、その後自宅に持ち帰って冷蔵庫で保管される方や常温で保存される方もいますね。

ただ夏場の場合などは常温でも大丈夫なのか気になる所ではありますね。

卵の保存は常温で良いの?

卵を保存するには、実は季節に関係なく常温で大丈夫なのです。

ただ、直射日光が当たったり、室温が高い場合には、菌が繁殖する事があるので、常温で保存する場合は出来るだけ風通しの良い涼しい場所で保存しましょう。

冷蔵保存の卵を購入した時は…、

冷蔵保存で販売されている卵を購入した場合は、冷蔵庫で保存する方が良いですね。

冷蔵保存で売られている場合には、温度が大きく変化する為に、鮮度を悪くするので、菌の増殖の元となります。

生卵の冷蔵保存する時は…?

卵を冷蔵保存する場合には、卵のとがった方を下側にして、出来るだけ臭いの強いものや魚や肉などと同じ場所には保管するのは止めた方が良いですね。

冷蔵保存した卵の賞味期限は?

冷蔵庫で保管する卵は、冬場に常温で保管する環境と似ているので、2か月位は保存できるのですが、生で食べる場合には、出来るだけ2週間以内には食べるようにした方が良いですね。

といったように保存の方法によっても賞味期限が変わってきます。また冷蔵庫に入れていても早いうちに使用した方が良いという事を覚えておきましょう。

最後に

卵の賞味期限はいつまでまた保存方法についても紹介してきました。

スポンサードリンク

卵は夏と冬で賞味期限に大きく異なってくるんですよね。すぐに使用しきれない場合は冷蔵庫に保存するなどして鮮度を落とさないように心がけましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ