風邪の引き始めはのどの痛みやだるさも。栄養ドリンクは効果ある?

風邪の引き始めについて

喉の痛み

ある日突然ひいてしまう風邪。引き始めは喉の違和感やくしゃみが多少出る程度ですが、なにも対処しなければ症状は悪化していきます。

大切なのは引き始めの段階で対処することですよね。風邪の引き始めの症状や栄養ドリンクは効果があるのかどうかについて調べてみました。

スポンサードリンク

風邪の引き始めはどういった症状がでる?

チェック

まず風邪についてみていきましょう。なぜ風邪をひくと調子が悪くなるのでしょうか? 

人間の体には免疫があり、ウイルスや病原気の侵入を防いで病気から守ってくれています。

とはいえ免疫力が低下している間にウイルスが侵入してしまったら風邪をひいてしまいます。引き始めの主な症状について確認しておきましょう。

くしゃみや鼻水

ウイルスが口や鼻から侵入しようとした際に、まずくしゃみや鼻水が出ます。これは体外にウイルスを追い出そうとしているのですね。

人間の持つバリア機能が発動した状態です。ちなみにウイルスは空気中に飛んでいて、特に咳やくしゃみで飛散するそうです。1回くしゃみをすると飛ぶウイルス数は200万個、咳では10万個飛ぶんだそうです。

喉の違和感

これもウイルスが侵入していますね。体に向かって警戒のサインを出しています。喉に違和感を感じたら「風邪だな」と素直に認め、対策に取り掛かりましょう。

だるさ

これもウイルスが侵入しています。すでに体内に侵入してしまった状態といえるでしょう。この段階に入ったら適切な対策を取り、悪化する前に回復を心がけましょう。

といったように風邪に引き始めた際はだるさやせき、くしゃみなど喉に影響を与えると思ってもらえればOKです。

症状が悪化する前にしておきたい治し方をチェック

チェック

やっておくべきポイントがいくつかあります。それぞれ見ていきましょう。

体を温める

もしも季節が冬だったら、カイロや電気あんか、ゆたんぽなどで温めると良いでしょう。

それ以外の季節の場合は飲んで温める方法があります。卵酒や葛根湯が一般的ですよね。またお風呂に入るという方法もあるようですよ。

お風呂について

風邪の際はお風呂に入らないように…なんて言い伝えみたいな事もありますがそれは今も昔。
(昔のお風呂に入る環境で湯ざめする事があった為風邪を悪化させていた)

今はそういった事もなくお風呂に入る事で血行が良くなり、血管も拡張。
喉も保湿されるので風邪の際はむしろお風呂に入った方が良いんですよね。

ただ熱いと体力消耗してしまうのでその点についてはよくありません。少しぬるめのお湯で身体を温めるようにしましょう。

水分を摂る

これはかなり重要です。水分補給をしないと脱水状態になる危険性もあるので、こまめに補給するとよいでしょう。ポカリスエットなどのドリンクも効果的です。

栄養のあるものを食べる

特にビタミンCを多く含むフルーツを食べると良いとされています。栄養と聞くとたんぱく質では?と思われますが、風邪にはビタミンCなんですね。

ちなみに、ビタミンは水溶性のため多くとりすぎても体外に排出されます。気兼ねなく摂るとよいでしょう。

とにかく寝る

体力を回復させるためには睡眠が必要です。睡眠不足は抵抗力を下げる要因の一つなんです。

無理をせず、十分な睡眠を取るように心がけてください。

スポンサードリンク

風邪に栄養ドリンクは効果あるの?

栄養ドリンク

私の友達に、「風邪をひいたら風邪薬とユンケルを一緒に飲むと良い」と豪語する人がいます。

同じことを言う人を数人見かけたことがあるので、あながち間違いとも言えないようです。風邪に栄養ドリンクは効果があるのでしょうか?調べてみました。

栄養ドリンクの成分

栄養ドリンクにはどんな成分が入っているのでしょう? 

調べたところ、一般的な栄養ドリンクの主な成分は、

・タウリン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6

などでした。

これらの主な効能は、いずれも疲労回復なんです。風邪ということは体が弱った状態ですので、確かに効き目があると思いますね。しかし、風邪そのものを治す効果はないです。補助的な位置づけで考えると良いでしょう。

風邪の引き始めに風邪薬は有効なの?

薬

風邪をひいたら、あわててドラックストアで風邪薬を買って飲みますよね。

でも医者の話によると、風邪薬に風邪を治す成分なんて入っていないんだそうです。

え?そうなんですかっ!?と思った方もいるのではないかと思います。

じゃあ、何か入っているかと言うと、「つらい状態を和らげる成分が入っている」んだそうです。

つまり、風邪薬を飲んでのどの痛みが治ったり、鼻水が治まるというのは、治ったのではなくて和らいでるんですね~。

「治す」と「和らげる」は違いますよね。一説には、風邪を治す薬を発見したら史上最大級の富豪になれると言われているそうです。意外や意外、風邪を治す薬はいまだ人類が発見できていないものだったのですね! 

和らげる風邪薬を飲んで、できれば栄養ドリンクも飲んで、あとはやっておくべき4つのポイント(体を温める、水分を摂る、栄養のあるものを食べる、寝る)を実行するしかありません。最善を尽くし、体がウイルスと戦って勝利するのを待ちましょう。

最後に

風邪の引き始めの症状や栄養ドリンクについて紹介していきました。

いかがでしたか?風邪の引き始めに対する知識がついたのではないでしょうか。

しかし、予防することの方が重要だと思います。以前、風邪をひいて病院に行ったときに、医師に

「外から帰ったら手洗いとうがいを徹底する。これだけで風邪は予防できます」と言われたことがあります。

スポンサードリンク

以来実行していますが、確かに風邪は引いてないです。予防が大切なんだな~と痛感しています。ちゃんと予防して、風邪から体を守って下さいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ