カシューナッツの栄養と効果。食べすぎには注意が必要?

カシューナッツの栄養と効果について

カシューナッツ

カシューナッツはお好きですか?お酒のおつまみに、お菓子の材料に、そして中国料理などにもよく使われていますよね。

普段なにげなく食べているカシューナッツですが、実は健康にも美容にも優れた効果を発揮するのです。

そんなマジカルなナッツ、カシューナッツについてコンパクトにまとめてみました。

スポンサードリンク

カシューナッツによる栄養と効果について

カシューナッツに多く含まれる脂肪分、たんぱく質、ビタミンB1、カリウム、亜鉛、食物繊維が多く含まれています。それぞれの効果について確認していきましょう。

脂肪分・・・生活習慣病の予防に効く

カシューナッツの50~70%は脂肪分ですが、オレイン酸という不飽和脂肪酸が圧倒的に多いです。

このオレイン酸はコレストロールに影響を与え、悪玉コレストロールを減らして善玉を増やす作用があります。コレストロールってよく聞きますよね。生活習慣病になる原因の1つです。

このコレストロールを正常化してくれるため、動脈硬化や心臓病の予防に役立ちます。

たんぱく質・・・からだを作る

三大栄養素の1つで、髪も肌も爪もたんぱく質からできています。

体を作る主要素なのですね。体を作るのはカルシウムでは?という方がいますが、カルシウムは骨で、細胞など組織構造はすべてたんぱく質からできています。

1日に50~80グラムを摂取すると良いとされています。カシューナッツはそのたんぱく質を豊富に含んでいるのです。

ビタミンB1・・・疲労回復に効く

水溶性ビタミンの1種で、豚肉などに多く含まれているものです。

ビタミンB1はお米やパンなどの糖質をエネルギーに変える際に必要なもので、この時に乳酸などの疲労物質を溜めにくくする作用があります。このため疲労回復に優れた効果があります。

カリウム・・・むくみ予防に効く

ミネラルの1種で、必須ミネラルです。カリウムは体内に塩分が増えるとそれを排出しようとする作用があります。

このため顔や体など全身のむくみに効きます。女性などでむくみが多い場合はカリウム不足の可能性が高いです。

亜鉛・・・骨粗しょう症に効く

ミネラルの1種で、必須ミネラルです。亜鉛はカルシウムの吸収をよくしてくれる効果があります。

このため特に骨粗しょう症になりがちな年配女性などに特に良いです。

食物繊維・・・便秘予防

カシューナッツは食物繊維を多く含んでいます。食物繊維は便秘予防の王様ですよね。

さらにオレイン酸も便を柔らかくしてくれる作用があって便秘予防に効くため、ダブルで効果が期待できます。お通じをよくするにはカシューナッツを定期的に食べると良いです。


といった感じでカシューナッツの栄養とその効果について紹介していきましたが、カシューナッツは体に良い食品で、特に女性によさそうです。

では美容には効くでしょうか?気になる美容効果を見て終わりにしましょう。


スポンサードリンク

カシューナッツの美容効能について

カシューナッツの美容効果は主に3つあります。美肌効果、アンチエイジング効果、ダイエット効果です。それぞれの効果別にまとめてみました。

美肌効果

美容

カシューナッツにはミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは不足すると精神的に不安定になったり生理不順などを引き起こします。そしてもちろん美容にも効果的で肌をキレイに保つんです。

またカリウムはむくみ予防に効き、亜鉛は抜け毛予防に効き、銅は酸化防止に効きます。

サプリメントでミネラルを取るのも良いのですが、カシューナッツなら小さな粒のなかにミネラルをバランスよく含んでいるのです。

アンチエイジング効果

美肌

カシューナッツには必須ミネラルの銅や鉄が含まれていて、その銅と鉄が相互に作用して活性酸素の除去に効果を発揮します。

体の老化を防止し、アンチエイジング効果が期待できます。さらに良質のオイルであるオメガ3も含まれていて、これも高い抗酸化作用をもたらします。

オメガ3は体内で作ることのできない良質のオイルのため積極的に取ると良いとされています。カシューナッツを取ることで老化予防のダブル効果が期待できるのです。

ダイエット効果

ダイエット

カシューナッツに含まれる食物繊維とオレイン酸によって腸内環境の改善が見込め、お通じなどの排出効果が高まります。

またオレイン酸はコレストロールに影響し、正常化する作用があるため血液がサラサラになります。これが血流を活発化させて代謝を上げ、結果的に優れたダイエット効果を発揮するのです。

食べ過ぎには要注意!

NG

カシューナッツは食べる美容サプリですね。しかし大量に食べるのはお勧めできません。

意外にカロリーが高く、しかも油と塩で揚げていることも多いです。1日の摂取量は片手でつかめる程度(10~20粒程度でしょうか)に抑え、できれば調理されていないものを選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク

おしゃれなイメージのあるカシューナッツを賢く食べて、美容と健康にお役立て下さい。以上、カシューナッツの豆知識でした。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ