土日でも新札に両替できる場所は?ATMでもできる?

新札を両替出来る場所について

お金

結婚式に呼ばれていたのにうっかり新札を用意し忘れて大慌て! ありそうなシチュエーションですよね~。

 

冠婚葬祭からお正月のお年玉まで、新札が必要になることって意外に多いです。そんな時に使える「新札を手に入れる方法」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

銀行で新札に両替する方法について

銀行

新札が必要になったら真っ先に思いつくのが銀行。もっともスタンダードな方法ですよね。

でもはじめてだったらちょっとドキドキビクビク。なので、銀行での新札ゲットについて学んでおきましょう。

 

銀行での新札両替方法は「窓口での両替」「両替機での両替」の2つがあります。それぞれ見ていきましょう。

窓口で両替する方法

まず、どこでも良いので最寄りの銀行に行ってみます。サービスの良いところなら案内係が立っていますから声をかけてみましょう。

 

次に、両替専用の用紙があるはずなので、それに記入します。

 

備考欄があれば「新札で」と記入して、なければ窓口で渡すときに「新札でおねがいします」と言いましょう。

 

すると・・・両替してくれます。この時に手数料がかかることもあるので注意が必要です。

 

チェック
銀行によっても枚数によっても違うため、事前にホームページで確認するか電話で問い合わせておくと良いでしょう。また、高額の場合には本人確認を求められることもあるので運転免許証などを用意しておくと良いでしょう。

両替機で交換する方法

大きな銀行になると両替機が置いてあります。両替専用のものです。窓口が混んでいる場合でも比較的スムーズに使えます。

 

この場合の問題は、その銀行のキャッシュカードや両替専用カードが必要になることが多いことです。このうち両替専用カードについては窓口で簡単に作ってもらえますが、その際に銀行のキャッシュカードが必要になります。

 

つまり、両替機ってすでに口座を開いている銀行でなくては使えないわけですね。「出先で急に新札が必要になった」なんて時に利用している銀行が近くになかったら使えない方法と言えるでしょう。

郵便局でも出来るように

余談ですが、郵便局でも両替ができます。昔はできなかったのですが民営化以降OKになりました。といっても局によって違うためできない場合もあるようです。小さなエリア局が多いですからね~。事前に問い合わせておくとよいでしょう。

ATMでも新札に両替できる?

ATM

ATMで新札をゲットしたい。そんなケースもあると思います。ATMでの新札ゲットについて見ていきましょう。

コンビニのATMでゲットする。

この場合、両替そのものはできないので普通に引き出すことになります。

 

コンビニのATMは新札が出てくる確立が非常に高いと言われています。なぜかというと、コンビニってスペースが狭いじゃないですか。ATMも小さめにできていてたくさんの紙幣を詰め込むために旧札でなく新札を入れていることが多いんだそうです。

 

コンビニならどこにでもあるし手軽にゲットできる方法と言えますが、手数料がかかってしまいます。あまりおススメはできない方法かもしれません。

銀行のATMでゲットする。

この場合も両替そのものはできないので普通に引き出すことになります。

 

銀行のATMは新札が用意されている事が多いのですが、窓口対応などと違い確実性はありません。

 

窓口が空いている場合は窓口を利用するようにしましょう。また手数料もかかるという事も覚えておきましょう。

郵便局のATMでゲットする。

郵便局のATMで落とす場合は手数料は無料です。土日祝でも無料です。(コンビニ提携のATMは手数料がかかるので注意)

郵便局のATMも新札を用意している事が多いのですが、こちらも確実ではないので出来るのであれば窓口で変えてもらうようにしましょう。


スポンサードリンク

土日でも新札に両替できる場所をチェック。

土日の場合、真っ先に浮かぶのがATMを利用する方法ですが、それ以外についてまとめてみました。それぞれみていきましょう。

結婚式場で両替する

結婚式

ほとんどのところで新札を用意しているようです。近くに結婚式場があるなら利用するとよいでしょう。

 

事前に電話をかけてお伺いを立てると印象も良いですし行きやすいです。ちょっとの手間なので1本電話をしてから行くとよいでしょう。

ホテルで両替する

ホテル

ビジネスホテルなどは難しいかもしれませんが、普通の大きなホテルであればほぼ新札を用意しているようです。こちらも電話を1本かけてから行くと良いでしょう。

 

この他に、大きなデパートで両替するというのもありかもしれません。ダメモトで問い合わせてみるとよいでしょう。

 

それ以外では先ほど紹介したATMなどがあります。ただ確実に新札が出てくれるという保証はないという事を頭に入れておきましょう。

最終手段はアイロン。ただしやりすぎに要注意!

アイロン

最後は自力の方法です。すなわちアイロンがけですね。お札にアイロン?と思われるかもしれませんが、意外にやっている人がいる最終手段です。

 

アイロンがけの方法は、まず霧吹きでお札を湿らせ、ハンカチなどの当て布を当てて、低温でアイロンをかけます。

 

けっこう新札っぽくなるようですよ。この時、アイロン用ののりスプレーなどがあればさらに新札度は高くなります。

 

注意点としては、お札についているホログラムが少々熱に弱いことです。日銀が注意しているそうなので本当に弱そうですね。アイロンのやりすぎには十分注意するとよいでしょう。

最後に

以上、新札を手に入れる方法をまとめてみました。

 

新札が必要になるのはお祝い事やイベントなどハレのことが多いですから、しっかりゲットしてそそうのないようにしましょう。

スポンサードリンク

心配性の方なら新札のタンス預金をして日頃からプールしておくという裏ワザもありますよ。一番確実ですね♪

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ