ストレスによる胃痛の治し方は?予防についても要チェック

ストレスによる胃痛の治し方について

胃

突然の体調不良の中でも、胃が痛くなるというのは誰しも少なからず経験があるでしょう。

 

胃が痛くなると、仕事や勉強が手につかなかったり、時には起きているのさえままならなくなったりで本当に大変ですね。胃が痛くなる胃痛の原因として明確に挙げられるものの1つがストレスです。

 

ストレスからくる胃痛の症状や治し方。予防について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ストレスによる胃痛の病気や症状は?

ストレス

ストレスによる胃痛は、日常生活の中で嫌だ、できるなら避けたいと感じる場面で起こります。緊張を強いられる会議やプレゼンの時、大切な試験の時、上司や先生から叱られる等辛い事があった時等に胸の下やみぞおちのあたりが急に痛む事がしばしばあります。

 

しかし、はっきりとした原因がなくても、日々のストレスの蓄積によって胃痛が引き起こされる場合もあります。

 

ストレスによる胃痛では、キリキリとした痛みや締め付けられるような痛みに悩まされ、時に頭痛・吐き気・便通の不調(下痢や便秘)を伴います。原因がなくなれば、数日で胃痛の症状はおさまります。

 

チェック

ですが、根本的にストレスの原因を解消できない場合、症状が慢性化してしまいます。胃痛そのものの苦しみでストレスが増大し、さらに胃痛を悪化させてしまいます。

 

ストレスによる胃痛は、一時的な症状に留まらず、悪化して胃痙攣・胃潰瘍を引き起こしたりしますし、肩こり・めまい・疲労感等、胃痛以外のストレスによる症状を併発する事もありますので、早い段階での対策が必要です。

胃痛を抑える為の対処法は?

チェック

胃痛を感じた時に市販の薬を飲んで対処する方が多いですね。それ以外にも胃痛の軽減方法について確認していきましょう。

 

家の中であれば、右を下にして横になって休憩すると食べ物が腸の方に流れやすくなり、消化が助けられて胃痛が楽になります。家の中ではまずゆっくり休息を取るようにします。

 

すぐに休憩できない外出先の場合でも、お腹を締め付けない程度の腹巻を着けたり、貼るカイロを下着の上から貼ったりしてお腹を温めれば、ストレスによって悪化した胃の血流を改善して胃痛を緩和できます。

他の方法としては胃通に効果があるツボの1つとして合谷(ごうこく)があります。

合谷

親指と人差し指の間の付け根にある合谷を手の甲を上にして押すと、胃の痛みを緩和できます。仕事や勉強の休憩時間に簡単に押せるのでお薦めです。

 

胃痛がひどい場合でも、吐き気がなければ、水分補給のためにも温かい飲み物を飲みましょう。胃に刺激の少ない白湯や温かいハーブティー・牛乳が良いでしょう。特に牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあり、痛みが和らぎやすくなります。

 

胃痛が起こると、仕事や勉強にも集中できない程の苦痛を感じますが、少しでも胃痛が軽減できれば、気分的に随分楽になれますね。


スポンサードリンク

ストレスによる胃痛にならない為の予防法について

嬉しい

日々の生活の中でストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れて胃の働きが悪くなったり、胃酸の分泌が過剰になったりして胃痛を引き起こします。

ですので、日常生活で感じるストレスをできるだけ少なくするように心がけましょう。しっかり睡眠をとる、適度な運動、温かい飲み物を飲む、趣味で楽しい時間を過ごす等が誰にでも手軽に行える方法です。

注意点について

胃痛は、胃に刺激を与える食べ物や飲み物によって起こりやすくなりますし、胃痛を悪化させる原因にもなります。香辛料がきいた食べ物、食物繊維や脂肪が多く消化の悪い食べ物、アルコール・コーヒー・濃い緑茶等の飲み物は控えるようにしましょう。

 

また、不規則な生活・睡眠不足・タバコの吸いすぎ等の生活習慣の乱れも胃痛を引き起こします。上手にストレスを解消してストレスを貯めないようにする、健康的な食生活と生活習慣を維持する事で、ストレスによる胃痛は予防できます。

胃痛がひどい場合は病院へ。何科へ行けば良い?

病院

胃痛を抑える対策を取ってもなかなか胃痛が改善しない場合、胃潰瘍や胃がん等の深刻な病が隠れている可能性があるので、専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

専門医と言っても、様々な科があってどの科へ行けば良いのか迷ってしまいますが、内科、胃腸科・消化器科、心療内科で診察を受ければ良いです。

 

内科では、日常よくある病の1つである胃痛についても診てもらえます。体調が悪いにも関わらず、病院に行く事自体に抵抗を感じる時がありますが、かかりつけの内科があれば自分の体調について安心して先生に相談できますね。

 

胃腸科や消化器科は、胃腸をはじめとする消化器の不調を専門に診てもらえますので、症状が重い場合に適しています。胃腸科は胃と腸を専門に診察しますが、消化器科は胃と腸も含め、消化に関する臓器全般を診察するという点で違いがあります。

 

日常生活で常にストレスを抱えており、ストレスが強くなった時に胃痛の症状が出やすい場合は心療内科を受診しましょう。ただし、症状が単なる胃痛だと思っていても、実は長期にわたって治療が必要な病気である可能性もあります。

 

スポンサードリンク

ですので、まず内科、胃腸科・消化器科で診察を受けて異常がないのを確認してから心療内科で診察を受ける事をお薦めします。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ