ホールディングスの意味とは?メリットやデメリットをわかりやすく解説!

ホールディングスの意味について

疑問

最近大企業などでホールディングスって企業形態を見かける事が増えていますね。

有名な所だと

「ベネッセホールディングス」
「アサヒグループホールディングス」
「UFJホールディングス」

といった所でしょうか。

ただこのホールディンクスという言葉を聞いた事はあってもどういったものかと言われるとわからない方も多いのではないでしょうか?

という事で今回はホールディンクスの意味やメリット、デメリットについてわかりやすく紹介していきます。

スポンサードリンク

ホールディングスの意味とは?

まずホールディンクスとはどういったものかというと持ち株会社という意味を指します。

ではホールディンクスを理解する為には持ち株会社について理解する必要があります。

持ち株会社とは

持ち株会社とは傘下の企業を保有する事でその企業の会社の経理や管理を行っていく事になります。

参加の株を一定以上の割合を保有する事で子会社の経営管理を行う。

ただ管理するだけで実際の事業の運営は各子会社が運営を行ってきます。そうする事で経営の効率化や迅速化を行う事が出来る上に会社の役割が明確になりスムーズに運営する事が出来るんです。

親子会社との違いは?

ただ子会社の株を保有するのでは親子会社でも同じなのでは?
と疑問に持たれる方もいるとは思うのですが具体的な違いについては「事業そのものをしているかどうか」についてです。

持ち株会社にも「事業持ち株会社」と「純粋持ち株会社」の2つあり

■事業持ち株会社→事業をしつつ、子会社も把握する。子会社は親会社の事業がメインとなる事が多い
■純粋持ち株会社→事業そのものはなく、子会社を把握する。子会社を掌握することが本業であるともいえる。

といった感じですね。

これを見ればわかると思いますが、

  • 親子会社は事業持ち株会社
  • 純粋持ち株会社がホールディングス

を指します。

事業持ち株会社は本業があるので本業の利益と子会社の株式配当も受け取るのですが、純粋持ち株会社、つまりホールデイングスは株式配当のみを収入とするという違いがあります。

例えばアサヒグループホールディングスには

・アサヒビール株式会社ののビール事業に
・アサヒロジ株式会社の物流企画から運営
・ニッカウヰスキー株式会社のウィスキーやブランデー、ワインの販売など

といったように会社事に事業が異なっています。それを管理するのがアサヒグループホールディングスというわけです。

親会社に比べて会社事に役割が明確だという事がお分かりかと思います。

ホールディングスのメリットは?

ではホールディングスのメリットについて確認しておきましょう。

経営の効率化、迅速化

持ち株会社は事業そのものは傘下企業が行い意思決定だけに関わるので経営の効率化、迅速化をする事が出来ます。

経営状況によって戦略を変更する事もあります。そういった事業展開を行う際に素早く対応する事が可能になります。

グループ全体の利益を念頭にした経営戦力を行う事が出来る

事業を持っていると別の事業部の利益の事をよりも最優先で自分の利益についてのみ考えるものですが、事業そのものを持っていない為グループ企業全体の利益を目的とした経営が可能になります。

持ち株会社の元で事業を行うので各事業の採算がはっきりとわかります。つまり採算が合っていない企業の売却や新たな事業を参入する為の子会社の設立など効率よく経営戦力をする事が可能になります。

節税対策になる

ホールディングスの系隊を取っていると参加の事業の所得を取り込む事が可能なので赤字を出した子会社をグループ内の黒字の所得と相殺する事が出来ます。

つまり税負担額が減少して節税対策となります。

といったようにホールディングスによるメリットは大きいと言えるでしょう。


スポンサードリンク

ホールディングスのデメリットについて

ただメリットだけでなくデメリットもあります。ひとつずつ確認しておきましょう。

子会社間の連携がしにくい

親会社のように同じ企業間であれば事業間の交流がしやすく連携が取りやすいのですが、傘下の子会社自体ともなると別会社なので交流もなく連携を取りにくいといった事があります。

当然子会社事に利益を出す事を前提に考えているので意思疎通が親子会社に比べると取りづらいといった事があります。

持ち株会社が上々しない限り子会社は上々出来ない

子会社が優良企業となり上場させたいと思っても持ち株会社が非上場の場合子会社の企業は禁止と証券取引者で定められているのです。

つまり子会社をさらに拡大しようと株を売って資金を調達しようとしても親が上々しない間はそれが不可能となってしまいます。

といったようにデメリットも少なからずあります。ただ経営の迅速化や組織のスリム化などメリットの方が大きいと言えるでしょう。

まとめ

ホールディングスの意味やメリット、デメリットについてわかりやすく紹介してきました。

意味を知る事だけでなくメリットやデメリットを知る事でより理解が深まるかと思います。
今後ホールディングスの企業形態を取る所はどういった事業を子会社化して全体の利益やブランドを高めていこうとするのか。

スポンサードリンク

そういう視点を持つと参考になる事も多いかと思います。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ