パスポートの写真のサイズは?服装や枚数をチェック

パスポートの写真のサイズや服装について

パスポート

パスポートを新規発行または更新する先に必要となってくる写真。

パスポートの写真のサイズは履歴書などに使う奴よりは大きいという事はなんとなく知っている方も多いかと思うのですが、実は注意事項が色々あるんですよね。

撮り直しにならないよう写真のサイズや服装、また何枚必要か確認していきましょう。

スポンサードリンク

パスポートの写真のサイズについて

パスポートの写真のサイズについてはふちなしで縦45ミリメートル×横35ミリメートルとなっています。

履歴書などで利用されるのが4.0 × 3.0のサイズが多いので普段使う写真よりサイズが大きいものと思ってください。

写真の用意の仕方について

照明写真の用意の仕方については最近では

  • 写真館で撮影する
  • スピード写真で撮影する
  • コンビニの照明写真でプリントアウト
  • スマホのアプリを利用してのプリントアウト

といった方法があります。

写真館で撮影する

写真の撮影といえば写真館での撮影は定番の一つですね。

パスポートの写真は更新するまで最低5年は同じものを使用します。

その為にしっかりした写真を用意したい…というのであればやはりプロによる写真撮影が一番でしょう。

ただし値段がかかるというのと七五三などピーク時は撮影するまでに時間がかかる可能性も考慮しておいた方が良いですね。

スピード写真で撮影する

スピード写真で撮影するのも定番の一つですね。

スピード写真にはパスポート用の規格もありますので、選択する際にパスポート用を選択して撮影するようにしましょう。

意外とある話ですが、いつもの勢いで履歴者のサイズで撮影しないように注意です。
(普段パスポート用のサイズで写真撮影しないですからね 汗)

綺麗な撮影方法のポイントなどはNAVERまとめなどでありましたので紹介します。

参照NAVERまとめ スピード写真で綺麗に写真を撮るコツ

コンビニの照明写真でプリントアウト

コンビニ証明写真

こちらについては最近普及してきた方法ですね。

写真館などでCD-ROMを持っている場合またはスマホで撮影した写真をコンビニでプリントアウト出来るサービスをやっているんです。

用意した写真をパソコンからスマホで用意して登録をしていきます。
コンビニの照明写真の何か良いかって手軽に取れたり色んなサイズを選べる事です。

  • スマホで撮った写真をそのままパスポート用の写真の規格で印刷出来るので何度も取り直しOK
  • 写真館などで撮った写真のデータがあればサイズ変更出来て利用出来るので便利
  • ついでに言うと安い 笑(3枚で200円)

という事で一度慣れればお手軽に利用する事が出来るのがコンビニ照明写真のメリットです。

スマホのアプリを利用してのプリントアウト

最近では照明写真用の写真アプリもあったりします。

■かんたん・キレイな証明写真 ~ 履歴書カメラ ( by タウンワーク )

例でひとつ紹介させていただきましたが、色んなものがあり明るさなどの補正もしてくれるアプリです。
撮った写真をコンビニで印刷したりさきほど紹介したコンビニ写真でプリントアウトも出来ます。

といったように最近ではパスポートの照明写真にも色んな用意の仕方があります。
以前に比べて便利になったものです^ ^


スポンサードリンク

パスポートの写真の服装について

ただ写真を用意する前に服装などについて確認しておきましょう。

パスポートの写真には実は色々な注意点がありまして

・申請者本人のみを撮影したもの
・6カ月以内に撮影したもの
・正面、無帽、無背景
・縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)
・カラーでも白黒でも可
・鮮明であること(焦点が合っていること)
・明るさやコントラストが適切であること
・影のないもの
・顔の縦の長さは、写真縦の70~80%(34±2ミリメートル)であること
・背景と人物の境目がはっきりしていること
・眼鏡のレンズに光が反射していないこと
・平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
・前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
・ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと
・変色していないもの、傷や汚れのないもの
・デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
・デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

参照:外務省 パスポート申請用写真の規格(平成28年4月20日更新)

といったように色々な規定があるんです。

まぁその内の半分以上については割と見れば当たり前の事が多いので気にする必要はないのですが

・顔の縦の長さは、写真縦の70~80%より顔が画面いっぱいに映りすぎたり遠すぎたりしない事
・普段の表情と違った写真で撮らない事
・顔が髪で隠れていない事
・履歴書などに取る際の表情で撮影する事

といった所でしょう。平常の顔貌と著しく異ならないものというのはあまり聞きなれないのですが、
要は記念撮影みたいにはしゃいだりした顔で取るのはダメという事なんですよね。

この辺については気をつけた方が良いでしょう。

服装はしっかりしたものが多い

これは聞いた話や調べた事によるものですが、パスポート用に用意する写真は

  • 男性はスーツ姿。子供であれば学生服
  • 女性はナチュラルメイクでキレイ目の服装

が多かったりします。
というのもパスポートは5年または10年同じものを使います。その事から適当に写真を撮ったら後で後悔した…なんて話があるんです。

正直顔が大半なのでそこまで服装にこだわる必要はないとは思いますが、自分が後で見てはずかしくないしっかりとした顔写真を用意する事をおすすめします。

パスポートの写真の枚数について

初めてパスポートを取られる方への確認ではあるのですが、パスポートの写真の枚数は1枚でオッケーです。

ただカットした写真がまっすぐでないとダメだったりする事もあるんですよね。
そうそうないとは思いますが、どの方法で取っても2枚以上は手に入ると思うので予備に持っておいた方は無難でしょう。

まとめ

パスポートの写真のサイズや服装、枚数などについて紹介してきました。

パスポート自体そう更新をする事はありませんが、更新しないからこそ後で見てもおかしくない写真で撮影したい所ですよね。
注意点に気をつけつつ写真を撮影するようにしましょう。

パスポートに関する記事一覧
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ