フィギュアスケート2016-2017の日程や放送をチェック。

フィギュアスケート2016-2017の日程について

フィギュアスケート

今年もフィギュアスケートのシーズンがやってきますね。

日本選手は最近では羽生選手を筆頭に活躍する選手が多く、非常に注目を集めているウィンタースポーツの一つです。

2016-2017のシーズンは平昌オリンピックの出場枠をかけて戦うシーズンでもあり重要なシーズンでもあります。

この記事ではフィギュアスケート2016-2017のシニアの主な主要大会を中心に日程を紹介していきます。

スポンサードリンク

フィギュアスケート グランプリシリーズ 2016について

グランプリシリーズは国際スケート連盟が定めた大会でアメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本の6国のエリアで行われます。

選手はその中の2試合にエントリーして2試合の結果の得点の上位6名がグランプリファイナルに進む事が出来ます。

グランプリシリーズ第1戦 スケートアメリカ2016(アメリカ大会)

 

日程:2016年10月21~23日
日本の出場選手:男子 村上選手、宇野選手 女子 浅田選手、三原選手、村上選手


グランプリシリーズ第2戦 スケートカナダ2016(カナダ大会)

日程:2016年10月28~30日
日本の出場選手:男子 羽生選手、無良選手 女子 本郷選手、宮原選手、永井選手


グランプリシリーズ第3戦 ロステレコム杯2016(ロシア大会)

 
日程:2016年11月4~6日
日本の出場選手:男子 田中選手、宇野選手 女子 松田選手、村上選手


グランプリシリーズ第4戦 エリック・ボンパール杯2016(フランス大会)

 
日程:2016年11月11~13日
日本の出場選手:男子 無良選手、山本選手 女子 浅田選手、樋口選手、永井選手


グランプリシリーズ第5戦 中国杯2016(中国大会)

 

日程:2016年11月18~20日
日本の出場選手:男子 村上選手 女子 本郷選手、三原選手


グランプリシリーズ第6戦 NHK杯2016(日本大会)

 

日程:2016年11月25~27日
開催場所:札幌市 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(予定)
日本の出場選手:男子 羽生選手、田中選手、山本選手 女子 樋口選手、松田選手、宮原選手


グランプリファイナル2016

 

日程:2016年12月8~11日
出場選手:グランプリシリーズ上位6名


フィギュアスケート 全日本選手権 2016

 

日本国内で一番大きい大会で日本のトップ選手が集う大会です。

全日本選手権の優勝者は世界選手権に内定する大会でもある重要な大会です。

日程:
開催場所:


フィギュアスケート 四大陸選手権2017

 

日程:2017年2月15~19日
開催場所:韓国 広陵


フィギュアスケート 世界選手権2017

 

日程:2017年3月29~4月2日
開催場所:フィンランド ヘルシンキ


フィギュアスケート 国別対抗戦2017

 

日程:2017年4月20~4月23日
開催場所:


となっています。詳しい情報が入り次第随時更新していきます。

フィギュアスケートの放送について

 

どの試合も深夜に放送されますが、注目選手が出る大会においてはグランプリシリーズ、四大陸選手権でもゴールデンタイムに放送される事が多いですね。少なくてもNHK杯についてはゴールデンタイムに放送されるでしょう。

全日本選手権や世界選手権、NHK杯についてはゴールデンタイムに放送されます。
スポーツは生放送が良い!という方も多いと思いますが、残念ながらフィギュアスケートに関しては編集されてゴールデンタイムに放送される事が多いです。
(NHK杯、全日本選手権も含む)

速報などはネットのスポーツナビなどで流れますが、試合を楽しみにしている方はそういうものを確認せずに放送時間まで待っておいた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

平昌オリンピックのフィギュアスケートの各国出場枠について

冒頭でも説明した通り今シーズンはフィギュアスケート競技の各国出場枠をかけて戦うシーズンでもあります。

各国の出場枠については2017年に開催の「世界選手権」の結果で決まります。
例年であれば来年の世界選手権の枠が決まるのですがオリンピックのある年はオリンピックの出場枠を決める大会でもあるんです。

枠については

  • 各国出場選手の上位2名の順位の合計が13位以内であれば3枠
  • 14位以上であれば2枠

となります。

ちなみにですが2016年の世界選手権は男子、女子共に上位2名が13位以内だったので2017年の世界選手権は3枠での出場となります。
(ペアとアイスダンスは1枠)

毎年出場枠については注目を集めていますが、2017年は特に注目を集める事になりそうです。

世界選手権、四大陸選手権などの選考基準について

毎年全日本選手権大会終了後に世界選手権、四大陸選手権といった世界大会の選手が発表されます。

主な先行基準については

  • 全日本選手権1位→世界選手権内定
  • 残りの枠→全日本やグランプリシリーズ及びグランプリファイナルの結果などを総合的に判断

となります。この事に関してはシニアもジュニアも同様です。

四大陸選手権に関しては世界選手権に出場する選手で四大陸選手権にも出場するかを希望をするかを聞いた後に
辞退した選手の枠を世界選手権では選ばれなかった選手から選ぶといった感じで行われているそうです。

なので確実に世界選手権に出場するには全日本選手権で1位になる事。

それ以外についてはグランプリファイナルで優勝した選手は濃厚で他はその年の点数や順位などの総合判断になるといった感じになるでしょう。

まとめ

フィギュアスケート2016-2017の日程について紹介していきました。

毎年熱い戦いを繰り広げるフィギュアスケートですが、オリンピック出場枠をかける戦いでもあるので熾烈な戦いが予想されます。
日本選手も男女共にレベルが高く今シーズンも注目のスポーツとなるでしょう。

スポンサードリンク
関連記事フィギュアスケートのチケットの取り方について
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ