宝くじが当たったらするべき手続きは?高額当選の場合は銀行へ!

宝くじが当たった時の手続きについて

宝くじ

最近は宝くじも色んな種類がありジャンボ宝くじ以外にもロトやナンバーズ、スクラッチくじなどがあり購入される方もけっこういますよね。

実際に当選してやったー!

って嬉しい気持ちになるけど、その場合受け取りはどうするの?
と疑問に思う事もあるかもしれませんね。

という事で宝くじが当選したらする事について紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

宝くじがあたったらする事の流れについて

まず宝くじがあたったらする事について確認しておきましょう。

番号をチェック

調べる

本当に手持ちの宝くじが当たっているかどうか再確認しましょう。

当たったと思ったら実は違っていた…なんて事。以外にあるんです 笑
なので本当に番号が間違っていないかよく確認するようにしましょう。

金額によって宝くじ売り場またはみずほ銀行へ

売り場

宝くじ売り場で購入したのだから売り場に見せたら換金してくれるんじゃないの?
と思うかもしれませんが、それは正解でもあり不正解でもあります。

というのも金額によって宝くじ売り場で換金してくれる事もあれば銀行で手続きをする必要もあるんですよね。

売り場にそんな大金置いておけませんしね。

ちなみにですが、1口5万円未満であれば宝くじ売り場にて換金する事ができます。

例をあげれば

1口 50,100円の当選→みずほ銀行へ
2口 40,000円と30,000円の当選→宝くじ売り場へ

といった感じですね。
金額によってどちらに良くか覚えておきましょう!

ちなみにですが1口5万円以上の当選が高額当選となります。
これ、意外と知らない方が多く100万とか1000万とか当たったら高額じゃないの?

って思う方も多いんですが、実はそこまでは高い設定ではないんです 笑

宝くじが当たった場合のみずほ銀行の手続きについて

銀行

では高額当選、1口5万円以上当たった際のみずほ銀行での手続きについて確認しておきましょう。

まず用意するものとして

  • 身分証明書
  • 当選くじ
  • 印鑑(100万円以上の当選)

これらが必要となってきます。二度手間にならないようあらかじめ準備しておきましょう。

みずほ銀行で窓口で「宝くじの当選金の受け取り」の件を伝えると受け取りの手続きについて説明してもらえます。

一通り説明を受けた後専用の用紙があるのでそちらに必要事項を記入します。
記入した後当選のくじと用紙を窓口に渡しましょう。

金額によりますが100万以内であればその日にもらう事が出来ます。
口座開設なども不要ですね。

ただ100万を超えるともなると支店などによってはその日では対応出来ない事もあります。
話をしっかり聞いた上で受け渡し日などもしっかり確認しておきましょう。

ちなみに50万円を超えると「当選証明書」というものが貰えます。
要は当選した事を証明しましたよという紙です。

なぜ必要になってくるかというと高額が当選した場合税務署から問い合わせが来る事があるらしいんですよね。
その際の証明として宝くじで当選しましたよ!って証明に使えるんです。

まぁそうそう問い合わせが来る事は無いらしいのですが、念の為に高額証明書を受け取っておきましょう。


スポンサードリンク

高額当選した事は話しても良い?

悩む

ここからはコラム的な話になるのですが

宝くじが当たったら他の人には話すべきかどうかについてですが、基本的には話さない方が良いでしょう。

当たった瞬間は舞い上がって色んな人に言いたくなるものではあるのですが
高額当選が当たった事を伝えると他の人の見る目が変わってしまう可能性があるんです。

大げさかもしれませんが今まで気づきあげた関係が崩れてしまう可能性があるんです。

なので1億円以上の高額当選した場合は伝えても家族内までにとどめておいて、家族にも他の人に当選した事を言わないよう伝えておくのが無難ですね^ ^

まぁそれぐらい魅力があるものなんです。

ただまぁ1万円ぐらいであればネタ話程度に友人などに伝えても良いですかね^ ^
伝えた事でご飯をおごらされる事になっても責任は持たないのでその辺はご了承願います 笑

会社はやめる?

ショック

サラリーマンが辛い…ジャンボ宝くじ1等当たったら仕事やめてやる!

そんな気持ちで宝くじを購入している方もいるのではないでしょうか?
で、実際に当選したら会社をやめるべきか。

まぁそんなものは当たってから考えるといえば話が終わりますが、もし当たった場合は実際悩む所ではありますね。

会社をやめる事によって

  • 嫌な人付き合いなどがなくなる
  • 会社に強制される事がなくなる
  • といったメリットから

  • 嫌な人以外の人付き合いもなくなる
  • 会社の給料の安定などがなくなる

といったデメリットもあります。

メリット、デメリットを踏まえた上でやりがいのある事があるのであれば会社をやめても良いかもしれません。

ただ、特に何もないのであれば生活にたるさが出て無駄にお金を使ってしまう可能性があります。

生涯に必要なお金は約2億円と言われています。

その事から会社をやめる際は貯蓄や保険、年金などを考慮して大丈夫かどうか。

という点を考えてやめるかどうか考えるとスムーズに良くかと思います。

ちなみにですが、1000万以上の当選した人による宝くじ長者白書によると

実際に退職した人はたったの1%程度らしいです。

そして4割が貯金というなんとも日本人らしい結果ですね 笑
まぁ堅実なのは良い事ではあり、宝くじによって破産した…って話は海外の話が多く日本ではそこまでないですしね。

まぁ続けるにしても辞めるにしてもよく考えましょうって感じですね。

まとめ

宝くじが当たったらするべき手続きについて紹介しました。

私も宝くじをよく購入する事があるのですが、高額証明書を受け取る程の金額はまだないんですよね。
一度で良いからそれぐらい当ててみたいものです^ ^

宝くじについてのまとめ
スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ