盛岡さんさ踊り2017の日程や魅力、駐車場や交通規制をチェック

盛岡さんさ踊り2017について

盛岡さんさ踊り

東北六魂祭の一つである盛岡さんさ踊り

威勢のいい賭け声や太鼓の音、笛の音などが鳴り響き踊りは優雅でしなやか。
その踊りを見ようと毎年100万人を越える非常に人気のお祭りです。

盛岡さんさ踊りの日程や魅力、また駐車場や交通規制などについても確認しておきましょう。

スポンサードリンク

盛岡さんさ踊り2017の日程について

まずは盛岡さんさ踊りの日程について確認していきましょう。

盛岡さんさ踊り2017の日程

・開催日:8月1日~8月4日
・開催時間:午後6時~午後9時(午後5時入場開始)
・開催場所:中央通会場及び県庁前と内丸緑地公園
・雨天時:小雨決行。大雨時は別の場所にて演舞披露
・アクセス:JR盛岡駅より徒歩15分ほど

公式HPはこちら(音声が自動でなるので注意)

となっています。

盛岡さんさ踊りは盛岡市一帯で行われる踊りなのですが、
やはり一番はメインパレード。

メイン会場である中央通会場(県庁前~中央通二丁目)
非常に混雑する場所ではあるのですが、各団体が笛や太鼓を鳴らしての演舞が迫力があり魅力的。

実はさんさ踊りには和太鼓同時演奏者というギネス記録を持っており、
非常に迫力のある演奏が披露されるんです!

行かれるのであればメインパレードをご覧になられる事をおすすめします。

特に最終日は 『世界一の太鼓大パレード』と 『大輪踊り(だいわおどり)』というのがあり
般観光客もみんなが一体となって踊り盛り上がるんです。

一番の盛り上がりを見たいのであれば最終日に行く事をおすすめします。

また雨天時の場合メインパレードが開催されるか心配…
という方もいられるかと思います。

もし開催されるか気になる方はまず実行委員会または公式HPにて
ご確認される事をおすすめします。

■問合せ先

盛岡さんさ踊り実行委員会

〒020-8507 岩手県盛岡市清水町14-12(盛岡商工会議所内)
TEL:019-624-5880 / FAX:019-654-1588
Mail:info@sansaodori.jp

盛岡さんさ踊りの有料観覧席について

盛岡さんさ踊りは毎年有料観覧席を販売しています。
混雑なくじっくり見たいという方も多く有料で見られる方も多いんですよね。

場所は中央通付近に設置されており1席2,500円。
販売期間は6月1日~売り切れ次第終了となっています。

販売場所は盛岡商工会議所窓口 または全国のセブンイレブンにて販売しています。
歩道の後ろに設置されるので間近で見られるというわけではありませんが、
ゆったり観覧したいという方にはオススメです。


スポンサードリンク

盛岡さんさ踊りの駐車場や交通規制について

毎年100万人を越える慣行動員数を誇るだけあり混雑は

期間中会場周辺は交通規制となります。

交通規制

時間としては17時50分~21時30分

この時間は会場周辺一帯は交通規制となります。

また開催時間が近づくにつれて例年大通りなどが渋滞する事が多いです。
車で通るにも午前中。出来れば県庁など会場周辺は期間中通らない事をおすすめします。

駐車場について

駐車場については遠方用の方の駐車場が毎年用意されています。

例年であれば

・下橋中学校

・桜城小学校

・仁王小学校

といった場所で用意されていますが各場所200台ほどで無料なのですぐ埋まってしまう可能性が高いです。
また年によっては無料駐車場が変更される場合もあります

無料駐車場を利用しようと考えられている方は公式HPも確認される事をおすすめします。


そういう事に惑わされずに会場周辺で泊めたいのであれば有料駐車場を利用する事になります。

有料駐車場であればJR盛岡駅近くの

■市営マリオス立体駐車場

収容台数:294台
営業時間:入出庫可能時間 7時~23時まで

■市営盛岡駅西口地区駐車場

・盛岡駅西口地区駐車場(盛岡市盛岡駅西通一丁目1番5号 アイーナの正面)
収容台数:459台

などであれば駅近くでわかりやすく値段も1日泊めてもそこまでかかりません。
ただ先ほど説明した通り会場周辺は交通規制が敷かれるので

車を止めるのであれば早い時間に来る事と帰りは9時半以降及び混雑するという事を頭に入れて起きましょう!

まとめ

参加者だけでも4日間で、約250団体、約3万5千人が参加するという非常に大きなお祭りです。
迫力もあり見ごたえもばっちりですが、その分混雑も凄いです。

スポンサードリンク

あらかじめ混雑するという事を頭に入れて予定をしっかり組みつつ踊りを楽しみに行きましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ