PL花火大会2016の日程や打ち上げ時間をチェック!

PL花火大会2016の日程について

PL花火大会 2016
関西の花火大会でも特に人気のあるPL花火大会。

PL花火大会は花火の種類や演出が豊富でラストのスターマインだけで何千発もの花火が打ち上げられるど派手な花火大会なんですよね!
その事から他県から来られるほど人気の花火大会でもあるんです。

日程や打ち上げ時間、雨天時やアクセスについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

PL花火大会2016の日程、打ち上げ時間について

ではまず日程や打ち上げ時間について確認していきましょう。

PL花火大会2016

日程:8月1日
打ち上げ時間:19:50~20:50(10分程度ずれ込む事あり)
場所:光丘カントリークラブ
駐車車:専用駐車場は無し
アクセス:近鉄富田林駅北口から徒歩15分
雨天:少雨決行。荒天時中止

となっています。
打ち上げ時間に関してなのですがずれこむ事があると記載してあるのは過去に予定より早く終わったりしたケースがあるんです。
その事もありずれこむ可能性がありと記載させていただきました。

富田林駅以外の駅からはどこも遠いので駅周辺は大変混雑します。
打ち上げ時間も含め余裕を持った行動を取られる事をおすすめします。

雨天時については少し雨が降った程度であれば開催されます。
ただ、当日雨天の際開催されるかどうか不安に感じる方もいるかと思います。

その場合は公式サイトをチェックして開催されるかどうか確認しておきましょう。

PL花火大会のチケットについて

PL花火大会のチケットについてですが、2016年は公式での一般販売が行われません。
(ローンパーク、光丘CCクラブハウス、料亭あき跡地)

以前であればこれらの場所からが販売されて花火を良い場所で見ることが出来たので人気の観覧席だったのですが、
近年一般販売されていないのが非常に残念です。

ただ一般販売される有用チケットであれば今年も販売されるかと思います。

例えばリラクゼーションリゾート「スパヒルズ」では有料のチケットが販売されます。
br>


レストランで観覧する場合は料理と入力込みで1万円 子供が8000円です。
例年6月中旬になるとチケットピアで販売されるのでゆったり良い場所で見たい方はチェックしておきましょう。

ただ、公式の有料観覧席がなくなったのですぐに売り切れるだろうなぁと予想しています。
もし取れない場合は

  • 富田林駅周辺や
  • 光丘カントリークラブゴルフ場周辺
  • から観覧する事が多くなると思いますが、非常に混雑する事を覚悟して向かわれる事をおすすめします。
    まぁそれぐらい人気のある花火大会という事ではあるんですけどね^ ^

    私が確認しているわけではないのでおすすめとはしませんが

  • 金剛山山頂
  • 石川河川公園

といった少し離れてはいますが混雑も少なめで花火が見れるスポットもあります。
混雑は苦手な方はこのような少し離れた場所だけど綺麗に見れるスポットで観覧しましょう。


スポンサードリンク

PL花火大会の混雑について

すでに上記でも紹介しましたがPL花火大会は非常に混雑します。

人気というのと近くの駅がひとつしかないという事もあり駅は大混雑してしまうんですよね。
(特に帰り道)

花火大会の影響で周辺の駅にも影響が起きるほど人が混雑するんですよね。
まぁ人気の花火大会の宿命ともいえるのですが、とにかく混雑します。



少しでも混雑を回避するのであれば

  • 花火周辺から離れたポイントでみる
  • 終了後1時間以上たった後に電車に乗る

といった方法が定石です。

もうひとつ終了少し前に帰宅するといった方法もあるのですが、PL花火大会はフィナーレをど派手にやるので
最後を見ずに帰るというのはもったいなさすぎです。

なので混雑を少しでも回避するのであれば離れた場所か花火後食事をしてから帰宅するなど
少し間をおいて行動するようにしましょう。

PL花火大会の交通規制について

電車が混雑するなら車はどうなの?
と思う方もいるのですが、車はあまりおすすめ出来ません。

花火大会当日は交通規制が敷かれます。

地図をみていただければわかる通り駅周辺から会場周辺まで駐車禁止です。
仮に周辺から離れた場所にとめたとしても帰り道が混雑する上に交通規制で大渋滞になる可能性大です。

正直いうと電車以上に大変になるかと思います。
その事から車で行く事はおすすめしないとだけ伝えておきます。

まとめ

スポンサードリンク

PL花火大会2016の日程や打ち上げ時間等について紹介してきました。

近くで花火を見たいのであれば間違いなく混雑します。ただ花火の美しさに関しては満足出来るものがあります。
混雑するのを頭に入れつつ来られる方は花火を楽しみましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ