新幹線の乗車券の使い方ガイド。料金や空き状況をチェック!

新幹線の乗車券の使い方について

新幹線 乗車券 使い方

新幹線は大型連休時の旅行や帰省に利用にするなど非常に多くの方が利用される乗り物。
とはいっても普段乗らない方にとってはわからない事も多いかと思います。

何もしらずに乗車すると混雑時に自由席にずっと立たされてしまう…といった事になりかねません。

という事で新幹線を快適に利用する為に切符の使い方を買い方から料金、空き状況についてなどしっかり解説していこうと思います!

スポンサードリンク

新幹線の乗車券の使い方について

新幹線 予約-いつから

まず新幹線に乗車するにも切符。乗車する日が決まったら切符を購入しに行きましょう!

新幹線の切符も色々ありますが、まずは

「指定席」と「自由席」の二つを抑えておきましょう。

主な違いについては

  • 指定席は指定した時間に座席を確保するので確実に座る事が出来る。
  • 料金に関しては自由席の方が若干安い。

他にも違いますが大きな違いとしてはこの2つです。

自由席に関しては乗る時間を指定しないので切符を購入した当日内であればどの時間帯に乗っても良いのですが
もし席が埋まっている場合は目的地まで立っていなければなりません。

ただ指定席に関してはもし乗り遅れてしまった場合その乗車券では別の指定席に乗る事が出来ず、
自由席よりも多く値段を払ったにも関わらず自由席に乗らなければなりません。

指定席と自由席はどっちが良いの?

悩み

では指定席と自由席のどっちが良いのという話についてですが、指定席の方がおすすめです。

というのも指定席と自由席に値段に500円程度の差でしかなく最大でも1000円程です。
少しでも安く抑えたい…という方であれば自由席の方が良いのかもしれませんが、

混雑時などは何時間も新幹線内で立ち乗りはけっこう辛いです。
特に大型連休時は乗車率200%を越えるほどで人で溢れかえってしまいます。


という事なので時間に余裕をもった計画プランを経てて指定席を購入する事をおすすめします。

新幹線の乗車券の買い方について

新幹線の乗車券の買い方にも色々ありますが、基本的には「みどりの窓口」または「券売機」での購入が一般的です。

みどりの窓口

窓口に行くと

  • 指定席か自由席か
  • どこまで行くのか
  • 指定席の場合時間と乗る座席
  • いつ乗るのか

などを尋ねられるので希望した時間を伝えましょう。

切符購入~乗車まで

切符は基本「乗車券」と「特急券」の2枚となります。

実際に利用する際は改札に2枚の切符を重ねて入れて通ってください。
それで駅構内に入る事が出来ます。

また新幹線も下車する際も2枚重ねて入れてください。
その際に新幹線から在来線に乗り換える際は「乗車券」のみが出てきます。

あれ、2枚出てこない?
と思っても新幹線特急料金の方の切符はここで回収されるので1枚でOKです。

新幹線の料金について

新幹線は「運賃」と「新幹線特急料金」の2つの料金がかかります。

料金がどれぐらいかかるかについてはヤフー路線情報などにて確認する事が出来ます。

例えば名古屋~東京まで新幹線で行く際は10,360円かかります。
繁忙期や閑散期によって値段が若干変わるのであくまで値段はあくまで参考程度にですが
ざっと調べたい場合は路線情報にて確認しておくと良いでしょう。

もっと安く購入する方法はないの?

さきほど自由席に乗れば多少安く購入する事が出来るという事を説明しましたが、
購入方法によっては2~3割引などもっと安く購入する事が出来ます。

その券に関しては切符の購入の買い方とセットで別記事に記載しているので参考にしてみてください。

関連記事新幹線の切符の買い方や安く入手する方法について


スポンサードリンク

新幹線の空き状況をチェックしておこう

新幹線に乗車する際は空き状況についても確認しておく事も大事になってきます。

例えばGWやお盆、年末年始など大型連休については非常に混雑します。
この時期は自由席で座れない可能性が高くピーク時はぎゅうぎゅう詰めになる事もあります。

その事からも指定席で切符を購入する事をおすすめします。

3連休など祝日を挟む際も上記の大型連休程ではないにしろやはり混雑しますので、
自由席が座れない事もあるのを覚えておきましょう。

指定席が全席埋まる可能性も

大型連休時はこの事から指定席を取られる方が多いので予約をしようとしてもすでに席が埋まっている可能性があります。

予約は1ヶ月前の午前10時から取る事が出来ます。
確実に指定席を取りたい方は1ヶ月前から取る事をおすすめします。

経験上ですが、1週間前からでは埋まっている事も多いので大型連休時は遅くても2週間前ぐらいから取っておいた方が良いでしょう。

指定席の座席状況をチェック。

JRサイバーステーションにて現在の指定席の空席状況が確認出来ます。
また空いているだろうか…と心配される方は空席状況を確認してみましょう。

まとめ

スポンサードリンク

新幹線の乗車券の使い方について料金や空き状況も含め紹介していきました。

初めて使う方に取っては切符の取り方もさる事ながら切符2枚をどうやって改札に通せばいいのかもわからない事もあったりします。

上記の事を参考に新幹線を有効に利用しましょう^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ