関西の梅雨入りと梅雨明け2016。降水量もチェック!

2016年の関西の梅雨入りと梅雨明け、降水量の予想をチェック

e5e4a28e40f4b1172c8305f490d81258_s

2015年の関西地方は雨の降る日が多かったですね。
その前の年があまりに降らなかったのでどうなるかと思いましたが、梅雨らしい雨模様の関西地方でした。

では今年の梅雨についてはどうでしょうか?

2016年の関西の梅雨入りと梅雨明け。
また降水量についても
紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

2016年の関東の梅雨明けの予想は?

ここ5年の関西の梅雨入りについて辿っていきたいと重います。

ここ5年については

2011年 5月22日
2012年 6月8日
2013年 5月27日
2014年 6月3日
2015年 6月3日

 
平年 6月7日

となっています。
年によってばらつきがありますが、最近の傾向では
平年より若干梅雨入りが早い傾向にあります。

その事を踏まえると2015年の梅雨入りに関しては
6月1~7日であると予想しています。

6月に入り少し暑くなってきたなぁ…といった頃に梅雨が到来するといった感じになるでしょう。

2016年の関西の梅雨明けの予想は?

ここ5年の関西の梅雨明けに関して言えば、

2011年 7月8日
2012年 7月16日
2013年 7月8日
2014年 7月20日
2015年 7月24日

平年7月21日

とここ数年は平年並みまたは遅いといった感じですね。

その前までは平年より早い事が多かったのですがエルニーニョ現象が発生している影響もあるのかもしれません。

(※ エルニーニョ現象発生時の関西地方は梅雨明けが遅い傾向になりやすいのです)

ただ2016年になってエルニーニョ現象も落ち着きつつあるので2016年の関西の梅雨明けも平年並みに落ちつくのではないかと思います。

その事から7月17~21日ぐらいではないかと
予想しています。


スポンサードリンク

2016年の関西の梅雨時の降水量は?

梅雨前線が離れた所で停滞して降水量が少なかった2014年とは変わり安定して雨が降った2015年

ここ5年の関西の梅雨時の降水量については

2011年 95%
2012年 126%
2013年 81%
2014年 49%
2015年 144%

と数値だけで言えば2014年の3倍の降水量を観測しています。
以下に2014年が少なかったかがわかりますね。梅雨前線が南に停滞していしまうとこのように雨が降らない年もあるんです。

2016年の降水量についてですが、

日本気象協会における3ヶ月予報によると梅雨時の降水量は

平年より低い 40%
平年並    40%
平年より多い 20%

となっています。

また平年に比べて曇りや雨の日が少ないとの予想も
出ている事から2016年の関西の降水量は少ない
個人的に予想しています。

まとめ

2016年の関西の梅雨入り及び梅雨明け
降水量について紹介してきました。

スポンサードリンク

関西方面は他の地域に比べて年間を通して天気が安定であるという傾向ではありますが、
やはり梅雨時期は雨も多く交通事故も多い傾向にあります。

梅雨について確認をして対策をしっかり取っていきましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ