スイスチャードの栄養価は?食べ方やレシピもチェック!

スイスチャードの栄養価や食べ方について

スイスチャード

ホウレンソウと同じアカザ科の葉野菜で暑さや寒さに強く1年中栽培出来る事から
和名で不断草と名づけられているスイスチャード。

スイスチャードは色鮮やかでボイルしても変色しないんですよね!
くせのない味わいかつ栄養素も高い事からじわじわと人気を上げている野菜です。

そんなスイスチャードの栄養価や食べ方、レシピなどをチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

スイスチャードの栄養価について

スイスチャードに含まれる栄養素についてチェックしていきましょう。

βカロテン

スイスチャードには豊富なβカロテンが含まれています。

βカロテンには

  • 美肌効果
  • 身体の成長、促進
  • 免疫力の向上
  • 老化の原因となる活性酸素の発生を抑制
  • ガンの予防及び抑制

といった効果があります。
視力を維持するにも必要な成分でもありβカロテンはしっかり摂取しておいた方が良い成分なんです。

ミネラル

スイスチャードには鉄分、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており
特に鉄分は野菜の中でもトップクラスに含んでいます。

鉄分には

  • 貧血の改善
  • 肩こりの改善
  • 冷え性の改善
  • 疲労の抑制
  • 頭痛の防止

といった効果があります。
といったようにスイスチャードには豊富な栄養素が含まれているんです。

スイスチャードの食べ方やレシピについて

スイスチャードは色鮮やかでクセのない味わいが特徴。

その事からヨーロッパなどではサラダによく用いられる事が多いです。

スイスチャード サラダ

鮮やかな色を生かしつつ他のサラダと混ぜれば食卓が華やかになる事間違いなし。

その事からまずはサラダとして使用してみる事をオススメします。
またゆででもほとんど色落ちしないのでおひたしやソテーなどにも使用するのも良いですね!

スイスチャード おひたし

カロテンは油と一緒に食べる事で吸収されやすいのでソテーなどに使用すると
カロテンの栄養素をしっかり吸収する事が出来るんです。
ゴマ和えやナムルなどの和え物にもばっちりです!

スイスチャード 炒め

出展:スイスチャード [レシピ]

といったようにスイスチャードは似ても炒めてもそのまま食べてもよしと
色鮮やかで万能な野菜なんです♪

まだ利用した事のない方はぜひ一度手にとって料理に使ってみて欲しいですね!

レシピについてはクックパッドさんがスイスチャードの色々なレシピが公開されています。

実際に料理する際は参考にしてみてみましょう。


スポンサードリンク

スイスチャードはどこで購入出来る?

といった感じでスイスチャードについて紹介してきたのですが、
近くに売ってないよ~との声が。

大きなスーパーなどでは置いてある事もありますが、普通のスーパーではなかなか置いていない…
なんて事もあるんです。

近くに売っていないのであれば購入方法としては
通販で購入するか種をまいて育てるかといった選択肢になりますね。

ただ通販で野菜を購入する事もない事から通販で購入する場合は種から育てるといった方が多いようです。

スイスチャードは特別な管理は必要なく今まで家庭菜園をした事のない方でも易しい部類となっています。
育て方に関しては別のサイトで詳しく解説されているサイト様があったので紹介します。

参照:Yu-Rin流!スイスチャードの育て方

まとめ

スポンサードリンク

スイスチャードの栄養価や食べ方、レシピなどについて紹介してきました。

見ても食べてもおいしいスイスチャード。
個人的にはもっと多くの場所で販売してくれたらなぁと思っています^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ