モスキート音のテストで年齢がわかる!アプリでダウンロードも出来る!

モスキート音のテストで年齢チェック!

モスキート音 テスト

加齢とともに落ちてくる聴力。

年齢を重ねていくと耳が遠くなって聞きなおしてしまうって事、けっこうあるんですよね 汗
歳はとりたくないものです。

そんな聴力なのですが、実はモスキート音で耳年齢チェックが出来たりするんですよ。
あまり耳年齢について調べた事ないと思いますが、そんなテストがあるのなら一度調べてみたいですよね?

という事でモスキート音のテストで年齢がわかる方法やアプリのダウンロード先についても紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

モスキート音について

モスキート音といえばとても高い音がキーンって鳴ってる!

というのはご存知の方も多いと思いますが、正確には17000ヘルツ
20~20000ヘルツの音が人間の聞こえる音と言われている人間からすればギリギリ聞こえる高い音です。

高い音であればあるほど聞こえなくなるので耳年齢チェックの方法としては有効な手段として使われているのが
モスキート音によるテストなんです。

モスキート音のテストで年齢がわかる!

上記で説明した通りヘルツ(周波数)が上がれば上がるほど聞こえなくなる人間の耳。

一般的にですが、人間の高い音は

13~17歳(19000~20000ヘルツ)
18~24歳(17000~18000ヘルツ)
20代後半(16000ヘルツ)
30代(15000ヘルツ)
40代(12000~14000ヘルツ)
50代(10000~11000ヘルツ)
60代(8000~9000ヘルツ)
全年代(7000ヘルツ)】

まで聞こえると言われています。
私は現在15000ヘルツなども特に問題なく聞こえているのですが、
それが年齢と共に聞こえなくなると思うと少し怖い感じがしますね。

お手持ちのヘッドホンなど環境によって違いますが、
動画などで簡単にテスト出来るので一度試してみましょう。

ただしyoutubeに投稿されているものは15000ヘルツまで

よくモスキート音のテストとしてyoutubeなどで投稿されているものがあります。

(音量注意)

16000ヘルツから突然聞こえなくなりますよね?
それはyoutubeの仕様で16000ヘルツからカットされる仕様だからです。

まだ若いのに16000ヘルツが聞こえない…というより誰にも聞こえないのでご安心ください。
私も突然聞こえなくなったと思ってあれ?と調べてみたら仕様という事でほっとしました 笑

ただ手軽に15000ヘルツまでの音が聞こえるかテストするには十分でしょう。


スポンサードリンク

モスキート音のテストをアプリでダウンロード

動画以外で手軽にテストが出来る方法として最近ではスマホのアプリとしてもあったりします。

・iPhone

調べるまでモスキート音のテストのアプリの事は知らなかったのですが、最近ではアプリで何でもありますね 汗
年齢別に周波の違うモスキート音を再生する事が出来ます。

無料でダウンロードして簡単に試す事が出来ますので友達と一緒に試してみると面白いかもしれませんね^ ^
ただ音量を注意した上で試してみましょう!

落ちてしまった聴力を上げる方法について

スポンサードリンク

実際にモスキート音のテストをやってみたけど、平均より低かった…
と少ししょんぼりしてしまった方もいるかと思います。
(まぁ聴力に限らず平均より劣っているのはへこむものですが。)

この機会に聴力を上げる方法はないかなぁと思った方もいるかもしれません。

結論から言うと無くはないですが、上げる事は難しいです。
難聴の方であればトレーニングをしてでも耳を聞こえるようにしたいと思います。

その結果聴力を上げる事は可能の事があります。
ただし一般的に音が聞こえている方にとってはそこまで聴力を上げる必要性を感じないので
わざわざトレーニングをしてまで上げようとはしませんよね。

人間の五感は訓練次第で上げる事が出来るとは良いますが、聴力が上がった下がった…というのは
なかなかわかるものではないので結果的に聴力を上げる方法は難しいというのが結論です。


耳が遠くならないようにあまり耳に負担をかけないというのが一番かなと私は思います^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ